UEFA EURO 2020

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
UEFA欧州選手権 > UEFA EURO 2020
UEFA EURO 2020
UEFA Euro 2020 logo.svg
大会概要
開催国 11(連合王国を形成するイングランドとスコットランドはUEFAには別々で加盟)
アゼルバイジャンの旗 アゼルバイジャン
 デンマーク
イングランドの旗 イングランド
ドイツの旗 ドイツ
 ハンガリー
イタリアの旗 イタリア
オランダの旗 オランダ
 ルーマニア
ロシアの旗 ロシア
スコットランドの旗 スコットランド
スペインの旗 スペイン
日程 2021年6月11日 - 7月11日
チーム数 24 (1連盟)
開催地数 11
オランダの旗アムステルダム
アゼルバイジャンの旗バクー
ルーマニアの旗ブカレスト
ハンガリーの旗ブダペスト
デンマークの旗コペンハーゲン
スコットランドの旗グラスゴー
イングランドの旗ロンドン
ドイツの旗ミュンヘン
イタリアの旗ローマ
ロシアの旗サンクトペテルブルク
スペインの旗セビージャ (11都市)
大会結果
優勝  イタリア (2回目)
準優勝  イングランド
3位  スペイン
 デンマーク
大会統計
試合数 51試合
ゴール数 142点
(1試合平均 2.78点)
総入場者数 1,099,278人
(1試合平均 21,554人)
得点王 ポルトガルの旗 クリスティアーノ・ロナウド
チェコの旗 パトリック・シック(5点)
最優秀選手 イタリアの旗 ジャンルイジ・ドンナルンマ
最優秀若手選手 スペインの旗 ペドリ
 < 20162024
最終更新日:2021年7月11日

UEFA EURO 2020は、16回目のUEFA欧州選手権であり、ヨーロッパ各国の代表チームによって争われるサッカーの大会である。当初は2020年に開催される予定であったが、新型コロナウイルス感染症の流行により、2020年から2021年に延期[1]。本大会は2021年に欧州11か国で分散開催された。公式試合球はアディダスの「UNIFORIA[2](ユニフォリア、「サッカーが生み出す一体感、幸福感」の意味)」。優勝はイタリア

今大会からビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)が運用された。

開催地[編集]

開催国の立候補受付は2012年6月30日に開始し[3]、12月6日のUEFA理事会で欧州全土の複数都市で分散開催することを決定した[4]

従来の方式では、以下の国・地域が立候補を表明していた。

2013年1月25日、UEFA理事会は今大会をUEFA60周年記念の特別大会として欧州13カ国での分散開催と決定した。このうち12会場でグループリーグ3試合と決勝トーナメントの1回戦もしくは準々決勝の1試合、残る1会場で準決勝と決勝の計3試合を開催する。開催国枠は撤廃されるが、予選を通過した(決勝・準決勝以外の)開催国はグループリーグ中の自国の試合を少なくとも2試合開催できる。またグループリーグの組み合わせには、選手や観客の負担を抑えるために移動距離も考慮される。スタジアムの収容人員数の条件は決勝・準決勝7万人以上、準々決勝6万人以上、1回戦・グループリーグ5万人以上(2ヶ所を目安に3万人以上という例外が認められる場合がある)で、選出される開催地は1カ国につき1都市のみだが、立候補は決勝・準決勝と準々決勝以前の2枠が可能で、同一都市か別都市にするのかは各協会の判断にゆだねられる[11]

これに基づき、UEFAでは改めて開催地立候補の受付を行い、2013年9月11日の期日までに32協会から立候補の意向を示した[12]。開催都市は2014年9月19日に発表された[13]

立候補を表明した都市・スタジアム[編集]

