ヤン・オブラク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヤン・オブラク Football pictogram.svg
Jan Oblak (cropped).jpg
名前
ラテン文字 Jan OBLAK
基本情報
国籍 スロベニアの旗 スロベニア
生年月日 (1993-01-07) 1993年1月7日(24歳)
出身地 シュコーフィア・ロカ
身長 188cm
体重 83kg
選手情報
在籍チーム スペインの旗 アトレティコ・マドリード
ポジション GK
背番号 13
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2009-2010 スロベニアの旗 オリンピア・リュブリャナ 34 (0)
2010-2014 ポルトガルの旗 ベンフィカ 16 (0)
2010 ポルトガルの旗 ベイラ・マル (loan) 0 (0)
2011-2012 ポルトガルの旗 オリャネンセ (loan) 0 (0)
2011-2012 ポルトガルの旗 ウニオン・レイリア (loan) 16 (0)
2012-2013 ポルトガルの旗 リオ・アヴェ (loan) 28 (0)
2014- スペインの旗 アトレティコ・マドリード 79 (0)
代表歴2
2009 スロベニアの旗 スロベニア U-17 1 (0)
2009 スロベニアの旗 スロベニア U-18 2 (0)
2010-2012 スロベニアの旗 スロベニア U-20 4 (0)
2009-2013 スロベニアの旗 スロベニア U-21 18 (0)
2012- スロベニアの旗 スロベニア 14 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2017年6月18日現在。
2. 2017年6月10日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ヤン・オブラクJan Oblak, 1993年1月7日 - )は、スロベニア出身のサッカー選手リーガ・エスパニョーラアトレティコ・マドリード所属。スロベニア代表。ポジションはゴールキーパー

経歴[編集]

キャリア初期からポルトガル時代[編集]

母国のNKオリンピア・リュブリャナ所属時、16歳でスロベニアリーグデビューを飾り、17歳で正ゴールキーパーになった。その後ポルトガルのSLベンフィカへ引き抜かれ、数シーズンにわたるレンタル移籍を経て、2013-14シーズンの後半にレギュラーに定着し、同シーズンのプリメイラリーガ最優秀GKに選ばれた。

アトレティコ・マドリード[編集]

2014年7月16日、スペインリーガ・エスパニョーラプリメーラ・ディビシオンアトレティコ・マドリードはオブラクが完全移籍で加入することを発表した[1]。アトレティコは正守護神であったティボ・クルトゥワが前シーズン限りで期限付き移籍の満了によりチェルシーFCへと復帰していた。移籍金は1600万ユーロ(約21億円)とされていて、この金額はゴールキーパーとしてのスペイン国内史上最高額である[2]。背番号はダビド・デ・ヘアや前述のティボ・クルトゥワといった名手たちがかつて着用していた13番に決定した。

高額な移籍金で加入したオブラクへの期待は高かったが2014-15シーズンの開幕前に負傷してしまったため、ディエゴ・シメオネ監督は国内リーグ戦ではオブラクと同時に獲得したミゲル・アンヘル・モジャを好んで起用した。2014年9月16日、UEFAチャンピオンズリーグのグループステージ第1節、ギリシャオリンピアコスFC戦に先発出場しアトレティコでのデビューを果たした。しかしこの試合でオブラクはミスを連発し、試合も2-3で敗れた。そのため国内リーグ戦や、チャンピオンズリーグでも控えに回ることとなった。

2015年3月17日、チャンピオンズリーグ・準々決勝で対戦したドイツバイエル・レヴァークーゼンとのセカンドレグにおいて、先発出場したモジャが負傷により交代を余儀なくされたため、急きょ投入された。その試合のPK戦でセーブを見せるなどピンチを救い、準決勝進出に貢献した。その後は国内リーグ戦でも先発出場を続け、モジャの復帰後もレギュラーの座を守り抜いた。このシーズン、国内リーグ戦では11試合に出場し6失点という成績をおさめた。

2015-16シーズンも正守護神としてプレーた。チーム内で唯一となる38試合すべてでフル出場を果たし、24試合でクリーンシート(無失点試合)を達成。総失点数はわずか18で、1試合あたりの平均失点は0.47と驚異的な記録を残した。この成績から、最優秀ゴールキーパーに贈られるサモラ賞を受賞した。また、失点率0.47は1993-94シーズンにデポルティーボ・ラ・コルーニャフランシスコ・リアーノが記録したリーガ・エスパニョーラ最小失点記録に並んでいる[3]。チャンピオンズリーグでもグループステージから全試合フル出場し、決勝へ導く活躍を見せた。決勝はレアル・マドリードとのマドリードダービーとなりPK戦の末、敗れたものの準優勝を果たした。

代表歴[編集]

年代別のスロベニア代表を経験しており、2012年9月A代表デビュー。代表にはサミール・ハンダノヴィッチが絶対的な正守護神として君臨していたため、主に控えとして招集されていた。2015年にハンダノヴィッチが代表から引退することを発表したため、以降は正キーパーの座を受け継いだ。

タイトル[編集]

クラブ[編集]

SLベンフィカ
アトレティコ・マドリード

個人[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]