欧州サッカー連盟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • ヨーロッパサッカー連盟
欧州サッカー連盟
Union of European Football Associations
Union des Associations Européennes de Football
Union der Europäischen Fußballverbände
UEFA logo.svg
UEFA member associations map.svg
  欧州サッカー連盟 (UEFA)
略称 UEFA
設立 1954年
種類 サッカー
本部 スイスの旗 スイス
ニヨン
所在地 北緯46度22分16秒 東経6度13分52秒 / 北緯46.371009度 東経6.23103度 / 46.371009; 6.23103
会員数
55協会[1]
公用語 英語フランス語ドイツ語
会長 スロベニアの旗 アレクサンデル・チェフェリン[2]
事務局長代行 テオドア・テオドリディス
名誉会長 スウェーデンの旗 レナート・ヨハンソン[3]
主要機関 UEFA会議
関連組織 国際サッカー連盟(FIFA)
ウェブサイト https://www.uefa.com/
テンプレートを表示

欧州サッカー連盟(おうしゅうサッカーれんめい、UEFA [jˈfə] yoo-AY-fə; : Union of European Football Associations[注釈 1]; : Union des associations européennes de football[注釈 2]; : Union der europäischen Fußballverbände[注釈 3])は、ヨーロッパを中心にロシアアジアの一部を含むサッカー協会を統括する、国際サッカー連盟(FIFA)傘下の競技団体である。

UEFAは、イタリアフランスベルギー協会間での協議の後、1954年6月15日にスイスバーゼルで設立された。当初は、25の協会からなっていたが、1990年代初めまでに加盟協会は倍に増加した。ヨーロッパの全ての主権国の協会がUEFAの会員となっているわけではないが、非会員の国家は全てミニ国家である。以前はアジアサッカー連盟(AFC)に加盟していたいくつかのアジア国も、政治的理由などによりUEFAへの加盟が認められている(イスラエル(政治的理由)とカザフスタンはAFCから転籍した)。

UEFA本部は1959年までは、フランスのパリに位置し、後にスイスのベルンに移転。1995年から、同じくスイスのニヨンへ移転した。

概要[編集]

スイスジュネーヴ郊外ニヨンに本部を置く。欧州各国及び地域のサッカー協会を統括し、欧州各国・地域をまたがったサッカーの問題に対処している。イスラエルカザフスタンなどの西アジア中央アジアといった、一般的なヨーロッパの範囲に含まれない国も加盟している。現在の加盟協会数は55[1]

近年、欧州連合(EU)に加盟する国・地域の国内リーグでは、EU、並びに一部は欧州自由貿易連合(EFTA)加盟国の出身選手は国内選手と同等扱いで、何人でも選手が出場登録できるようになっているケースが多くみられる。またサッカーの母国という伝統的配慮から4つの地域(イングランドスコットランドウェールズ北アイルランド)がそれぞれ独自に加盟しているイギリスではそれぞれのリーグ戦でイギリス国内出身者も同様の扱いを受けることが出来る。

ファイナンシャル・フェアプレー[編集]

ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)はUEFAのミシェル・プラティニ会長が提唱。欧州各クラブの財政健全化を目指して2011年6月から(収支集計開始、2014年から制度実施)導入された制度。

具体的にはクラブが支出する移籍金、人件費などの経費(サッカークラブの本質である育成に関わる投資や、スタジアム、練習場など施設を整備するための支出は除く)は、クラブが純粋に得たサッカーによる営業利益(選手売却による移籍金、スタジアム入場料、テレビ放映権、各大会賞金、グッズ収入、スポンサー収入)を超えてはならない規則。しかし、単年度の審査でこの制度を適用した場合、抵触するクラブが続出する可能性が高いことから3シーズンの合計で審査される。また、猶予期間として2018年のシーズンまでは段階的に赤字許容額が設定され、2015年までは4,500万ユーロ、2018年までは3,000万ユーロまでの赤字は許容され、2019年からは赤字の無い状況にしなくてはならなくなる。

これら規則を守れないクラブが発生した場合、UEFAは対象クラブに対して警告や厳重注意、罰金、勝ち点剥奪、UEFAクラブライセンスを発行しないなどという制裁を執行し、チャンピオンズリーグヨーロッパリーグへの出場権を獲得しても大会への参加資格を認めないなどの措置が執られる[4][5]

