マルセリーノ・ガルシア・トラル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この人名にはスペイン人名慣習英語版が使われており、最初もしくは父方のファミリーネームはガルシア、二番目もしくは母方のファミリーネームはトラルである。
マルセリーノ・ガルシア・トラル Football pictogram.svg
Marcelino García Toral.jpg
名前
ラテン文字 Marcelino García Toral
基本情報
国籍 スペインの旗 スペイン
生年月日 1965年8月14日(50歳)
出身地 アストゥリアス州の旗 アストゥリアス州
ビリャビシオサ
身長 170cm
選手情報
ポジション MF
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1985-1989 スペインの旗 スポルティング・ヒホン 74 (2)
1989-1990 スペインの旗 ラシン・サンタンデール 32 (4)
1990-1992 スペインの旗 レバンテ 48 (1)
1992-1994 スペインの旗 エルチェ 49 (1)
通算 203 (8)
代表歴
1983-1984 スペインの旗 スペイン U-18 6 (0)
1985 スペインの旗 スペイン U-19 1 (0)
1985 スペインの旗 スペイン U-20 6 (1)
1985-1987 スペインの旗 スペイン U-21 7 (0)
監督歴
1997-1998 スペインの旗 レアルタ
1998-2003 スペインの旗 スポルティング・ヒホンB
2003-2005 スペインの旗 スポルティング・ヒホン
2005-2007 スペインの旗 レクレアティーボ
2007-2008 スペインの旗 ラシン・サンタンデール
2008-2009 スペインの旗 サラゴサ
2011 スペインの旗 ラシン・サンタンデール
2011-2012 スペインの旗 セビージャ
2013- スペインの旗 ビジャレアル
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

マルセリーノ・ガルシア・トラル(Marcelo "Marcelino" García Toral、1965年8月14日 - )は、スペインアストゥリアス州出身の元サッカー選手、現サッカー指導者。選手時代のポジションは攻撃的ミッドフィールダー (MF) 。

経歴[編集]

選手時代[編集]

U-18代表から各年代の世代別スペイン代表に選出され、1985年にはFIFAワールドユース選手権に出場して準優勝した。スポルティング・デ・ヒホンの下部組織出身で、1985年12月22日、セルタ・デ・ビーゴ戦 (1-1) でトップチームデビューし、1986-87シーズンにはプリメーラ・ディビシオン(1部)4位となったチームでキャリアハイの33試合に出場した。ともにセグンダ・ディビシオン(2部)のラシン・サンタンデールレバンテUDにも在籍したが、どちらのクラブでもセグンダ・ディビシオンB(3部相当)降格を経験し、26歳だった1991年に現役引退した。

指導者時代[編集]

33歳だった1997年、下部リーグのCDレアルタスペイン語版の監督に就任して指導者の道を歩み始めた。1998年にはセグンダBのヒホンB監督に就任し、5シーズン中4シーズンはセグンダBに在籍した。2003年にはセグンダに在籍していたヒホンのトップチーム監督に昇進し、2003-04シーズンは5位、2004-05シーズンは10位となった。2005年にはレクレアティーボ・ウェルバの監督に就任し、2005-06シーズンにはセグンダ・ディビシオン優勝とプリメーラ昇格に導いた。2006-07シーズンのレクレアティーボは降格候補の筆頭に挙げられたが、クラブ史上最高位の8位に躍進し、ミゲル・ムニョス賞(リーグ最優秀監督賞)を受賞した。

2006年夏にはレアル・ベティス監督就任が内定していたが、フロントの介入に嫌気が差して辞退し、戦力的にはベティスに劣るラシン・サンタンデールの監督に就任した。2007-08シーズンには開幕から驚異的な堅守を見せ、シーズンをリーグ6位で終えてUEFAカップ出場権を獲得した。41失点はリーグ3位の好記録だった。2008年夏にはバレンシアCF監督就任の噂があったが、2008年5月、セグンダに降格したレアル・サラゴサの監督に就任した[1]。2008年12月、スペイン国内最高年俸だったベルント・シュスター監督(レアル・マドリード)が退任したため、年俸240万ユーロのマルセリーノが最高年俸監督となった[2]。2008-09シーズンは後半戦に順位を上げて2位でプリメーラ復帰を決めた。しかし、2009-10シーズンは14節までに3勝3分8敗であり、降格圏間近の17位まで順位が低迷。2009年12月13日、成績不振により解任された[3]

2011年2月初頭、ミゲル・アンヘル・ポルトゥガル監督の後任として、下位に沈む古巣ラシン・サンタンデールの監督に就任し[4][5]、12位で2010-11シーズンを終えた。ラシン・サンタンデールとの契約は2012年夏までであったが、給料の未払いが続くクラブに不信感を持ち[6]、契約を解除してセビージャFC監督に就任した[7]。しかし、2011-12シーズンは中位に低迷し、ビジャレアルCF戦 (1-2) に敗れて7戦連続未勝利となったため、2012年2月6日、成績不振を理由に解任された[8][9]

2013年1月、フリオ・ベラスケス監督の後任として、ビジャレアル監督に就任した。

タイトル[編集]

指導者時代[編集]

クラブ[編集]

スペインの旗 レクレアティーボ・ウェルバ

個人[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “Marcelino será el nuevo entrenador del Real Zaragoza” (Spanish). Real Zaragoza. (2008年5月28日). オリジナル2008年5月30日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20080530225747/http://www.realzaragoza.com/r2z/paginas/noticias.php?id=2745 2008年5月28日閲覧。 
  2. ^ El País、2009年6月14日、66頁
  3. ^ Saragossa entlässt Trainer Marcelino(ドイツ語)
  4. ^ 指揮官解任のラシン、マルセリーノ氏が再登板msnトピックス、2011年2月10日
  5. ^ Racing look to match big boys ESPN Soccernet、2011年2月13日
  6. ^ マルセリーノがラシン退団を決断、セビージャ指揮官にGoal.com、2011年6月6日
  7. ^ セビージャの新監督にマルセリーノ氏UEFA.com、2011年6月7日
  8. ^ セビージャがマルセリーノを解任Goal.com、2012年2月6日
  9. ^ Míchel por Marcelino El Mundo、2012年2月6日 (スペイン語)

外部リンク[編集]