LDUキト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
LDUキト
原語表記 Liga Deportiva Universitaria
愛称 Los Albos (白),
Los Centrales (中央),
La Bordadora (刺繍職人),
Los Merengues (メレンゲ),
Los Azucenas (白ユリ),
La U (ザ・U),
Los Universitarios (大学),
Rey de Copas (カップ戦王者)
クラブカラー 白・紺・赤
創設年 1930年
所属リーグ エクアドルリーグ
所属ディビジョン セリエA
ホームタウン キト
ホームスタジアム エスタディオ・デ・LDUスペイン語版
収容人数 55,104[1]
代表者 エクアドルの旗 カルロス・アロージョ[2]
監督 ウルグアイの旗 パブロ・レペット
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
サードカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ
エスタディオ・カーサ・ブランカ
黎明期のLDUキト

リーガ・デポルティーバ・ウニベルシタリア (西: Liga Deportiva Universitaria) は、エクアドルの首都キトに本拠地を置くプロサッカークラブ。エクアドル国内には同名のクラブが複数あるため、便宜上、LDUキト (西: LDU de Quito) 、リーガ・デ・キト(リガ・デ・キト)などと呼ばれる。セリエA(1部)に所属している。一般にカーサ・ブランカ(白い家)と呼ばれるエスタディオ・デ・LDUをホームスタジアムとしている。

キトを本拠地とするSDアウカスデポルティーボ・キトCDエル・ナシオナルウニベルシダ・カトリカグアヤキルを本拠地とするバルセロナSCCSエメレクがライバルクラブに挙げられる。エクアドル中央大学 (Central University of Ecuador) のセミプロチームに起源を持ち、1930年代に公式に設立された。セリエA(1部)ではバルセロナとエル・ナシオナル(いずれも13回優勝)に次いで国内3位の10回の優勝を果たしており、セリエB(2部)でも2回優勝している。地域リーグでは9回の優勝(3回はアマチュアリーグ時代、6回はプロリーグ時代)を果たしている。

国際舞台ではエクアドルで最も成功を収めているクラブであり、エクアドルで初めてコパ・リベルタドーレス(2008年)、コパ・スダメリカーナ(2009年)、レコパ・スダメリカーナ(2009年と2010年)を制した。国際舞台では南米の太平洋沿岸諸国(コロンビア・エクアドル・ペルー・チリ)で最も成功を収めたクラブでもあり、南米サッカー連盟 (CONMEBOL) の主催大会でトレブル(3冠)を達成したことのある④クラブのうちのひとつである。他の3クラブはボカ・ジュニアーズCAインデペンディエンテ(いずれもアルゼンチン)、SCインテルナシオナル(ブラジル)である。国際サッカー歴史統計連盟 (IFFHS) によって南米最優秀クラブに選出された。2008年にはFIFAクラブワールドカップに出場して準優勝した。

歴史[編集]

クラブ創設とアマチュアリーグ時代(1930年-1953年)[編集]

1930年のメンバー

LDUの起源は、1918年にセサル・ハコメ・モスコーソ博士によって創設されたエクアドル中央大学 (Universidad Central del Ecuador) のセミプロスポーツクラブに求められる。ボリバル・レオン博士が統率し、1930年1月11日にリーガ・デポルティーバ・ウニベルシタリアが公式に設立された[3]。初期のクラブはサッカー、バスケットボール、陸上競技、ボクシング、野球、水泳、卓球、チェスなど様々な競技チームを所有し、最初の予算は500スクレであった。サッカーチームの創設メンバーは大学の学生であり、ユニフォーム代、薬代、その他の経費を自己負担していた。レオン博士が最初のユニフォームのデザインを担当し、白色のシャツの胸部分に赤色と青色でできた逆三角を配し、その逆三角の中に白色の「U」の文字を刻んだ。Uの文字は大学 (university) のクラブに起源を持つことに敬意を表している。最初期の選手には、カルロス・アンドラーデ・マリン、オスワルド・モスケラ、アルフォンソ・セバーリョス、アルフォンソ・トロージャ、"エル・モノ"・イカーサなどがいた。