  • 青が準決勝・決勝の開催地、緑がグループステージ3試合と決勝トーナメント(準々決勝1試合)、黄がグループステージ3試合と決勝トーナメント(ラウンド16・1試合)の開催地
  • 立候補の内容のうち◎は準決勝・決勝パッケージと通常パッケージ(グループステージ3試合とラウンド16もしくは準々決勝のいずれか1試合)の両方に立候補、○は通常パッケージのみ立候補
国・地域 都市 競技場 収容 立候補の内容
アゼルバイジャンの旗 アゼルバイジャン バクー バクー・オリンピックスタジアム 68,700
ベラルーシの旗 ベラルーシ ミンスク ディナモ・スタジアム 34,000 (39,000人収容に拡張中)
ベルギーの旗 ベルギー ブリュッセル ユーロスタジアム (仮称) 50,000 (60,000人に計画中)
ブルガリアの旗 ブルガリア ソフィア ヴァシル・レフスキ国立競技場 43,000 (50,000人収容に拡張中)
デンマークの旗 デンマーク コペンハーゲン パルケン・スタディオン 38,065
イングランドの旗 イングランド ロンドン ウェンブリー・スタジアム 90,000
ドイツの旗 ドイツ ミュンヘン フースバル・アレーナ・ミュンヘン 70,000
ハンガリーの旗 ハンガリー ブダペスト プシュカーシュ・フェレンツ・シュタディオン 56,000 (68,000人収容の新スタジアムとして計画中)
アイルランドの旗 アイルランド ダブリン ダブリン・アリーナ 51,700
イスラエルの旗 イスラエル エルサレム テディ・スタジアム 34,000 (53,000人収容に拡張中)
イタリアの旗 イタリア ローマ オリンピコ 72,698
北マケドニアの旗 北マケドニア スコピエ ピリッポス2世アレナ 33,460
オランダの旗 オランダ アムステルダム アムステルダム・アレナ 53,052 (55-56,000人収容に拡張中)
ルーマニアの旗 ルーマニア ブカレスト アレーナ・ナツィオナラ 55,600
ロシアの旗 ロシア サンクトペテルブルク サンクトペテルブルク・スタジアム 69,500
スコットランドの旗 スコットランド グラスゴー ハムデン・パーク 52,063
スペインの旗 スペイン ビルバオ サン・マメス・バリア 53,332
スウェーデンの旗 スウェーデン ソルナ, ストックホルム ソルナ・アレーナ 50,000
ウェールズの旗 ウェールズ カーディフ ナショナルスタジアム・オブ・ウェールズ 74,500
  • 当初は上記13カ国での分散開催が予定されていたが、ベルギーの旗 ベルギーブリュッセル)はスタジアム建設の遅れにより、2017年12月に開催地から外され、開催予定だった試合は、イングランドの旗 イングランドロンドン)で行われることになったため、最終的に12カ国での分散開催となる[14]。また新型コロナウイルスの感染に伴い、2021年4月にダブリンはその開催地から除外され、ビルバオからセビリアに開催地は変更された。[15]

開催地に決定した国(都市)[編集]

グループステージ(3試合)とラウンド16(1試合)、準決勝・決勝を開催する都市
グループステージ(各3試合)と準々決勝(各1試合)を開催する都市
グループステージ(各3試合)とラウンド16(各1試合)を開催する都市
イギリスの旗イングランドの旗 ロンドン イタリアの旗 ローマ ドイツの旗 ミュンヘン
ウェンブリー・スタジアム スタディオ・オリンピコ・ディ・ローマ フースバル・アレーナ・ミュンヘン
収容人数:90,000人 収容人数:70,634人 収容人数:70,000人
Wembley-Stadion 2013 16x10.jpg L'Olimpico - panoramio.jpg München - Allianz-Arena (Luftbild).jpg
アゼルバイジャンの旗 バクー ロシアの旗 サンクトペテルブルク ハンガリーの旗 ブダペスト
バクー・オリンピックスタジアム サンクトペテルブルク・スタジアム プシュカーシュ・アレーナ
収容人数:68,700人 収容人数:68,134人 収容人数:67,215人
Baku Olympic Stadium panorama 1.JPG Spb 06-2017 img40 Krestovsky Stadium (cropped).jpg Puskás Aréna 05.jpg
スペインの旗 セビリア ルーマニアの旗 ブカレスト オランダの旗 アムステルダム イギリスの旗スコットランドの旗 グラスゴー デンマークの旗 コペンハーゲン
エスタディオ・オリンピコ・セビージャ アレーナ・ナツィオナラ ヨハン・クライフ・アレナ ハムデン・パーク パルケン・スタディオン
収容人数:60,000人 収容人数:55,600人 収容人数:54,990人 収容人数:51,866人 収容人数:38,065人
Panoramio - V&A Dudush - Estadio Olímpico 57 619.jpg Bucharest (8272279241).jpg Amsterdam Arena Roof Open.jpg Hampden Park (Glasgow) aerial view cropped.jpg Parken from the air 2.JPG

グループステージの開催地の組み合わせ[編集]