  • FFPによる影響
    • インテル-1990年代後半から2000年代まで大型補強を実施、FFPによりチームの主力を放出しチームが弱体化、収入が赤字になる悪循環に陥り、クラブを売却。
    • ACミラン-ベルルスコーニ名誉会長のポケットマネーによって運営、FFPによりチームの主力を放出しチームが弱体化。
    • パリSG-カタール観光局との複数年の大型スポンサー契約を行いFFP対策の収入を確保(ただしクラブ運営がカタール王族系の投資グループでその関係が疑われている)。
    • チェルシー-ロシアのガスプロムとのスポンサー契約を行いFFP対策の収入を確保(ただしクラブオーナーとガスプロムとの関係が疑われている)。
    • マンチェスター・シティ-UAEアブダビのエティハド航空との10年間の大型スポンサー契約を行いFFP対策の収入を確保(但しクラブオーナーがアブダビ王族でその関係が疑われている)。
    • 2014年から制度実施されるがUEFAは5月16日に9クラブが抵触しているとしてマンチェスター・シティとパリSGは厳しい6,000万ユーロの罰金、来シーズンのCL選手登録枠を25名から4名削減、来シーズンの選手年俸総額の増額の未承認、来季以降2シーズンは移籍市場で費やす金額にも6,000万ユーロ上限設定の制裁が決定したと発表[6]

ナショナルチーム[編集]

男子[編集]

※五十音順

女子[編集]

※五十音順

1: 地勢的にはアジアのため、AFCに加盟してワールドカップ出場もしたが、いくつかのアジアの国が対戦を拒否したため、政治的判断により特例として1992年に飛び地加盟した。
2: かつてはAFCに加盟していたが、2001年にAFCを脱退し2002年に加盟。
3: ジブラルタルは、2006年12月8日から正会員への申請が拒否される2007年1月26日までUEFAの暫定会員であった。2012年10月1日から再び暫定会員となり[7]、2013年5月から正会員となった[8]
4: 2019年の「北マケドニア」への国名改称前は「マケドニア旧ユーゴスラビア共和国」(FYR Macedonia, FYROM)の名称で加盟していた。

以前加盟していた協会[編集]

大会[編集]

ナショナルチーム[編集]

サッカー[編集]

男子ナショナルチームの主要大会はUEFA欧州選手権である。この大会は1958年に始まり、1960年に初の決勝が行われた。1964年までは欧州ネイションズカップとして知られていた。またUEFAあるいはEUROとも呼ばれる。UEFAは21歳以下19歳以下17歳以下の大会も開催している。女子代表では、UEFAはUEFA欧州女子選手権UEFA U-19女子選手権UEFA U-17女子選手権を運営している。

UEFAはアフリカサッカー連盟と共にユースサッカーのためのUEFA-CAFメリディアンカップを組織している。

1999年には、地域を代表するセミプロフェッショナルチームのためのUEFAリージョンズカップを開始した。

フットサル[編集]

フットサルについては、UEFAフットサル選手権およびUEFA U-21フットサル選手権がある。

クラブチーム[編集]

サッカー[編集]

2007/08のUEFA加盟メンバーとUEFAランキング

UEFAはまたクラブのための大会を3つ開催している。

頂点に位置するUEFA主催の大会はUEFAチャンピオンズリーグである。チャンピオンズリーグは1992/93シーズンに始まり、それぞれの国のリーグの上位1〜4チームが参加する(チーム数はリーグのランキングに依存し、変動する)。この大会は、1955年から1992年まで開催され各国リーグの優勝クラブによるヨーロピアン・チャンピオン・クラブズ・カップあるいはヨーロピアンカップとして知られていた大会を再構築したものである(したがって現在よりも競争は激しくなかった)。

2番目に位置するのはUEFAヨーロッパリーグである。この大会は、国内のカップ戦優勝クラブとリーグ上位チームによる大会として1971年にUEFAによって開始され、1955年に開始されたインターシティーズ・フェアーズカップさらにUEFAカップを引き継いだものである。1960年に開始されたカップウィナーズカップは1999年にUEFAカップに吸収された。

3番目に位置するUEFAヨーロッパカンファレンスリーグは、後のステージに進むチャンスを与える手段として従来のUELを分割する形で設立された。

女子サッカーでも、UEFAはクラブチームのためのUEFA女子チャンピオンズリーグを開催している。この大会は2001年に初開催され、2009年まではUEFA女子カップとして知られていた。