当時はまだ全国選手権がなかったが、LDU、グラディアドール、ヒムナスティコ、アトレティコ、クレベランドの5クラブが参加した1932年のピチンチャ州選手権で初タイトルを獲得した。LDUは全ての試合に勝利し、エスタディオ・エル・エヒドで行われた最終戦ではグラディアドールを4-0で一蹴した。この際のチームにはホルヘ・サパテル、エドゥアルド・フローレス、A・セバーリョス、セサル・ゴンサレス、ホルヘ・バリャリーノ、ホルヘ・ナランホ、ボリバル・"ニャト"・レオン、アレハンドロ・ダバロス、ウンベルト・ジャニェス、ウンベルト・フレイレ、エルネスト・ゲバラなどが在籍し、ボリバル・レオン博士が監督を務めた。1952年と1953年にもアマチュアのピチンチャ州選手権で優勝した。

プロリーグ時代初期(1954年-1966年)[編集]

1954年までに、ピチンチャ州のアマチュアサッカー協会はノン=アマチュアサッカー協会に発展し、キトとアンバートのクラブによってプロリーグが組織された。同年にカンペオナート・プロフェシオナル・インテランディーノ(アンデス地方プロサッカー選手権)が初開催され、ルイス・バスケス監督の下で初優勝を飾った。1955年と1956年には準優勝し、1958年にはアルゼンチン人のロベルト・オルテガ監督の下で2度目の優勝を飾った。

1960年代は4度のインテランディーノ優勝(1960年、1961年、1966年、1967年)と3度の準優勝(1962年、1963年、1964年)という成績を収めた。1957年と1960年以降、インテランディーノの優勝クラブはエクアドル王者を決める大会への出場権を得た。LDUは1960年のインテランディーノを制して初出場したが、エクアドル王者を決める大会では優勝することができず、1964年の3位が最高位であった。1960年にはホセ・ゴメス・ノゲイラ(ブラジル)、1961年にはロマン・ソト(チリ)、1966年にはホセ・アリア・オカンポ(パラグアイ)を獲得し、1960年代には外国人選手がチーム内で重要な役割を果たした。

国内での成功、降格、復活(1967年-1989年)[編集]

1967年には各地の地域リーグが停止され、全国選手権(セリエA、セリエB)に取って代わった。LDUは1968年にセリエAに加入し、1年後の1969年にはノゲイラ監督の下で初優勝を飾った。当時のチームにはフランシスコ・ベルトッチ、ホルヘ・タピア、アルマンド・"ティト"・ラレーア、カルロス・リオス、サンティアゴ・アレ、エンリケ・ポルティーリャ、ラミロ・トバールなどがいた。リーグ優勝によって初めてコパ・リベルタドーレスの出場権を得て、セカンドラウンドに達するとともに、ベルトッチが大会得点王に輝いた。しかし成功は短期間に終わり、1972年シーズンのセリエAでは8クラブ中7位に終わった。当時はピチンチャ州から4クラブのみがセリエA参戦資格を得ており、ピチンチャ州のクラブとしてセリエA最下位に終わったLDUは、セリエBでピチンチャ州のクラブとして最高位であったウニベルシダ・カトリカとの昇降格プレーオフに臨んだが、このプレーオフに敗れてセリエB降格が決定した。2年間をセリエBで過ごし、1974年シーズンのファーストステージ終了後にセリエA昇格を決めた。昇格の勢いそのままにセリエAでも躍進し、1974年シーズンにはCDエル・ナシオナルを破って2度目のセリエA優勝を飾った。1975年シーズンにもリーグ優勝し、セリエAで初めて2連覇を達成したクラブとなった。1975年と1976年にはコパ・リベルタドーレスに出場し、2度とも準決勝に進出。この時代にはポロ・カレーラ、オスカル・スビア、ホルヘ・タピア、グスタボ・タピア、ワルテル・マエッソ、フアン・カルロス・ゴメス、ラミロ・トバール、フアン・ホセ・ペレス、ロベルト・ススマンなどが在籍し、コロンビア人のレオネル・モントーヤ監督が采配を振るった。1977年にはリーグ戦で準優勝し、1978年にもコパ・リベルタドーレスに出場した。降格からの復活とその後の躍進とは対照的に、1980年代はクラブにとって惨めな期間であった。1981年にはパウロ・セサールが得点王に輝いてリーグ戦で準優勝し、1982年にコパ・リベルタドーレスに出場したが、その後は3位以下のシーズンが続いた。