グループステージは、抽選により以下の開催地の組み合わせで行われることとなった[16]

  • グループA…ローマとバクー
  • グループB…サンクトペテルブルクとコペンハーゲン
  • グループC…アムステルダムとブカレスト
  • グループD…ロンドンとグラスゴー
  • グループE…ビルバオとダブリン → セビリアとサンクトペテルブルグ[15]
  • グループF…ミュンヘンとブダペスト

予選[編集]

本大会出場を決める予選はUEFAネーションズリーグ2018-19のリーグ戦終了後の2019年3月にスタートする。また、ネーションズリーグの結果に基づいて追加の出場チームを決定するプレーオフが導入された[17]

出場国[編集]

  出場国
  予選敗退
出場国・地域 条件 出場回数 出場大会 最高成績
イングランドの旗 イングランド 予選A組1位 3大会連続10回目 1968, 1980, 1988, 1992, 1996, 2000, 2004, 2012, 2016 ベスト4 (1968[注釈 1], 1996)
チェコの旗 チェコ[注釈 2] 予選A組2位 7大会連続10回目 1960, 1976, 1980, 1996, 2000, 2004, 2008, 2012, 2016 優勝 (1976)
ウクライナの旗 ウクライナ 予選B組1位 3大会連続3回目 2012, 2016 グループリーグ敗退 (2012, 2016)
ポルトガルの旗 ポルトガル 予選B組2位 7大会連続8回目 1984, 1996, 2000, 2004, 2008, 2012, 2016 優勝 (2016)
ドイツの旗 ドイツ[注釈 3] 予選C組1位 13大会連続13回目 1972, 1976, 1980, 1984, 1988, 1992, 1996, 2000, 2004, 2008, 2012, 2016 優勝 (1972, 1980, 1996)
オランダの旗 オランダ 予選C組2位 2大会ぶり10回目 1976, 1980, 1988, 1992, 1996, 2000, 2004, 2008, 2012 優勝 (1988)
スイスの旗 スイス 予選D組1位 2大会連続5回目 1996, 2004, 2008, 2016 ベスト16 (2016)
デンマークの旗 デンマーク 予選D組2位 2大会ぶり9回目 1964, 1984, 1988, 1992, 1996, 2000, 2004, 2012 優勝 (1992)
クロアチアの旗 クロアチア 予選E組1位 5大会連続6回目 1996, 2004, 2008, 2012, 2016 ベスト8 (1996, 2008)
ウェールズの旗 ウェールズ 予選E組2位 2大会連続2回目 2016 ベスト4 (2016)
スペインの旗 スペイン 予選F組1位 7大会連続11回目 1964, 1980, 1984, 1988, 1996, 2000, 2004, 2008, 2012, 2016 優勝 (1964, 2008, 2012)
スウェーデンの旗 スウェーデン 予選F組2位 6大会連続7回目 1992, 2000, 2004, 2008, 2012, 2016 ベスト4 (1992)
ポーランドの旗 ポーランド 予選G組1位 4大会連続4回目 2008, 2012, 2016 ベスト8 (2016)
オーストリアの旗 オーストリア 予選G組2位 2大会連続3回目 2008, 2016 グループリーグ敗退 (2008, 2016)
フランスの旗 フランス 予選H組1位 8大会連続10回目 1960, 1984, 1992, 1996, 2000, 2004, 2008, 2012, 2016 優勝 (1984, 2000)
トルコの旗 トルコ 予選H組2位 2大会連続5回目 1996, 2000, 2008, 2016 ベスト4 (2008)
ベルギーの旗 ベルギー 予選I組1位 2大会連続6回目 1972, 1980, 1984, 2000, 2016 準優勝 (1980)
ロシアの旗 ロシア[注釈 4] 予選I組2位 5大会連続12回目 1960, 1964, 1968, 1972, 1988, 1992, 1996, 2004, 2008, 2012, 2016 優勝 (1960)
イタリアの旗 イタリア 予選J組1位 7大会連続10回目 1968, 1980, 1988, 1996, 2000, 2004, 2008, 2012, 2016 優勝 (1968)
フィンランドの旗 フィンランド 予選J組2位 初出場
ハンガリーの旗 ハンガリー プレーオフA組勝者 2大会連続4回目 1964, 1972, 2016 ベスト4[注釈 5] (1964, 1972)
スロバキアの旗 スロバキア[注釈 6] プレーオフB組勝者 2大会連続2回目 2016 ベスト16 (2016)
スコットランドの旗 スコットランド プレーオフC組勝者 6大会ぶり3回目 1992, 1996 グループリーグ敗退 (1992, 1996)
北マケドニア共和国の旗 北マケドニア プレーオフD組勝者 初出場

