AFC U23アジアカップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
AFC U23アジアカップ
開始年 2013年
主催 AFC
地域 アジア
参加チーム数 16(本大会)
前回優勝  サウジアラビア(1回目)
最多優勝  イラク
 日本
 ウズベキスタン
 韓国
 サウジアラビア(1回)
テンプレートを表示

AFC U23アジアカップ: AFC U23 Asian Cup)は、アジアサッカー連盟(AFC)が主催する、23歳以下のナショナルチームによるサッカーの大陸選手権大会である。大会名称は、「AFC U-22選手権(AFC U-22 Championship)」(2013)「AFC U-23選手権(AFC U-23 Championship)」(2016-2020)と改称されたが、「アジアカップ」ブランドを向上させるため、全てのAFC主催の大会に「アジアカップ」の名前をつけることが決定したのに伴い[1]2022年大会から現在の大会名に変更された。

概要[編集]

この大会は2年に1回開催され、第1回大会は2014年1月11日から1月26日(予選は2012年)に開催された[2]。また2016年の第2回大会は、2016年のリオデジャネイロオリンピック男子サッカーのアジア最終予選を兼ねて実施された[3]。2020年の第4回大会も東京オリンピック男子サッカーのアジア最終予選を兼ねて実施された。

開催方式[編集]

第1回大会は、以下の方式で行われた[4][2]

  • 本大会は開催国1チーム及び予選を勝ち抜いた15チーム計16チームで実施される。
  • 予選は7グループに分かれ、各組上位2チーム及び各第3位チームの中で最高成績の1チームが本大会に出場する。
  • 本大会を開催する国は、地域を順に入れ替えて行う。第1回大会をどの地域で行うかは抽選で決定する。
  • 競技場は3ないし4箇所を利用し、2つ以内の市で実施するものとする。
  • 16日間で実施される。
  • シード順はAFC U-19選手権2010の成績をもとに決定する。
  • またこれと同時に、AFC U-16選手権について、それより上位の年齢の大会に出場した選手は、以後AFC U-16選手権に参加できないものとされた。

なお、夏季オリンピック開催年に行われる大会(過去2016年2020年)はその出場権をかけたアジア地区最終予選大会を兼ねるものとして、上位チームにオリンピック本戦の出場権を与える(2016年は上位3チーム、2020年は開催地枠で出場できる日本を除いた中での上位3チーム)。

なお2022年大会より、オリンピック予選を兼ねない年(西暦で4で割って2余る年)の大会については、翌年に実施されるAFCアジアカップの準備を兼ねてその開催国にて開催するものとした。ただし2022年大会(2023年アジアカップの開催国である中華人民共和国で開催予定であった)については、同国での開催が困難であるとして別の開催国を募集するものとした。[5]

結果[編集]

開催年 開催国 決勝戦 3位決定戦 出場
国数
優勝 結果 準優勝 3位 結果 4位
1 2013年 オマーンの旗 オマーン  イラク 1 - 0  サウジアラビア  ヨルダン 0 - 0 aet
(PK 3 - 2)
 韓国 16
2 2016年 カタールの旗 カタール  日本 3 - 2  韓国  イラク 2 - 1 aet  カタール 16
3 2018年 中華人民共和国の旗 中国  ウズベキスタン 2 - 1 aet  ベトナム  カタール 1 - 0  韓国 16
4 2020年 タイ王国の旗 タイ  韓国 1 - 0 aet  サウジアラビア  オーストラリア 1 - 0  ウズベキスタン 16
5 2022年 ウズベキスタンの旗 ウズベキスタン  サウジアラビア 2 - 0  ウズベキスタン  日本 3 - 0  オーストラリア 16

統計[編集]

代表別通算成績[編集]

国・地域名
1  サウジアラビア 1 2 0 0 3
2  韓国 1 1 0 2 4
3  ウズベキスタン 1 1 0 1 3
4  イラク 1 0 1 0 2
4  日本 1 0 1 0 2
6  ベトナム 0 1 0 0 1
7  カタール 0 0 1 1 2
7  オーストラリア 0 0 1 1 2
9  ヨルダン 0 0 1 0 1
  • データは2022年大会終了時点
  • 太字は優勝経験のある国・地域で、太数字は最多記録
  • 国・地域名は現在の名称で統一した

優勝回数[編集]

回数 国名
1  イラク 2013
 日本 2016
 ウズベキスタン 2018
 韓国 2020
 サウジアラビア 2022

表彰[編集]

大会 大会MVP 得点王 得点数 フェアプレー賞
2013 イラクの旗 アムジャド・カラフ イランの旗 カーヴェ・レザーイー 5  韓国
2016 日本の旗 中島翔哉 カタールの旗 アーメド・アラエルディン 6  日本
2018 ウズベキスタンの旗 オディルジョン・ハムロベコフ カタールの旗 アルモエズ・アリ 6  ベトナム
2020 大韓民国の旗 元斗才 タイ王国の旗 ジャルーンサック・ウォンゴーン 3  サウジアラビア
2022 サウジアラビアの旗 アイマン・ヤヒヤ 大韓民国の旗 趙英旭 3  サウジアラビア

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]