国内最強クラブへの飛躍(1990年代-)[編集]

1990年代と2000年代は国内大会で成功の期間を謳歌。1990年シーズンは国内最強と認められていたバルセロナSCに競り勝って15年ぶりのリーグ優勝を果たし、1998年シーズンと1999年シーズンにもトロフィーを加えた。1998年の優勝は新スタジアムのカーサ・ブランカがオープンしてから初めての優勝であり、CSエメレクを記録的な7-0で破ってシーズンの幕を下ろした。2000年には難局に直面し、国内リーグでの成績が低迷してセリエB(2部)降格となった。しかし、2001年シーズンにはセリエBで優勝し、わずか1シーズンでセリエA復帰を果たすと、2年後の2003年には7度目のセリエA優勝を飾った。2000年代後半からは積極的に外国人選手を獲得。2005年には、ペルー代表で最多出場記録を保持するロベルト・パラシオスを獲得し、2006年に獲得したパラグアイ代表エンリケ・ベラは翌年に最優秀外国人選手賞を受賞した。2009年には、2002 FIFAワールドカップに出場したリカルド・モラレス(ウルグアイ)を獲得した。2005年シーズン、2007年シーズン、2010年シーズンにもリーグタイトルを獲得し、リーグ優勝回数を二桁の大台に乗せた。20年間での7回の優勝を達成し、この期間に限れば最高の成績を残している。

国際舞台での成功(2008年-)[編集]

2008年以降は数多くの国際大会に出場し、1975年のコパ・リベルタドーレス・1976年のコパ・リベルタドーレス・2004年のコパ・スダメリカーナのベスト4を超える成果を挙げている。2008年のコパ・リベルタドーレスでは、決勝でフルミネンセFC(ブラジル)をPK戦の末に破って優勝し、FIFAクラブワールドカップの出場権を獲得した。アルゼンチンとブラジル以外のクラブが同大会出場権を得るのは初めてであった。日本で開催されたFIFAクラブワールドカップでは、ダミアン・マンソらを中心としたサッカーで、準決勝でCFパチューカ(メキシコ、北中米カリブ海代表)を2-0で破ったが、横浜国際総合競技場で行われた決勝ではマンチェスター・ユナイテッドFC(イングランド、ヨーロッパ代表)に0-1で敗れた。

2009年のレコパ・スダメリカーナでは、2008年にコパ・スダメリカーナを制したSCインテルナシオナル(ブラジル)と対戦。ポルトアレグレで行われたファーストレグでは、クラウディオ・ビエレールの得点で1-0と勝利を収め、カーサ・ブランカで行われたセカンドレグではカルロス・エスピノサ、ビエレール、エンリケ・ベラの得点で3-0と快勝した。2年連続で国際タイトルを獲得し、複数の国際タイトルを獲得したエクアドル初のクラブとなった。レコパでの優勝から間もなく、2009年のコパ・スダメリカーナで3個目の国際タイトルを獲得。クラブ・リベルタ(パラグアイ)、CAラヌース(アルゼンチン)、CAベレス・サルスフィエルド(アルゼンチン)、CAリーベル・プレート(ウルグアイ)などに勝利して勝ち上がり、決勝はフルミネンセとの再戦となった。ホームでのファーストレグは5-1で大勝したが、アウェーでのセカンドレグには0-3で敗れ、2試合合計5-4の辛勝だった。

このコパ・スダメリカーナ優勝によって、南米サッカー連盟 (CONMEBOL) の主催3大会を制覇した3番目のクラブとなった。1大会目の優勝から3大会目の優勝まで17ヶ月しかかからず、史上最短での3冠達成となった。2010年のレコパ・スダメリカーナではエストゥディアンテス・デ・ラ・プラタ(アルゼンチン)と対戦した。ホームでのファーストレグはエルナン・バルコスの2得点で2-1と勝利し、セカンドレグではスコアレスドローでファーストレグのリードを守り切り、同大会で2連覇を達成した3番目のクラブとなった。

スタジアム[編集]

