エドガルド・バウサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エドガルド・バウサ Football pictogram.svg
EDGARDO BAUZA (16223003301).jpg
2016年のバウサ
名前
ラテン文字 Edgardo Bauza
基本情報
国籍 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
生年月日 (1958-01-26) 1958年1月26日(61歳)
出身地 グラナデロ・バイゴリア英語版
身長 189cm
選手情報
ポジション DF
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1977-1982 アルゼンチンの旗 ロサリオ・セントラル 310 (80)
1983-1985 コロンビアの旗 アトレティコ・ジュニオール 87 (15)
1985-1986 アルゼンチンの旗 インデペンディエンテ 7 (1)
1986-1989 アルゼンチンの旗 ロサリオ・セントラル 130 (22)
1990-1991 メキシコの旗 ベラクルス 31 (3)
代表歴
1981-1990 アルゼンチンの旗 アルゼンチン 3 (0)
監督歴
1999-2001 アルゼンチンの旗 ロサリオ・セントラル
2001-2002 アルゼンチンの旗 ベレス・サルスフィエルド
2002-2003 アルゼンチンの旗 コロン
2004-2005 ペルーの旗 スポルティング・クリスタル
2005-2006 アルゼンチンの旗 コロン
2006-2008 エクアドルの旗 キト
2009 サウジアラビアの旗 アル・ナスル
2010-2013 エクアドルの旗 キト
2014-2015 アルゼンチンの旗 サン・ロレンソ
2016 ブラジルの旗 サンパウロ
2016-2017 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
2017 アラブ首長国連邦の旗 アラブ首長国連邦
2017 サウジアラビアの旗 サウジアラビア
2018- アルゼンチンの旗 ロサリオ・セントラル
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

エドガルド・バウサ(Edgardo Bauza, 1958年1月26日 - )は、アルゼンチングラナデロ・バイゴリア英語版出身の元サッカー選手、現サッカー指導者。現役時代のポジションはディフェンダー。元アルゼンチン代表

選手キャリア[編集]

1977年から1982年までCAロサリオ・セントラルに在籍し、プリメーラ・ディビシオンで2度の制覇を経験。ディフェンダーながら310試合で80得点を決めた。

1983年にコロンビアアトレティコ・ジュニオールへ移籍し2年間プレー。その後CAインデペンディエンテを経て1985年にロサリオ・セントラルへ復帰。キャリア晩年にはメキシコベラクルスでプレーし、1991年に現役を引退した。

アルゼンチン代表にも選出され、1990 FIFAワールドカップでは準優勝を経験。1981年から1990年までの間に3試合に出場した。

指導者キャリア[編集]

1998年にロサリオ・セントラルCEOを務めた後、1999年に監督へ就任し2001年までチームを率いた。その後はCAベレス・サルスフィエルドCAコロンの監督を歴任した。

テレビ解説を務めていた2003年にペルースポルティング・クリスタルの監督に就任。就任から6カ月でチームをペルーリーグ優勝に導いた。その後もクラブを率いたが、成績不振に陥り2005年に退団。

2005年にCAコロンへ復帰した後、2006シーズン途中にエクアドルLDUキトの監督に就任。2007年にはエクアドルリーグで優勝を果たした。2008年にはコパ・リベルタドーレスを制覇し、エクアドルのクラブを国際大会で優勝に導いた初の監督となった。なお当時のチームにはエンリケ・ベラルイス・ボラーニョスホフレ・ゲロンホセ・セバージョスなどが在籍していた。FIFAクラブワールドカップ2008では準決勝で北中米カリブ海王者のCFパチューカを0-2で破り決勝進出を果たしたが、決勝で欧州王者のマンチェスター・ユナイテッドFCに1-0で敗れ準優勝に終わった。大会終了後に辞任を表明[1]

キトでの活躍が評価され、2008年度の南米年間最優秀監督賞を受賞。その後サウジアラビアアル・ナスルを短期間率い、2009年にコパ・スダメリカーナを制したホルヘ・フォサッティの後任としてキトの監督に復帰。2010年にはレコパ・スダメリカーナエクアドルリーグの二冠を達成した。

2013年、CAサン・ロレンソに入団。翌年のコパ・リベルタドーレスではクラブを史上初となる優勝を達成し、自身は異なる2つのクラブをリベルタドーレス優勝に導いた監督となった。FIFAクラブワールドカップ2014では準決勝でオセアニア王者のオークランド・シティFCを撃破したが、決勝の欧州王者レアル・マドリード戦では0-2で敗れた。

2015年12月17日、ブラジルサンパウロFCの監督に就任したが[2]、半年で退団した。

2016年8月1日、アルゼンチン代表の監督に2年契約で就任[3]。ナショナルチームで指揮を執るのは初めてであった。しかし2018W杯・南米予選では4試合を残して5位に位置する不振に陥り、2017年4月10日に解任された[4]

アルゼンチン代表解任後の2017年5月11日にアラブ首長国連邦代表と1年契約を結んだ[5]2018W杯・アジア予選にて3試合を残して4位に位置する中での就任だった。就任後初戦のタイ戦では痛恨のドローを喫し、2戦目のサウジアラビア戦には勝利したものの、最終戦のイラク戦でも敗北しワールドカップ出場を逃した。

アラブ首長国連邦を率いていた2017年9月14日、2018 FIFAワールドカップ出場を決めたもののベルト・ファン・マルワイクを解任したサウジアラビア代表の監督に就任[6]。就任後に行われた5つの親善試合では2勝3敗の結果だったが直近2試合の親善試合にて得点を奪えなかったことを理由に11月22日に解任された[7]

2018年5月、2001年以来17年ぶりにCAロサリオ・セントラルの監督に就任した[8]

タイトル[編集]

選手[編集]

ロサリオ・セントラル

指導者[編集]

スポルティング・クリスタル
キト
サン・ロレンソ

個人[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]