サラウツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Zarautz

Coat of Arms of Zarautz.svg

Zarautz menditik.jpg
Flag of the Basque Country.svg バスク州
Gipuzkoa flag.svg ギプスコア県
面積 14.80 km²
標高 4m
人口 22,988 人 (2015年)
人口密度 1,553.24 人/km²
住民呼称 zarauzano, na, zarauztarra
Zarautzの位置(スペイン内)
Zarautz
Zarautz
スペイン内サラウツの位置
Zarautzの位置(ギプスコア県内)
Zarautz
Zarautz
ギプスコア県内サラウツの位置

北緯43度17分00秒 西経2度10分00秒 / 北緯43.28333度 西経2.16667度 / 43.28333; -2.16667座標: 北緯43度17分00秒 西経2度10分00秒 / 北緯43.28333度 西経2.16667度 / 43.28333; -2.16667

サラウツバスク語: Zarautz)またはサラウススペイン語: Zarauz)は、スペインバスク州ギプスコア県ムニシピオ(基礎自治体)。公式名はバスク語表記のZarautz。人口は22,000人程度だが、夏季の観光シーズンには約60,000人となる。

地理[編集]

インダ山から見たサラウツの町とビスケー湾
サラウツの町の中心部

バスク州内有数で、カンタブリア海沿岸でも1、2を争う規模の砂浜を持ち、「砂浜の女王」(La Reina de las Playas)と称される。サラウツの市街地のすぐ東にはサン・ペラヨ川(バスク語、San Pelaio Erreka)という河川が流れている。

歴史[編集]

1237年、カスティーリャ王フェルナンド3世によって町としてサラウツは建設された。16世紀まで、住民は漁業、特に捕鯨に従事していた。ビスカヤ沿岸の海からタイセイヨウセミクジラが消えると、住民は農業や家具製造、船の建造に産業の転換を迫られた。

16世紀からあったナロス宮殿は、イサベル2世が夏の離宮としていた。このため貴族や上流階級の人々が19世紀に、遊歩道沿いに邸宅や住宅を築いた。

1980年11月3日、バスク祖国と自由(ETA)がサラウツでグアルディア・シビル(治安警備隊)を襲撃し、5人が死亡する事件があった。この年はバスク祖国と自由によるテロの犠牲者がもっとも多かった年である。

政治[編集]

議会[編集]

サラウツ議会選挙結果
政党 2015[1] 2011[2] 2007[3]
得票率 議席 得票率 議席 得票率 議席
バスク民族主義党 (EAJ/PNV) 41.84% 10 25.05% 6 22.93% 5
エウスカル・エリア・ビルドゥ (EH Bildu) / ビルドゥ 31.56% 7 37.82% 9 - -
バスク社会党 (PSE-EE-PSOE) 10.66% 2 13.1% 3 21.22% 5
イラバシ 9.87% 2 - - - -
国民党 (PP) 3.73% 0 8.3% 1 10.52% 2
バスク統一左翼/アララール - - 9.2% 2 19.05% 4
アマイカバット (H1!) - - 4.61% 0 - -
バスク連帯 (EA) - - - - 23.85% 5

首長[編集]

首長一覧(1979-)
任期 首長名 政党
1979–1983 Imanol Murua PNV
1983–1987 Imanol Murua Arregi PNVのちにEA
1987–1991 Antonio Alberdi Zabalegi EA
1991–1995 Antonio Alberdi Zabalegi EA
1995–1999 Imanol Murua Arregi EA
1999–2003 Maite Etxaniz Balentziaga EA
2003–2007 Maite Etxaniz Balentziaga EA
2007–2011 Jon Urien Krespo EAのちにアマイカバット
2011–2015 Juan Luis Illarramendi Roteta ビルドゥ
2015–2019 Xabier Txurruka Fernández PNV
2019– n/d n/d

交通[編集]

バスク鉄道のサラウツ駅

サラウツの市街地のすぐ南側には、E70号線英語版の一部である、AP-8スペイン語版が東西方向に通っており、ヨーロッパの道路網と接続している。また、スペイン国道N-634号線英語版は、市街地を東西方向に貫いている。

さらに、バスク鉄道の路線も東西方向に市街地を貫いており、市街地の中心部にサラウツ駅が、そこよりも東のサン・ペラヨ川のすぐ西にサン・ペラヨ・サラウツ駅が設置されており、ギプスコア県都サン・セバスティアンやビスカヤ県都ビルバオなどと接続している。

この他、自治体内を2つのバス路線が通っている。

文化[編集]

サラウツには写真博物館と芸術・歴史博物館という2つの博物館がある。Dorre Luzeaでは頻繁に展示会が開催される。自治体内には多くの写真ギャラリーがある。

バスク地方の伝統である美食文化はサラウツでも重要な要素である。多くのレストランがあり、伝統的バスク料理または現代的な新バスク料理を提供している。1967年には料理人のルイス・イリサールがサラウツにスペイン3番目となる料理学校を開校させた[4]。スペインでもっとも有名な料理人のひとりであるカルロス・アルギニャーノは、1978年からサラウツの浜辺にあるホテル・レストランのシェフを務めている。バスク地方の他地域同様に、サラウツにはチョコ(Txoko)と呼ばれる多くの美食クラブが存在する。

スポーツ[編集]

2007年にプロ・サーフ世界選手権会場となったサラウツ

サラウツには大きな砂浜があり、マリンスポーツも行われる。また市街地の北東端には、1916年に設立された、敷地面積約0.165 km2で、9つのホールを備えたゴルフ場もある[5]

出身者[編集]

姉妹都市[編集]

脚注[編集]

  1. ^ スペイン内務省: “Reultados elecciones municipales Zarauz 2015”. 2015年6月5日閲覧。
  2. ^ スペイン内務省: “Reultados elecciones municipales Zarauz 2011”. 2011年11月11日閲覧。
  3. ^ スペイン内務省: “Reultados elecciones municipales Zarauz”. 2011年11月11日閲覧。
  4. ^ 高城剛『人口18万人の街がなぜ美食世界一になれたのか』祥伝社新書、2012年、pp.106-108
  5. ^ Castellano/ Turismo activo/ Golf