カーサ・ブランカ

LDUは過去に4つのスタジアムをホームスタジアムとして使用している。最初のスタジアムはエスタディオ・ウニベルシタリオ・セサル・アニバル・エスピノーサであり、エクアドル中央大学に所在した。1932年には、キトに本拠地を置く多くのクラブがホームスタジアムとして使用していたエスタディオ・エル・エヒドに移った。1962年、やはりキトの多くのクラブが使用していたエスタディオ・オリンピコ・アタウアルパに移り、1996年までホームスタジアムとして使用。1997年、市北部に自前のエスタディオ・デ・LDU(エスタディオ・カーサ・ブランカ)を建設した。カーサ・ブランカは収容人数の点においてキト最大のスタジアムであり、グアヤキルのエスタディオ・モヌメンタル・ブランコ・ピチンチャに次いでエクアドル第二のスタジアムである。3月5日に公式にオープンし、アトレチコ・ミネイロ(ブラジル)との初試合に3-1で勝利した。カーサ・ブランカのオープン以来、LDUは国内外でタイトルを獲得する素晴らしい時期を過ごし、他クラブにとっては難攻不落のスタジアムとして知られる。1997年以降にLDUが獲得した10個のタイトルのうち、このスタジアムで5個のタイトル(4度のリーグ優勝と1度の国際カップ戦優勝)を獲得している。興味深いことに、エクアドルで最も人気があり最も成功を収めたクラブであるバルセロナは、カーサ・ブランカでLDUに勝利したことがない。

サポーターとライバル[編集]

ニックネーム[編集]

LDUには多くのニックネームが存在する。伝統的な白色のユニフォームから、よくロス・メレンゲス(Los Merengues、メレンゲ)やロス・アスセナス(Los Azucenas、白ユリ)と呼ばれ、最も一般的にはロス・アルボス(Los Albos、白)と呼ばれる。エクアドル中央大学のサッカーチームに起源を持つことから、ロス・セントラレス(Los Centrales、中央)やロス・ウニベルシタリオス(Los Universitarios、大学)というニックネームも得ている。そのプレースタイルから、稀にラ・ボルダドーラ(La Bordadora、刺繍職人)とも呼ばれる。2000年代後半に国際カップ戦で成功を収めたことから、しばしばレイ・デ・コパス(Rey de Copas、カップ戦王者)とも呼ばれる。

サポーター[編集]

最近の調査によれば、キト(46%がLDUサポーター)とシエラ地域(38%がLDUサポーター)で最もサポーターの多いクラブである[4]。また、エクアドル全体では2番目か3番目にサポーターの多いクラブである。歴史的には3番目に人気のあるクラブとされているが、近年の国内外での成功により、全国的にサポーター数が増加している。LDUのサポーターはリギスタス (liguistas) と呼ばれ、最も著名なウルトラスラ・ムエルテ・ブランカ(La Muerte Blanca、白い死神)である。ホームゲームではカーサ・ブランカの南側メインスタンドに位置取り、巨大な横断幕・フレア・太鼓を使用して熱烈に応援する。

ライバル[編集]

2005年にエスタディオ・チリョガーリョで行われたスーペルクラシコ

最も古くからのライバルはキト市南部に本拠地を置くSDアウカスである。1930年創立のLDUと1945年創立のアウカスは、キトに現存するクラブとしては最も歴史がある。両者の対戦はエル・スーペルクラシコ・デ・キト(El Superclásico de Quito、キト・スーパー・ダービー)と呼ばれ、1945年2月1日に初対戦して1-1で引き分けた。2度目の対戦は同年2月18日に行われ、やはり2-2で引き分けた。90分が過ぎた時点でLDUが2-1とリードしていたが、主審が計時係の試合終了の合図に気づかず、ロスタイムに突入してアウカスが同点弾を決めた。2006年にアウカスがセリエB(2部)に降格したため、2006年以降は公式戦でスーペルクラシコが行われることはない。アウカスの国内での成績が悪くなり、時間が経つにつれて、この対戦は初期のような重要さを失ってしまった。