組み合わせ抽選[編集]

本大会の抽選会は、2019年11月30日ルーマニアブカレストで行われた[18][19][20][21]

出場国は、EURO2020予選成績ランキング(英語版)に基づいて4つのポットに振り分けられ、各ポットから1チームずつ、AからFのグループに振り分けられる。グループステージの開催国は自動的に自国で開催されるグループに配置される。また、政治的な理由から、ウクライナとロシアは同じグループには配置されない。(コソボ(予選プレーオフに出場)とロシア[22]、コソボとボスニア・ヘルツェゴビナ(予選プレーオフに出場)、コソボとセルビア予選プレーオフに出場)も同様であったが、元から同じグループに配置される可能性が無かった。)

プレーオフ通過チームを加えた最終的な振り分けは以下の通り。

Pot 1
出場国 開催国 順位
 ベルギー[注釈 7] 1
 イタリア Group A 2
 イングランド Group D 3
 ドイツ Group F 4
 スペイン Group E 5
 ウクライナ[注釈 7] 6
Pot 2
出場国 開催国 順位
 フランス 7
 ポーランド 8
 スイス 9
 クロアチア 10
 オランダ Group C 11
 ロシア Group B 12
Pot 3
出場国 開催国 順位
 ポルトガル 13
 トルコ 14
 デンマーク Group B 15
 オーストリア 16
 スウェーデン 17
 チェコ 18
Pot 4[注釈 8]
出場国 開催国 順位
 ウェールズ 19
 フィンランド 20
 ハンガリー Group F プレーオフ通過
 スロバキア[注釈 9]
 スコットランド Group D
 北マケドニア [注釈 10]
  1. ^ 1980年大会までは3位決定戦が行われており、イングランドは1968年に旧ソ連との3位決定戦を勝って3位としている。
  2. ^ チェコスロバキア時代を含めた成績。1996年よりチェコ代表として出場。
  3. ^ 1988年までは西ドイツとして出場。
  4. ^ 1988年まではソビエト連邦として、1992年は独立国家共同体 (CIS) として出場。
  5. ^ 1980年大会までは3位決定戦が行われており、ハンガリーは1964年大会ではデンマークとの3位決定戦を勝って3位、1972年大会ではベルギーとの3位決定戦に敗れ4位としている。
  6. ^ 1992年までチェコスロバキアとして出場。この期間の成績は含めない。
  7. ^ a b ポット1のウクライナはポット2に含まれるロシア(グループBの開催国)と同じグループに入らない。また、グループA,D,E,Fにはポット1に含まれる開催国が入り、ウクライナは入ることができないため、自動的にグループCに入ることになった。同じくポット1のベルギーは唯一、残っているグループBに入ることになった。
  8. ^ 抽選時にはプレーオフ通過チームは未確定だった。
  9. ^ プレーオフのグループBにはアイルランド(本大会のグループEの開催国)が含まれるため、プレーオフの勝者はグループFに入ることになった。
  10. ^ プレーオフのグループDの勝者はグループCとグループFのうち、プレーオフのグループAの勝者(ハンガリー)が入らなかった方のグループに入ることになった。

グループステージ[編集]

各グループ上位2チーム及び3位チームのうち上位4チーム、計16チームが、決勝トーナメントに進出する。グループステージの順位は、以下の順に従い決定される[23]

順位決定方式[編集]

全試合での獲得勝ち点が並んだ場合の順位決定基準[24]

  1. 当該チーム同士の対戦における、獲得勝ち点の多少
  2. 当該チーム同士の対戦における、得失点差
  3. 当該チーム同士の対戦における、ゴール数の多少
  4. 1.~3.を適用後においても2チーム以上に差がつかない場合は、それらのチームのみを対象に再び1.~3.を適用して比較する。それでも決着しない場合は、5.以下へ進む。
  5. 当該チームの全試合における、得失点差
  6. 当該チームの全試合における、ゴール数の多少
  7. 当該チームの全試合における、勝利数
  8. 比較対象が2チームのみで、グループリーグの最終戦で直接対決した結果、上記基準で差がつかないとき、PK戦を行う
  9. 当該チームの全試合における、フェアプレーランキングの比較
  10. 当該チームのEURO2020予選成績ランキング(英語版)の優劣

Group A[編集]

チーム 出場権
1  イタリア (H) 3 3 0 0 7 0 +7 9 決勝トーナメント進出
2  ウェールズ 3 1 1 1 3 2 +1 4
3  スイス 3 1 1 1 4 5 −1 4
4  トルコ 3 0 0 3 1 8 −7 0
出典: UEFA
(H) 開催地.


