サッカースロベニア代表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
サッカースロベニア代表
国または地域 スロベニアの旗 スロベニア
協会 スロベニアサッカー協会
愛称 Green Dragon
監督 スロベニアの旗 スレチコ・カタネッツ
最多出場選手 ボシュティアン・ツェサル(96試合)
最多得点選手 ズラトコ・ザホヴィッチ(35得点)
ホームカラー
アウェイカラー
初の国際試合 1991年6月19日クロアチア
0-1
最大差勝利試合 1999年2月8日オマーン
7-0
最大差敗戦試合 2002年10月12日フランス
0-5
FIFAワールドカップ
出場回数 2回(初出場は2002
最高成績 グループリーグ敗退(2002、2010)
UEFA欧州選手権
出場回数 1回
最高成績 グループリーグ敗退(2000)

サッカースロベニア代表スロベニア語: Slovenska nogometna reprezentanca)はスロベニアサッカー協会(NZS)によって編成されるスロベニアサッカーのナショナルチームである。

歴史[編集]

概要[編集]

1991年にユーゴスラビアからスロベニアが独立し、スロベニア代表が誕生した。スロベニアは1991年6月25日に独立を宣言したが、その直前の6月19日にスロベニアのムルスカ・ソボタで初試合を行った。対戦相手は、スロベニアと同時にユーゴスラビアから独立したクロアチアだった。

1998 FIFAワールドカップ予選まで[編集]

スロベニアの国土は山がちであり、そのためウインタースポーツ、特にアルペンスキー競技が盛んに行われていた。相対的にサッカーの人気は低く、旧ユーゴスラビア構成諸国家の中でも比較的ユーゴスラビア代表に輩出した人数は少ないものであった。そのためスロベニアは他のナショナルチームであるセルビア・モンテネグロクロアチアボスニア・ヘルツェゴビナマケドニアに比して実力がないであろうと捉える向きが多かった。相性の悪さも手伝ってか、1991年にスロベニア代表最初の試合が行われて以来、2005年12月に至るまでスロベニアはこれら旧ユーゴスラビア構成諸国家4つの代表に対して1勝も挙げていない。

その中で実質的な初代代表監督を引き受けたズデンコ・ベルデニックの当面の仕事は、UEFA EURO '96予選、そして1998 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選をどう戦うかと言うものであった。ワールドカップ出場経験がある中盤の要たるスレチコ・カタネッツは代表を引退し、カタネッツに代わって代わってスロベニアの顔になったのは攻撃的な役割を担うズラトコ・ザホヴィッチであった。

EURO '96予選の滑り出しは、ホームながらイタリアを相手に引き分けと言う、望外の出来であったが、イタリア以外にエストニアリトアニアウクライナ、クロアチアが入ったグループで3勝2分5敗と大きく負け越して予選を終えた。続く1998 FIFAワールドカップ予選はギリシャデンマーク、クロアチア、ボスニア・ヘルツェゴビナと同組に入り、1分7敗という成績で最下位となった。

UEFA EURO 2000[編集]

1998 FIFAワールドカップ予選を最下位で終えたスロベニアに対しての評価は当然であるが高くはなかった。UEFA EURO 2000予選に当たってはノーマークであったと言ってもいい。その様な状況の中でベルデニックに代わって監督を引き受けたのが、スレチコ・カタネッツであった。

カタネッツ率いる新生スロベニア代表は、ギリシャ、ノルウェーラトビアジョージアアルバニアのグループをEURO 2000の予選を5勝2分3敗、ノルウェーに続く2位でグループリーグを終了、プレーオフに望みを繋いだ。プレーオフはウクライナと対戦。ホームで2-1と勝利し、アウェーで引き分けた事によって本大会進出を決めた。

元来スロベニアはサッカーがそれほど盛んではない国と捉えられており、直前のワールドカップ予選では散々な成績だっただけに、欧州選手権本戦出場には多くの人が驚いた。欧州選手権本戦では、ユーゴスラビアスペイン、ノルウェーと同組、スペインに1-2で負けたのみの2分1敗であったが、2002 FIFAワールドカップに向けて注目のナショナルチームとなった。

2002 FIFAワールドカップ[編集]

2002 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選は、ロシア、ユーゴスラビア、スイスルクセンブルクフェロー諸島と同組になった。実質的にロシア、ユーゴ、スロベニアの3カ国で、予選突破とプレーオフ進出の椅子を争う内容である。このグループでスロベニアは5勝5分の2位で通過、プレーオフに回った。プレーオフでスロベニアと対戦したのは、ルーマニアで、EURO 2000のプレーオフと同様ホームでの試合に先勝して、アウェーで引き分けに持ち込むという方法でプレーオフを通過。ワールドカップ本大会への出場資格を獲得した。

本戦では、スペイン、パラグアイ南アフリカと同組になり、3戦全敗で大会を後にした。スペイン戦後、カタネッツとザホヴィッチの確執により、ザホヴィッチがチームを離れた事も大きな痛手となった。この大会でスロベニア代表に選出されたジェリコ・ミリノビッチジェフユナイテッド市原)は開催国である日本韓国両代表の選手以外で、どちらかのリーグでプレーする唯一の選手であった。