アウカスとの間の激しいライバル意識がなくなると、LDUとサポーターはデポルティーボ・キトに対して強いライバル意識を形成させた[5]。両者の対戦はクラシコ・カピタリーノ(Clásico Capitalino、首都ダービー)と呼ばれ、今日のキトで最も重要な試合であるとともに、両者にとって「必勝」の試合とみなされている。2008年シーズンと2009年シーズンの対戦は優勝争いに関係し、ライバル意識が激しさの度合いを増した。セリエAは参加クラブが少なく(12クラブ)、どのクラブとも1シーズンの間に何度も対戦するため、ライバルクラブに対する意識が増長する。

アウカスやデポルティーボ・キトと同じくキトに本拠地を置くCDエル・ナシオナルにもライバル意識を抱いている。ウニベルシダ・カトリカとの対戦はクラシコ・ウニベルシタリオ(Clásico Universitario、大学ダービー)と呼ばれる。現存しないポリテクニコもライバルクラブのひとつであった。グアヤキルに本拠地を置くバルセロナSCなど、エクアドルの他都市のクラブのいくつかもライバルである。

クラブカラ―とエンブレム[編集]

エンブレム[編集]

歴史的には、LDUのエンブレムはクーリエ (Courier) というフォントによる赤く巨大な「U」の大文字を押しだしている。このロゴは1950年から1996年に使用され、1997年に現行のエンブレムが採用された。赤色と青色の逆三角はキト市旗に由来する。長年に渡って青色の星々が頂点に据えられ、これらはひとつひとつが国際タイトルを表していたが、2000年代中頃に取りやめられた。2000年代後半に国際舞台での成功が続いてからは、ひとつひとつが国際タイトルを表す金色の星々を頂点に据えている。現在は4個の金星が輝いている。

ユニフォーム[編集]

ロス・アルボス(白)というニックネームが示すように、LDUのユニフォームは歴史的に全身が白色であり、左胸にエンブレムが付けられている。現在のセカンドキットは細部に金色を用いた黒色である。かつては細部にオレンジ色を用いた灰色のセカンドキットや、細部に灰色を用いた金色のセカンドキット、細部に金色を用いた赤色のセカンドキット(いずれも国内用のセカンドキット)、細部に赤色を用いた黒色のセカンドキット(コパ・リベルタドーレス用)が採用されていた。2008年シーズンはコパ・スダメリカーナ(金色)とFIFAクラブワールドカップ(黒色)で特別デザインのユニフォームが使用された。ユニフォームサプライヤーはアンブロであり、2011年以降はDCカード(クレジットカード会社)がメインスポンサーであり、コカ・コーラシボレーもまたスポンサーである。

2008年のファーストキット
2008年の国内用セカンドキット
2008年のコパ・リベルタドーレス用セカンドキット
2008のコパ・スダメリカーナ用セカンドキット
2009年のファーストキット
2009年の国内用セカンドキット
2009年のコパ・スダメリカーナ用セカンドキット
2009年のレコパ・スダメリカーナ用ファーストキット
2009年のレコパ・スダメリカーナ用セカンドキット
2010年のファーストキット
2010年の国内用セカンドキット
2010年のコパ・スダメリカーナ用セカンドキット
2010年のレコパ・スダメリカーナとコパ・スダメリカーナ用キット

タイトル[編集]

国内タイトル[編集]

全国タイトル[6][7]
  • セリエA : 10回
    • 1969, 1974, 1975, 1990, 1998, 1999, 2003, 2005, 2007, 2010
  • セリエB : 2回
    • 1974 E1, 2001
地域タイトル[8][9]
  • ピチンチャ州アマチュア選手権 : 3回
    • 1932, 1952, 1953
  • インテランディーノ・プロ選手権 : 6回
    • 1954, 1958, 1960, 1961, 1966, 1967

国際タイトル[編集]

[10]

現所属メンバー[編集]