Group B[編集]

チーム 出場権
1  ベルギー 3 3 0 0 7 1 +6 9 決勝トーナメント進出
2  デンマーク (H) 3 1 0 2 5 4 +1 3[注 1]
3  フィンランド 3 1 0 2 1 3 −2 3[注 1]
4  ロシア (H) 3 1 0 2 2 7 −5 3[注 1]
出典: UEFA
(H) 開催地.
注釈:
  1. ^ a b c 対戦勝ち点:デンマーク3点、フィンランド3点、ロシア3点。対戦得失点差:デンマーク+2点、フィンランド0点、ロシア-2点。


Group C[編集]

チーム 出場権
1  オランダ (H) 3 3 0 0 8 2 +6 9 決勝トーナメント進出
2  オーストリア 3 2 0 1 4 3 +1 6
3  ウクライナ 3 1 0 2 4 5 −1 3
4  北マケドニア 3 0 0 3 2 8 −6 0
出典: UEFA
(H) 開催地.

ウクライナ 2 - 1 北マケドニア
ヤルモレンコ 29分にゴール 29分
ヤレムチュク 34分にゴール 34分
レポート 57分にゴール 57分 アリオスキ
観客数: 10,001人
主審: アルゼンチンの旗 フェルナンド・ラパリーニ

Group D[編集]

チーム 出場権
1  イングランド (H) 3 2 1 0 2 0 +2 7 決勝トーナメント進出
2  クロアチア 3 1 1 1 4 3 +1 4
3  チェコ 3 1 1 1 3 2 +1 4
4  スコットランド (H) 3 0 1 2 1 5 −4 1
出典: UEFA
(H) 開催地.
スコットランド 0 - 2 チェコ
レポート 42分にゴール 42分52分 シック
観客数: 9,847人
主審: ドイツの旗 ダニエル・ジーベルト


クロアチア 3 - 1 スコットランド
ヴラシッチ 17分にゴール 17分
モドリッチ 62分にゴール 62分
ペリシッチ 77分にゴール 77分
レポート 42分にゴール 42分 マグレガー
観客数: 9,896人
主審: アルゼンチンの旗 フェルナンド・ラパリーニ

Group E[編集]

チーム 出場権
1  スウェーデン 3 2 1 0 4 2 +2 7 決勝トーナメント進出
2  スペイン (H) 3 1 2 0 6 1 +5 5
3  スロバキア 3 1 0 2 2 7 −5 3
4  ポーランド 3 0 1 2 4 6 −2 1
出典: UEFA
(H) 開催地.


Group F[編集]

チーム 出場権
1  フランス 3 1 2 0 4 3 +1 5 決勝トーナメント進出
2  ドイツ (H) 3 1 1 1 6 5 +1 4[注 1]
3  ポルトガル 3 1 1 1 7 6 +1 4[注 1]
4  ハンガリー (H) 3 0 2 1 3 6 −3 2
出典: UEFA
(H) 開催地.
注釈:
  1. ^ a b 対戦勝ち点:ドイツ3点、ポルトガル0点。


各組3位チーム[編集]

チーム 出場権
1 F  ポルトガル 3 1 1 1 7 6 +1 4 決勝トーナメント進出
2 D  チェコ 3 1 1 1 3 2 +1 4
3 A  スイス 3 1 1 1 4 5 −1 4
4 C  ウクライナ 3 1 0 2 4 5 −1 3
5 B  フィンランド 3 1 0 2 1 3 −2 3
6 E  スロバキア 3 1 0 2 2 7 −5 3
出典: UEFA
順位の決定基準: 1) 勝ち点; 2) 得失点差; 3) 得点; 4) 勝利数; 5) フェアプレーポイント; 6) EURO2020予選ランキング順位(英語版).

