ホセ・アンヘル・イリバル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ホセ・アンヘル・イリバル Football pictogram.svg
Iribar (Athletic) - 2.jpg
名前
本名 ホセ・アンヘル・イリバル・コルタハレナ
愛称 エル・チョポ (El Chopo)
ラテン文字 José Ángel Iribar
基本情報
国籍 スペインの旗 スペイン
生年月日 1943年3月1日(72歳)
出身地 ギプスコア県サラウツ
身長 181cm
選手情報
ポジション GK
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1961-1962
1962-1980
バスコニア
アスレティック・ビルバオ

466 (0)
代表歴
1964-1976[1]
1979
スペインの旗 スペイン
バスク州の旗 バスク
49 (0)
1 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ホセ・アンヘル・イリバル・コルタハレナ(José Ángel Iribar Cortajarena、1943年3月1日 - )は、スペイン出身のサッカー選手、サッカー指導者である。

経歴[編集]

CDバスコニアを経て、1962年にアスレティックのトップチームでデビューを飾る。アスレティックの一員として、1969年と1973年にコパ・デル・ヘネラリシモに優勝し、1977年にはUEFAカップの決勝に進出した。1970年にはサモラ賞を受賞した。ラ・リーガ通算では466試合に出場した。1970-71シーズンには、ホームゲームでの10試合連続完封、1018分無失点という記録を樹立し、いまだ破られていない[2]

スペイン代表には1964年にデビューして通算49試合に出場した。1966年ワールドカップでは3試合に出場した。彼は1964年欧州選手権に優勝したスペイン代表のメンバーでもあった。

1975年12月5日には、レアル・ソシエダの主将イグナシオ・コルタバリアとともに、試合前のセンターサークルにバスクの旗イクリニャを広げた。これはフランコの死後、公の場で最初の国旗掲揚だった。その後、彼はバスクの地元政治に関わるようになり、分離独立主義連合エリ・バタスナの創立会員だった。

1980年に現役を退き、アスレティックのコーチングスタッフに加わった。1983-84シーズンにはリザーブチームのビルバオ・アスレティックの監督としてチームを歴代最高順位のセグンダ・ディビシオン2位に導いた。1986-87シーズンにはトップチームを率いた。1988年からはバスク代表で監督を務める。

タイトル[編集]

アスレティック・ビルバオ

スペイン

個人賞

出典[編集]

  1. ^ “Jose Angel Iribar - International Matches” (英語). The Rec.Sport.Soccer Statistics Foundation. http://www.rsssf.com/miscellaneous/iribar-intl.html 
  2. ^ Diego López Misses Out On Record” (英語). GOAL.com (2008年10月6日). 2009年3月25日閲覧。

外部リンク[編集]