マルセリーノ・ガルシア・トラル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マルセリーノ・ガルシア・トラル Football pictogram.svg
Marcelino García Toral.jpg
名前
ラテン文字 Marcelino García Toral
基本情報
国籍 スペインの旗 スペイン
生年月日 1965年8月14日(48歳)
出身地 アストゥリアス州, ビジャビシオーサ
選手情報
ポジション MF
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1985-1989
1989-1990
1990-1991
ヒホン
ラシン・サンタンデール
レバンテ
74 (2)
32 (4)
33 (0)
代表歴
1983-1984
1985
1985
1985-1987
U-18スペイン
U-19スペイン
U-20スペイン
U-21スペイン
6 (0)
1 (0)
6 (1)
7 (0)
監督歴
1997-1998
1998-2003
2003-2005
2005-2007
2007-2008
2008-2009
2011
2011-2012
2013-
CDレアルタ
ヒホンB
ヒホン
レクレアティーボ
ラシン・サンタンデール
サラゴサ
ラシン・サンタンデール
セビージャ
ビジャレアル
1. 国内リーグ戦に限る。
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj

マルセリーノ・ガルシア・トラル(Marcelo "Marcelino" García Toral, 1965年8月14日 - )は、スペインアストゥリアス州出身の元サッカー選手、現サッカー指導者。選手時代のポジションは攻撃的ミッドフィールダー

経歴[編集]

選手時代[編集]

U-18代表から各年代の世代別スペイン代表に選出され、1985年にはFIFAワールドユース選手権に出場して準優勝した。スポルティング・ヒホンの下部組織出身で、1985年12月22日、セルタ・デ・ビーゴ戦(1-1)でトップチームデビューし、1986-87シーズンにはプリメーラ・ディビシオン(1部)4位となったチームでキャリアハイの33試合に出場した。ともにセグンダ・ディビシオン(2部)のラシン・サンタンデールレバンテUDにも在籍したが、どちらのクラブでもセグンダ・ディビシオンB(3部相当)降格を経験し、26歳だった1991年に現役引退した。

指導者時代[編集]

33歳だった1997年、下部リーグのCDレアルタの監督に就任して指導者の道を歩み始めた。1998年にはセグンダBのヒホンB監督に就任し、5シーズン中4シーズンはセグンダBに在籍した。2003年にはセグンダに在籍していたヒホンのトップチーム監督に昇進し、2003-04シーズンは5位、2004-05シーズンは10位となった。2005年にはレクレアティーボ・ウェルバの監督に就任し、2005-06シーズンにはセグンダ・ディビシオン優勝とプリメーラ昇格に導いた。2006-07シーズンのレクレアティーボは降格候補の筆頭に挙げられたが、クラブ史上最高位の8位に躍進し、ミゲル・ムニョス賞(リーグ最優秀監督賞)を受賞した。

2006年夏にはレアル・ベティス監督就任が内定していたが、フロントの介入に嫌気が差して辞退し、戦力的にはベティスに劣るラシン・サンタンデールの監督に就任した。2007-08シーズンには開幕から驚異的な堅守を見せ、シーズンをリーグ6位で終えてUEFAカップ出場権を獲得した。41失点はリーグ3位の好記録だった。2008年夏にはバレンシアCF監督就任の噂があったが、2008年5月、セグンダに降格したレアル・サラゴサの監督に就任した[1]。2008年12月、スペイン国内最高年俸だったベルント・シュスター監督(レアル・マドリード)が退任したため、年俸240万ユーロのマルセリーノが最高年俸監督となった[2]。2008-09シーズンは後半戦に順位を上げて2位でプリメーラ復帰を決めた。しかし、2009-10シーズンは14節までに3勝3分8敗であり、降格圏間近の17位まで順位が低迷。2009年12月13日、成績不振により解任された[3]

2011年2月初頭、ミゲル・アンヘル・ポルトゥガル監督の後任として、下位に沈む古巣ラシン・サンタンデールの監督に就任し[4][5]、12位で2010-11シーズンを終えた。ラシン・サンタンデールとの契約は2012年夏までであったが、給料の未払いが続くクラブに不信感を持ち[6]、契約を解除してセビージャFC監督に就任した[7]。しかし、2011-12シーズンは中位に低迷し、ビジャレアルCF戦(1-2)に敗れて7戦連続未勝利となったため、2012年2月6日、成績不振を理由に解任された[8][9]

2013年1月、フリオ・ベラスケス監督の後任として、(当時セグンダの)ビジャレアル監督に就任した。

タイトル[編集]

選手時代[編集]

代表
  • U-20スペイン代表
FIFAワールドユース選手権 準優勝 (1) : 1985

指導者時代[編集]

クラブ
  • レクレアティーボ・ウェルバ
セグンダ・ディビシオン 優勝 (1) : 2005–2006
プリメーラ・ディビシオン 昇格 (1) : 2005–2006
  • レアル・サラゴサ
プリメーラ・ディビシオン 昇格 (1) : 2008–2009
個人
プリメーラ・ディビシオン : 2006–2007
セグンダ・ディビシオン : 2008–2009

脚注[編集]

  1. ^ “Marcelino será el nuevo entrenador del Real Zaragoza” (Spanish). Real Zaragoza. (2008年5月28日). オリジナル2008年5月30日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20080530225747/http://www.realzaragoza.com/r2z/paginas/noticias.php?id=2745 2008年5月28日閲覧。 
  2. ^ El País、2009年6月14日、66頁
  3. ^ Saragossa entlässt Trainer Marcelino (ドイツ語)
  4. ^ 指揮官解任のラシン、マルセリーノ氏が再登板msnトピックス、2011年2月10日
  5. ^ Racing look to match big boys ESPN Soccernet、2011年2月13日
  6. ^ マルセリーノがラシン退団を決断、セビージャ指揮官にGoal.com、2011年6月6日
  7. ^ セビージャの新監督にマルセリーノ氏UEFA.com、2011年6月7日
  8. ^ セビージャがマルセリーノを解任Goal.com、2012年2月6日
  9. ^ Míchel por Marcelino El Mundo、2012年2月6日 (スペイン語)

外部リンク[編集]