決勝トーナメント進出の3位チームの対戦相手は以下のように定められる[24]

グループ 1B
vs
1C
vs
1E
vs
1F
vs
A B C D 3A 3D 3B 3C
A B C E 3A 3E 3B 3C
A B C F 3A 3F 3B 3C
A B D E 3D 3E 3A 3B
A B D F 3D 3F 3A 3B
A B E F 3E 3F 3B 3A
A C D E 3E 3D 3C 3A
A C D F 3F 3D 3C 3A
A C E F 3E 3F 3C 3A
A D E F 3E 3F 3D 3A
B C D E 3E 3D 3B 3C
B C D F 3F 3D 3C 3B
B C E F 3F 3E 3C 3B
B D E F 3F 3E 3D 3B
C D E F 3F 3E 3D 3C
  確定した組み合わせ

決勝トーナメント[編集]

グループリーグの結果[編集]

グループ 1位 2位 3位
突破チーム
A  イタリア  ウェールズ  スイス
B  ベルギー  デンマーク N/A
C  オランダ  オーストリア  ウクライナ
D  イングランド  クロアチア  チェコ
E  スウェーデン  スペイン N/A
F  フランス  ドイツ  ポルトガル

トーナメント表[編集]

 
Round of 16準々決勝準決勝決勝
 
              
 
6月27日 - セビージャ
 
 
 ベルギー1
 
7月2日 - ミュンヘン
 
 ポルトガル0
 
 ベルギー1
 
6月26日 - ロンドン
 
 イタリア2
 
 イタリア (延長)2
 
7月6日 - ロンドン
 
 オーストリア1
 
 イタリア (p)1 (4)
 
6月28日 - ブカレスト
 
 スペイン1 (2)
 
 フランス3 (4)
 
7月2日 - サンクトペテルブルク
 
 スイス (p)3 (5)
 
 スイス1 (1)
 
6月28日 - コペンハーゲン
 
 スペイン (p)1 (3)
 
 クロアチア3
 
7月11日 - ロンドン
 
 スペイン (延長)5
 
 イタリア (p)1 (3)
 
6月29日 - グラスゴー
 
 イングランド1 (2)
 
 スウェーデン1
 
7月3日 - ローマ
 
 ウクライナ (延長)2
 
 ウクライナ0
 
6月29日 - ロンドン
 
 イングランド4
 
 イングランド2
 
7月7日 - ロンドン
 
 ドイツ0
 
 イングランド (延長)2
 
6月27日 - ブダペスト
 
 デンマーク1
 
 オランダ0
 
7月3日 - バクー
 
 チェコ2
 
 チェコ1
 
6月26日 - アムステルダム
 
 デンマーク2
 
 ウェールズ0
 
 
 デンマーク4
 

ラウンド16[編集]

ウェールズ 0 - 4 デンマーク
レポート 12分にゴール 12分48分 ドルベリ
88分にゴール 88分 メーレ
90+4分にゴール 90+4分 ブライトバイテ
観客数: 14,645人
主審: ドイツの旗 ダニエル・ジーベルト







準々決勝[編集]




準決勝[編集]


決勝[編集]

スポンサー[編集]

Global sponsors

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ デンマークのクリスティアン・エリクセン選手は前半43分、心停止によりピッチに倒れ込んだ。救急措置などにより試合が一時中断、約1時間45分後の20:30(CEST)に試合が再開[25]

出典[編集]