No. Pos. 選手名
1 エクアドルの旗 GK レオネル・ナサレノ
2 エクアドルの旗 DF ノルベルト・アラウホ (Captain sports.svg)
3 エクアドルの旗 DF ジョン・ナルバエス
4 エクアドルの旗 DF フリオ・アジョビ
5 エクアドルの旗 MF ジェフェルソン・イントリアゴ
6 エクアドルの旗 MF エディソン・ベガ
7 エクアドルの旗 FW カルロス・テノリオ
8 エクアドルの旗 MF フェルナンド・イダルゴ
9 エクアドルの旗 FW ダニエル・アングロ
10 エクアドルの旗 MF ホセ・セバージョス
11 エクアドルの旗 MF ルイス・ボラーニョス
12 エクアドルの旗 DF ホセ・マドリード
13 エクアドルの旗 DF ネイセル・レアスコ
14 エクアドルの旗 DF ホセ・キンテロス
15 アルゼンチンの旗 MF エセキエル・ベナビーデス
16 ペルーの旗 FW イルベン・アビラ
No. Pos. 選手名
17 エクアドルの旗 FW フアン・アナンゴノ
18 エクアドルの旗 FW アレハンドロ・ビジャルバ
19 エクアドルの旗 FW ハイロ・パディージャ
20 エクアドルの旗 MF エンリケ・ベラ
21 ウルグアイの旗 DF ラモン・アリアス
23 エクアドルの旗 MF フェルナンド・ゲレーロ
25 エクアドルの旗 GK ダニエル・ビテリ
26 エクアドルの旗 MF Jhojan Julio
27 エクアドルの旗 DF ルイス・ロメロ
28 エクアドルの旗 GK ガブリエル・セバージョス
29 エクアドルの旗 MF アロルド・カルセレン
30 ウルグアイの旗 MF ブライアン・アレマン
31 エクアドルの旗 MF アンデルソン・フリオ
32 エクアドルの旗 FW アンセル・バタージャ
33 エクアドルの旗 DF ルイス・カンガ

統計[編集]

大会 シーズン 試合数 勝利 引分 敗北 得点 失点 点差 勝ち点 勝率 優勝回数 準優勝回数 備考
セリエA 51 1731 737 469 525 2654 2021 +633 2680 51.61% 10 3 通算順位表4位
コパ・リベルタドーレス[11][12] 15 129 49 30 50 185 179 +6 177 45.74% 1 0 最高位:優勝(2008年)
コパ・スダメリカーナ[13] 8 50 22 11 17 83 63 +20 77 51.33% 1 1 最高位:優勝(2009年)
レコパ・スダメリカーナ 2 4 3 1 0 6 1 +5 10 83.33% 2 0 最高位:優勝(2009年、2010年)
FIFAクラブワールドカップ 1 2 1 0 1 2 1 +1 3 50.00% 0 1 最高位:準優勝(2008年)
スルガ銀行チャンピオンシップ 1 1 0 1 0 2 2 0 1 33.33% 0 1 最高位:準優勝(2010年)
コパCONMEBOL[14] 1 4 2 1 1 8 7 +1 7 58.33% 0 0 最高位:ベスト8(1998年)

歴代監督[編集]

  • ボリバル・レオン(クラブ初の監督)
  • セサル・ハコメ・モスコーソ(1932年にアマテウル・ピチンチャ優勝)
  • ルイス・バスケス(1952年と1953年にアマテウル・ピチンチャ優勝、1954年にインテランディーノ優勝)
  • ロベルト・エリセオ・オルテガ(1958年にインテランディーノ優勝)
  • ブラジルの旗 ホセ・ゴメス・ノゲイラ(1960年にインテランディーノ優勝、1969年にセリエA優勝)
  • チリの旗 ロマン・ソト(1961年にインテランディーノ優勝)
  • パラグアイの旗 ホセ・マリア・オカンポ(1966年と1967年にインテランディーノ優勝)
  • コロンビアの旗 レオネル・モントーヤ(1973年に昇格、1974年と1975年にセリエA優勝)
  • ポロ・カレーラ(1990年にセリエA優勝)
  • パウロ・マッサ(1998年にセリエA優勝)
  • チリの旗 マヌエル・ペレグリーニ(1999年にセリエA優勝)
  • フリオ・アサド(2001年にセリエB優勝、セリエA昇格)
  • ホルヘ・フォサーティ(2003年にセリエA、2009年にレコパ・スダメリカーナとコパ・スダメリカーナ優勝)
  • フアン・カルロス・オブリタス(2005年にアペルトゥーラ優勝)
  • エドガルド・バウサ(2007年にセリエA、2008年にコパ・リベルタドーレス優勝、2010年にレコパ・スダメリカーナとセリエA優勝)

歴代在籍選手[編集]

得点王[編集]