2010 FIFAワールドカップまで[編集]

UEFA EURO 2004予選はグループ2位でプレーオフに進むもクロアチアに敗れた。その後低迷し、2006 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選は4位、UEFA EURO 2008予選は5位で予選敗退。これにより2010 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選のシードでは5番目のポットEまで下げられ、チェコ・ポーランド・北アイルランド・スロバキア・サンマリノと同じグループに入った。下馬評で有利と思われたチェコとポーランドが勝ち点を積み重ねられず、その結果首位通過したスロバキアに次ぐ2位でプレーオフ進出を決めた。第5シードのチームがプレーオフに進んだのは史上初で、第4シード・第5シードが上位を独占したのも史上初である。プレーオフでは、フース・ヒディンク率いるロシア代表と対戦。戦力的には不利とされる中、アウェイでの第1戦では2-1と敗れたが貴重なアウェイゴールを挙げる。ホームで迎えた第2戦では1-0と勝利し、結果、アウェイゴールの差で本大会出場を決めた。ヨーロッパ予選プレーオフで初めて第1戦で敗れたチームが逆転で突破した。

本戦では、イングランドアメリカ合衆国アルジェリアと同組になった。グループリーグ第1戦のアルジェリア戦ではロベルト・コレンの得点で1-0で破りワールドカップ初勝利を挙げた[1]。第2戦はアメリカ合衆国と2-2の引分、第3戦のイングランド戦は23分に失点を許し0-1でリードされるも、同時進行していたアメリカ対アルジェリア戦が0-0のまま進んでいたため、決勝トーナメント進出の可能性が残されていた。しかし、アメリカがロスタイムに決勝点を決め1-0で勝利を収めたため[2]、スロベニアの初の決勝トーナメント進出はならなかった[3]

なお前日本代表監督のイビツァ・オシムはワールドカップ前に出した著書の中で「スロベニアがサプライズを起こしても、何の不思議もない」と潜在能力を評価している。

2010 FIFAワールドカップ以降[編集]

UEFA EURO 2012予選2014 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選UEFA EURO 2016予選2018 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選ですべて敗退。

FIFAワールドカップの成績[編集]

FIFAワールドカップ FIFAワールドカップ・予選
開催年 結果 試合 勝利 引分 敗戦 得点 失点 試合 勝利 引分 敗戦 得点 失点
フランスの旗 1998 予選敗退 8 0 1 7 5 20
大韓民国の旗 日本の旗 2002 グループリーグ敗退 3 0 0 3 2 7 12 6 6 0 20 11
ドイツの旗 2006 予選敗退 10 3 3 4 10 13
南アフリカ共和国の旗 2010 グループリーグ敗退 3 1 1 1 3 3 12 7 2 3 20 6
ブラジルの旗 2014 予選敗退 10 5 0 5 14 11
ロシアの旗 2018 予選敗退 10 4 3 3 12 7
合計 2/20 6 1 1 4 5 10 62 25 15 22 81 68

UEFA欧州選手権の成績[編集]

UEFA欧州選手権 UEFA欧州選手権・予選
開催年 結果 試合 勝利 引分 敗戦 得点 失点 試合 勝利 引分 敗戦 得点 失点
イングランドの旗 1996 予選敗退 10 3 2 5 13 13
ベルギーの旗 オランダの旗 2000 グループリーグ敗退 3 0 2 1 4 5 12 6 3 3 15 16
ポルトガルの旗 2004 予選敗退 10 4 3 3 16 14
オーストリアの旗 スイスの旗 2008 12 3 2 7 9 16
ポーランドの旗 ウクライナの旗 2012 10 4 2 4 11 7
フランスの旗 2016 12 5 2 5 19 14
合計 1/15 3 0 2 1 4 5 66 25 14 27 83 80

歴代監督[編集]

2017年3月26日現在

氏名 期間 試合 備考
スロベニアの旗 ボヤン・プラシュニカル(en) 1991-1993 5 1 2 3
スロベニアの旗 ズデンコ・ベルデニック 1994-1997 32 10 8 14
スロベニアの旗 ボヤン・プラシュニカル 1997 5 1 1 3
スロベニアの旗 スレチコ・カタネッツ 1997-2002 46 18 15 13 EURO 20002002 FIFAワールドカップ出場
スロベニアの旗 ボヤン・プラシュニカル 2002-2004 16 6 3 4
スロベニアの旗 ブランコ・オブラク(en) 2004-2006 23 6 7 10
スロベニアの旗 マティアジュ・ケク(en) 2007-2011 49 20 9 20 2010 FIFAワールドカップ出場
スロベニアの旗 スラヴィシャ・ストヤノヴィチ(en) 2011-2012 9 2 2 5
スロベニアの旗 スレチコ・カタネッツ 2013- 37 14 6 17

選手[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Koren gets Slovenia off and running - UEFA.com 2010年6月25日閲覧
  2. ^ Donovan rescues US hopes - UEFA.com 2010年6月25日閲覧
  3. ^ England through as Slovenia fall - UEFA.com 2010年6月25日閲覧

外部リンク[編集]