  1. ^ UEFA postpones EURO 2020 by 12 months” (英語). UEFA.com (2020年3月17日). 2020年3月18日閲覧。
  2. ^ ユーロ公式球「ユニフォリア」を発表…欧州12の開催都市を表現したデザインに” (日本語). SOCCER KING. フロムワン (2019年11月7日). 2021年6月18日閲覧。
  3. ^ “Preliminary interest shown for UEFA EURO 2020 bid”. UEFA.com (UEFA). (2012年5月16日). http://www.uefa.com/uefa/mediaservices/mediareleases/newsid=1796922.html 
  4. ^ EURO 2020、欧州全土での開催へ - UEFA EURO - ニュース - UEFA.com”. web.archive.org (2014年3月17日). 2020年11月15日閲覧。
  5. ^ “TFF Başkanı'ndan Açıklama [TFF President Announcement]” (Turkish). トルコサッカー連盟. (2012年4月17日). http://www.tff.org/default.aspx?pageID=285&ftxtID=14970 
  6. ^ Doyle, Mark (2012年4月17日). “Turkish Football Federation confirms Euro 2020 bid”. http://www.goal.com/en-gb/news/2931/go-global/2012/04/17/3043128/turkish-football-federation-confirms-euro-2020-bid 
  7. ^ “UEFAプラティニ会長、EURO2020の「多国間開催」を構想”. スカイパーフェクTV. (2012年7月1日). http://soccer.skyperfectv.co.jp/international/1628  
  8. ^ 尚、2013年9月7日に2020年の夏季オリンピック開催地は東京日本の旗 日本)に決定した。
  9. ^ Scotland and Wales FAs may look to Ireland to aid Euro 2020 bid”. RTÉ Sport. RTE. 2012年5月15日閲覧。
  10. ^ “Azerbaijan, Georgia renew joint EURO 2020 bid”. FIFA.com (FIFA). (2012年5月25日). http://www.fifa.com/worldfootball/news/newsid=1639623.html 
  11. ^ “UEFA EURO 2020 The 16th edition will be a "EURO for Europe" rather than a tournament in one or two host countries.”. UEFA.com. http://www.uefa.com/uefaeuro/finals/about-euro/uefaeuro2020/index.html 
  12. ^ EURO 2020開催地、32協会が立候補 - UEFA.com”. web.archive.org (2016年3月4日). 2020年11月15日閲覧。
  13. ^ EURO 2020決勝の舞台はウェンブリーに決定 - UEFA.com”. web.archive.org (2016年3月9日). 2020年11月15日閲覧。
  14. ^ “Wembley to host seven Euro 2020 games” (英語). BBC Sport. https://www.bbc.co.uk/sport/football/42270759 2020年11月15日閲覧。 
  15. ^ a b c d https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=395467
  16. ^ UEFA.com (2017年12月7日). “EURO 2020 to open in Rome, more London games, venues paired” (英語). UEFA.com. 2020年11月15日閲覧。
  17. ^ UEFA.com (2014年12月4日). “UEFA Nations League format and schedule confirmed | Inside UEFA” (英語). UEFA.com. 2020年11月15日閲覧。
  18. ^ “European Qualifiers for UEFA EURO 2020: how it works”. Union of European Football Associations. (2017年9月25日). https://www.uefa.com/uefaeuro-2020/news/newsid=2502936.html 2018年1月24日閲覧。 
  19. ^ UEFA EURO 2020 final tournament draw: how it will work”. UEFA.com. 2018年12月2日閲覧。
  20. ^ “Bucharest to stage UEFA EURO 2020 finals draw”. Union of European Football Associations. (2019年3月15日). https://www.uefa.com/uefaeuro-2020/news/newsid=2595870.html 2019年3月15日閲覧。 
  21. ^ “UEFA EURO 2020 final tournament draw: All you need to know”. Union of European Football Associations. (2019年9月27日). https://www.uefa.com/uefaeuro-2020/news/newsid=2622700.html 2019年10月3日閲覧。 
  22. ^ UEFA.com (2019年10月18日). “UEFA Emergency Panel decision on Kosovo/Russia | Inside UEFA” (英語). UEFA.com. 2021年1月22日閲覧。
  23. ^ Match Schedule”. UEFA. 2021年6月18日閲覧。
  24. ^ a b Regulations of the UEFA European Football Championship 2018-20”. documents.uefa.com. 2021年6月13日閲覧。
  25. ^ Euro 2020: Eriksen collapses during Denmark-Finland game, match called off”. BBC Sport (2021年6月12日). 2021年6月12日閲覧。
  26. ^ Alipay signs long-term deal to become UEFA national team football sponsor”. UEFA.com. UEFA (2018年11月9日). 2018年12月5日閲覧。
  27. ^ UEFA announces global deal with Booking.com”. UEFA.com. UEFA (2017年10月19日). 2018年12月5日閲覧。
  28. ^ Coca-Cola signs on as UEFA EURO 2020 sponsor UEFA. 2019年9月5日
  29. ^ Heineken partners with UEFA EURO 2020 and renews UEFA Champions League sponsorship UEFA. 2019年11月13日
  30. ^ Takeaway.com and UEFA announce global UEFA EURO 2020™ partnership UEFA. 2019年11月12日
  31. ^ vivo becomes official partner of UEFA EURO 2020 and 2024 UEFA. 2020年10月20日
  32. ^ Volkswagen becomes new UEFA national team football competitions partner”. UEFA.com. UEFA (2017年8月9日). 2018年12月5日閲覧。

外部リンク[編集]