セリエAでは6人の選手がLDU在籍時に得点王に輝いており、また5人の選手がインテランディーノで得点王に輝いている。コパ・リベルタドーレスでは3人が、コパ・スダメリカーナでは1人が、コパCONMEBOLでも1人が得点王に輝いている。クラブ最多得点者は68得点のホセ・ビセンテ・モレーノである。

FIFAワールドカップ出場選手[編集]

LDUキト在籍時にFIFAワールドカップに出場した選手

大会 代表 名前 チーム成績 個人成績
2002 FIFAワールドカップ エクアドルの旗 エクアドル アルフォンソ・オブレゴン グループリーグ敗退
カルロス・テノリオ
2006 FIFAワールドカップ エクアドルの旗 エクアドル パウル・アンブロッシ ベスト16 1試合に出場
アグスティン・デルガド 3試合に出場、ポーランド戦とコスタリカ戦で計2得点
エディソン・メンデス 全4試合にフル出場
クリスティアン・モラ 全4試合にフル出場
ジョバンニ・エスピノサ 全4試合に出場
ネイセル・レアスコ 3試合に出場
パトリシオ・ウルティア 3試合に出場
2010 FIFAワールドカップ パラグアイの旗 パラグアイ エンリケ・ベラ ベスト8 全5試合に出場

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ El Estadio – Distribución” [The Stadium – Distribution] (Spanish). LDU Quito. 2010年5月23日閲覧。
  2. ^ 名誉会長としてロドリゴ・パスがいる
  3. ^ El Club: Historia: El Comienzo - 1930” (Spanish). LDU Quito. 2012年1月12日閲覧。
  4. ^ Barcelona y Liga, los dos más grandes” (Spanish). futbolecuador.com (2010年3月31日). 2010年5月22日閲覧。
  5. ^ Ribadeneira, Alejandro (2010年4月5日). “Más que un clásico” (Spanish). El Comercio. http://www4.elcomercio.com/Generales/Solo-Texto.aspx?gn3articleID=234653 2010年5月22日閲覧。 
  6. ^ Estadísticas Primera Categoría Serie "A"” (Spanish). エクアドルサッカー連盟. 2010年5月22日閲覧。
  7. ^ Estadísticas Primera Categoría Serie "B"” (Spanish). エクアドルサッカー連盟. 2010年5月22日閲覧。
  8. ^ Época Amateur de Pichincha” (Spanish). LDU Quito. 2010年5月22日閲覧。
  9. ^ Fútbol Profesional” (Spanish). LDU Quito. 2010年5月22日閲覧。
  10. ^ Clubes de Primera Categoría "A"” (Spanish). エクアドルサッカー連盟. 2010年5月22日閲覧。
  11. ^ Mamrud, Roberto (Spanish and English). Santander Libertadores of America Cup Historical Table (1960-2010). CONMEBOL. http://www.conmebol.com/export/sites/conmebol/pages/descargas/Tabla_Historica_19602010_Copa_Santander_Libertadores_de_America_2011.pdf 2011年8月31日閲覧。 
  12. ^ Lugo, Erik Francisco (English). Copa Libertadores de América 2011. RSSSF. http://www.rsssf.com/sacups/copa2011.html 2011年11月18日閲覧。 
  13. ^ Venables, Tim (2011年5月12日). “Copa Sudamericana - All-Time Table 2002-2010”. RSSSF. 2011年8月31日閲覧。
  14. ^ Pontes, Ricardo (2000年1月4日). “Copa Conmebol All-Time Table 1992-1999”. RSSSF. 2011年8月31日閲覧。
  15. ^ Juan Pablo Andrés (2010年1月29日). “Ecuador – List of Topscorers”. RSSSF. 2010年5月22日閲覧。
  16. ^ Ávila Villagómez, Esteban (2007年3月8日). “ECU – Champions and Runners-up Interandinos”. RSSSF. 2010年5月22日閲覧。
  17. ^ Juan Pablo Andrés (2004年7月10日). “Copa Libertadores – Topscorers”. RSSSF. 2010年5月22日閲覧。
  18. ^ Juan Pablo Andrés (2000年2月8日). “Copa Conmebol Topscorers 1992–1999”. RSSSF. 2010年5月22日閲覧。

外部リンク[編集]