マウリシオ・ペジェグリーノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はペジェグリーノ第二姓(母方の)はルナです。
マウリシオ・ペジェグリーノ Football pictogram.svg
Mauricio-Pellegrino-VCF-ESP-2012.jpg
名前
本名 マウリシオ・アンドレス・ペジェグリーノ・ルナ
Mauricio Andrés Pellegrino Luna
ラテン文字 Mauricio PELLEGRINO
基本情報
国籍 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
イタリアの旗 イタリア
生年月日 (1971-10-05) 1971年10月5日(45歳)
出身地 レオネススペイン語版
身長 193cm
体重 83kg
選手情報
ポジション DF
利き足 左足
ユース
1982-1987 アルゼンチンの旗 サルミエント
1987-1990 アルゼンチンの旗 ベレス・サルスフィエルド
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1990-1998 アルゼンチンの旗 ベレス・サルスフィエルド 272 (7)
1998-1999 スペインの旗 バルセロナ 140 (2)
1999-2005 スペインの旗 バレンシア 48 (8)
2005 イングランドの旗 リヴァプール 10 (1)
2005-2006 スペインの旗 アラベス 6 (0)
通算 374 (16)
代表歴
1993  アルゼンチン U-20 2 (0)
1997 アルゼンチンの旗 アルゼンチン 3 (0)
監督歴
2008-2010 イングランドの旗 リヴァプール (アシスタントコーチ)
2010 イタリアの旗 インテル (アシスタントコーチ)
2012 スペインの旗 バレンシア
2013-2015 アルゼンチンの旗 エストゥディアンテス
2015-2016 アルゼンチンの旗 インデペンディエンテ
2016- スペインの旗 アラベス
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

マウリシオ・ペジェグリーノMauricio Andrés Pellegrino Luna, 1971年10月5日 - )は、アルゼンチンコルドバ州出身の元サッカー選手、現サッカー指導者。アルゼンチン代表であった。現役時代のポジションはディフェンダー(センターバック)。マキシミリアーノ・ペジェグリーノスペイン語版は弟であり、彼もセンターバックでプレーする。

経歴[編集]

選手時代[編集]

クラブ[編集]

初期の経歴

1990年にCAベレス・サルスフィエルドからデビューし、クラブの黄金期に4度のリーグ優勝を飾り、1994年にはコパ・リベルタドーレスインターコンチネンタルカップで優勝を果たした。1998年夏、ルイ・ファン・ハール監督が率いるFCバルセロナに移籍し、9月12日のCFエストレマドゥーラ戦 (1-0) でデビューした。1998-99シーズンはかなりの試合に起用され、リーグ優勝を果たした。

バレンシアCF

1999年にバレンシアCFに移籍し、キャリア最高の時期を過ごした。同じアルゼンチン人のロベルト・アジャラとセンターバックのコンビを組み、2度のリーグ優勝と2003-04シーズンのUEFAカップ優勝に貢献した。1999-2000シーズンのUEFAチャンピオンズリーグでは決勝に進出したが、レアル・マドリードとの同国対決に0-3で敗れて準優勝に終わった。2000-01シーズンも同大会で決勝に進出し、バイエルン・ミュンヘンとの対戦は120分を戦って勝敗の行方がPK戦に持ち込まれたが、ペジェグリーノはPK戦でペナルティキックを外している[1]。バレンシアCFには6シーズンの間在籍し、200試合近い公式戦に出場した。

リヴァプールFC

2005-06シーズン序盤は所属クラブがなかったが、2005年1月、バレンシアCF時代の恩師であるラファエル・ベニテス監督が率いていたリヴァプールFCと6ヶ月の短期契約を結び[2]。リヴァプールFCに在籍した初めてのアルゼンチン人選手となった。プレミアリーグでは12試合、公式戦通算13試合に出場したが、彼のプレーは契約延長を果たすのに十分なものではなく、2004-05シーズン終了後にクラブを離れた[3]。その後デポルティーボ・アラベスと契約し、2005-06シーズンは13試合に出場したが、チームはセグンダ・ディビシオン(2部)降格に終わった。2006年夏、デポルティーボ・アラベスとの契約満了にともなって現役引退した。

代表[編集]

1997年にアルゼンチン代表デビューした。同年中に3試合に出場し、コパ・アメリカ1997のメンバーにも選ばれた。

指導者時代[編集]

現役引退後の2006年6月、バレンシアCFのカデッテBの監督に就任した[4]。2008年6月30日にはラファエル・ベニテス監督率いるリヴァプールFCのアシスタントコーチに就任し[5]UEFAチャンピオンズリーグFAカップ優勝に尽力した。2010年夏までリヴァプールFCで指導し、ベニテスのインテル監督就任とともにインテルのアシスタントコーチに就任した[1]。同年12月、ベニテスの監督解任を受けてペジェグリーノも解任された。

2012年にはエストゥディアンテス・デ・ラ・プラタ監督に就任する可能性もあったが[6]、5月8日、バレンシアCFと2年契約を結んで監督に就任することが発表された[1]。しかし、成績不振のため、2012年12月に解任された[7]

所属クラブ[編集]

選手[編集]

指導者[編集]

タイトル[編集]

CAベレス・サルスフィエルド
FCバルセロナ
バレンシアCF

脚注[編集]

外部リンク[編集]