チャンピオンズリーグの勝者とUEFAヨーロッパリーグの勝者(以前はカップウィナーズカップの勝者)が対戦するUEFAスーパーカップは、1973年から行われている[9][10][11]

UEFAインタートトカップは夏の大会であり、以前はいくつかの中央ヨーロッパのサッカー協会によって運営されていたが、1995年にUEFAによって公式UEFAクラブ大会として認定された[12]。インタートトカップは2008年が最後の大会となった。

インターコンチネンタルカップは、チャンピオンズリーグの勝者とコパ・リベルタドーレスの勝者が対戦する大会であり、南米サッカー連盟 (CONMEBOL) と共に組織していた[13]

これまでで主要な3つの大会(ヨーロピアン・カップ/UEFAチャンピオンズリーグ、UEFAカップウィナーズカップ、UEFAカップ/ヨーロッパリーグ)[14]全てで優勝したことがあるクラブは4クラブ[15]ユヴェントスアヤックスバイエルン・ミュンヘンチェルシー)のみである。カップウィナーズカップが終了したためこの偉業を達成するのはもはや不可能である。3つのトロフィーのうち2つを手にしたチームは現在9つ存在する。

ユヴェントスは、全てのUEFAの公式チャンピオンシップおよびカップで優勝した初めてのチームであり[16]、これを記念して1988年7月12日にUEFAによって「UEFAプラーク」が贈られた[17][18]

フットサル[編集]

UEFAの最高峰のフットサル大会はUEFAフットサルカップである。この大会は前身のフットサル・ヨーロピアン・クラブズ・チャンピオンシップに代わり、2001年にUEFAの公式大会として開始された。

大会一覧[編集]

ナショナルチーム[編集]

男子: 女子:

クラブチーム[編集]

男子: 女子:

アマチュア[編集]

フットサル[編集]

主なUEFA非主催の大会[編集]

ナショナルチーム: クラブチーム:

決議[編集]

表彰: 資格:

試合:

歴代会長[編集]

その他の人物[編集]

注釈[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b Member associations-欧州サッカー連盟公式HP
  2. ^ Čeferin elected as UEFA President”. Uefa.com (2016年9月14日). 2016年9月14日閲覧。
  3. ^ Honorary members”. Uefa.com. 2016年9月14日閲覧。
  4. ^ ファイナンシャル・フェアプレー:必須情報
  5. ^ 欧州サッカーの勢力地図が変わるか。赤字経営の禁止、ビッグクラブに影響大の“ファイナンシャルフェアプレー”制度とは?
  6. ^ PSGとマンC、FFPの違反で85億円の罰金か
  7. ^ Gibraltar national team made provisional member of Uefa”. The Guardian. 2012年10月1日閲覧。
  8. ^ Congress decisions bring Gibraltar on board”. 欧州サッカー連盟 (2013年5月24日). 2013年6月26日閲覧。
  9. ^ History of the UEFA Super Cup”. uefa.com. 2006年8月21日閲覧。
  10. ^ 1973: Ajax enjoy early success”. uefa.com. 1974年3月1日閲覧。
  11. ^ 1971/72: Glory for Rangers in Barcelona”. uefa.com. 1972年6月1日閲覧。
  12. ^ History of the UEFA Intertoto Cup”. uefa.com. 2009年8月14日閲覧。
  13. ^ History of the UEFA/CONMEBOL Intercontinental Cup”. uefa.com. 2009年8月14日閲覧。
  14. ^ The man with the golden touch”. uefa.com. 2004年8月27日閲覧。
  15. ^ El Barça, gran atracción del sorteo”. El Mundo Deportivo's Historical Archive. 1992年7月16日閲覧。
  16. ^ List of European official clubs' cups and tournaments”. uefa.com. 2006年8月21日閲覧。
  17. ^ “Sorteo de las competiciones europeas de fútbol: el Fram de Reykjavic, primer adversario del F.C. Barcelona en la Recopa” (Spanish) (PDF). La Vanguardia. (1988年7月13日). p. 53. http://hemeroteca.lavanguardia.es/preview/1988/07/13/pagina-53/33040569/pdf.html 2009年11月15日閲覧。 
  18. ^ All start 'with a little' poetry”. Gazzetta dello Sport's Historical Archive. 1997年5月24日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]