カンピオナート・ブラジレイロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

カンピオナート・ブラジレイロCampeonato Brasileiro)は、ブラジルの国内サッカーリーグ。ブラジルサッカー連盟(CBF)によって組織、運営される。日本語では、しばしばブラジル全国選手権として言及される。

リーグ史[編集]

1960年に「リベルタドーレスカップ」が南米サッカー連盟主催により、同連盟加盟10カ国のリーグ優勝チームを初めとした上位クラブで争われることが決まり、それのブラジル代表決定戦として1959年に、各州ごとに行われるリーグ戦の上位チームを対象とした「タッサ・ブラジル(Taça Brasil)」というブラジルチャンピオンを決定するカップ戦が始まった。これが礎である。

その後1967年に「タッサ・ブラジル」とは別のブラジルチャンピオン決定戦「トルネイオ・ロベルト・ゴメス・ペドローザ(タッサ・デ・ブラッタ Torneio Roberto Gomes Pedrosa)」が設立され、1968年までは並行開催であったが、1969年からは後者のみとなった。そして1971年に他の南米・ヨーロッパ諸国と同じように、本格的な全国リーグを立ち上げることになり、それらを発展解消して「カンピオナート・ブラジレイロ」が1部・2部の2ディビジョンでスタートを切った。

1972年頃から1980年代はCBFが1部リーグの拡大路線を推進し、1部リーグの参加チームが80を超えるという異例の事態となった(この影響で1973年-1979年は2部リーグが一時休止となった)。これを受けてブラジルの主力13クラブが抗議。1979年には一部クラブが出場を辞退したほか、1987年は主力13クラブによる「コパ・ウニオン」と、CBF主催の「カンピオナート・ブラジレイロ」がそれぞれに16チームずつ参加という形で2リーグに分裂してしまった。この年は結局統一王座決定戦が行われなかったため1部リーグは2チーム優勝という形式となったが、その後CBFと主力13クラブがチーム数を20前後で削減することで合意し、以後1部リーグは年度にもよるが20-22チームで争われるようになる。

しかし、1999年1部リーグにおける降格ルールが複雑であったのと、サンドロ・ヒロシ年齢詐称事件により、SEガマがこのルールによるサンパウロFC没収試合がなければ2部降格を免れたはずが、降格が決定したことにより再びCBFと対立。2000年はCBF主催を断念し、クラブ主導による「コパ・ジョアン・アヴェランジェ」を全国リーグに充てたが、2001年に再び和解し、今日に至る。

リーグ構成[編集]

リーグ構成は4部である。それぞれセリエ(Série)A(アー)、セリエB(ベー)、セリエC(セー)、セリエD(デー)と呼称される。

セリエA (1部)[編集]

1971年より開始。2009年現在、20クラブによるホーム・アンド・アウェー方式2回戦総当たりの全38試合のリーグ戦形式で行われている。

2003年以前は、レギュラーシーズンとプレーオフに分けたシステムを採用していた。まず、レギュラーシーズン(予選リーグ)で1回総当たり戦をして、プレーオフ出場チームを選ぶ。そして、プレーオフ出場チームによるトーナメント(ホームアンドアウェー方式)を行って優勝クラブを決めていた。

セリエAの1位から4位のクラブは、リベルタドーレス杯への出場権を獲得することができる。5位から13位のクラブについてはコパ・スダメリカーナに出場する。17位から20位までの下位4クラブがセリエBへと降格する。

セリエB (2部)[編集]

1971年より開始。1973-79年中断後、1980年再開。当初は22クラブで構成されていたが、2006年以降はセリエAと同じく20クラブでのホームアンドアウェー方式のリーグ戦形式に変更された。

上位4クラブ(1位~4位)がセリエA昇格、下位4クラブ(17位~20位)がセリエC降格となっている。

セリエC (3部)[編集]

1981年より開始。当初は64クラブにより構成されていた。2009年現在、20クラブが参加。

以下は2009年度のレギュレーション。

第1段階:20チームを4つのグループ(各組5チームずつ)に分け、各チーム8ゲームずつ(ホームアンドアウェー4試合ずつ)こなす。各グループの上位2チームが決勝トーナメントに進出。各グループの最下位(5位)がセリエDに降格。
第2段階:勝ち上がった8チームでホームアンドアウェー方式の決勝トーナメントを行う。準々決勝を勝ち抜いた4チームがその時点でセリエB昇格決定。準決勝、決勝と戦い、最後に勝ったチームがセリエC優勝となる。

セリエD (4部)[編集]

2009年より開始された最も新しいリーグ。2009年現在、40クラブが参加。

以下は2009年度のレギュレーション。実質第1段階のみがリーグ戦で、それ以後は変則的なトーナメント方式となっている。

第1段階:40チームを10個のグループ(各組4チームずつ)に分けた1stステージは、各チーム6ゲームずつ(ホームアンドアウェー3試合ずつ)こなし各グループ上位2チームが次ステージに進出。
第2段階:2ndステージでは勝ち上がった20チームが抽選で選ばれた相手とホームアンドアウェー方式で2ゲームを戦い、勝った方のチームが次ステージに進出。
第3段階:3rdステージでも同じように勝ち上がった10チームが抽選で選ばれた相手とホームアンドアウェー方式で2ゲームを戦い、勝った5チームは自動的に決勝トーナメントに進出。負けた5チームは総当りの敗者復活リーグを行い、このグループリーグでの8ゲームの成績に先のホームアンドアウエーでの成績を加えたもので順位を決定。上位3チームが決勝トーナメントに進出。
第4段階:勝ち上がった8チームでホームアンドアウェー方式の決勝トーナメントを行う。準々決勝を勝ち抜いた4チームがその時点でセリエC昇格決定。準決勝、決勝と戦い、最後に勝ったチームがセリエD優勝となる。

関連項目[編集]