エレニオ・エレーラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はエレーラ第二姓(母方の)はガビランです。
エレニオ・エレーラ Football pictogram.svg
名前
本名 エレニオ・エレーラ・ガビラン
Helenio Herrera Gavilán
ラテン文字 Helenio Herrera
基本情報
国籍 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
フランスの旗 フランス
生年月日 (1910-04-10) 1910年4月10日
出身地 ブエノスアイレス
没年月日 (1997-11-09) 1997年11月9日(87歳没)
監督歴
1944-1945
1945-1948
1948-1949
1949-1952
1952
1953
1953-1956
1956-1958
1958-1960
1960-1968
1968-1970
1973-1974
1978-1979
1979-1981
Puteaux CSM
フランスの旗スタッド・フランス
スペインの旗レアル・バリャドリード
スペインの旗アトレティコ・マドリード
スペインの旗CDマラガ
スペインの旗デポルティーボ
スペインの旗セビージャFC
ポルトガルの旗CFベレネンセス
スペインの旗FCバルセロナ
イタリアの旗インテル・ミラノ
イタリアの旗ASローマ
イタリアの旗インテル・ミラノ
イタリアの旗リミニ
スペインの旗FCバルセロナ
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

エレニオ・エレーラ・ガヴィランHelenio Herrera Gavilán1910年4月10日 - 1997年11月9日)は、アルゼンチンブエノスアイレス出身の元サッカー選手、サッカー指導者。あだ名は『魔術師』。幼少期にフランスへ帰化している。

経歴[編集]

現役時代、レッドスター・オリンピックスタッド・フランスFCOシャルルビルなどでプレーした彼は、引退後に指導者の道を歩む。

1945年、古巣スタッド・フランスで指揮を執った後、1949年レアル・バリャドリードの監督となり、アトレティコ・マドリードCDマラガデポルティーボ・ラ・コルーニャセビージャFCCFベレネンセスで監督を務め、特にアトレティコ・マドリードではリーグを連覇した。そして1958年FCバルセロナの監督に就任し、全盛期にあったレアル・マドリードを抑えてまたもリーグ連覇を達成した。にもかかわらずクラブから解雇を言い渡されたエレーラは、1960年にバルセロナのスター選手であり同年にバロンドールを獲得したルイス・スアレスと共にインテル・ミラノへと移った。

インテル・ミラノでは、カテナチオと呼ばれる守備に秀でた戦術を採り[1]スクデット3回、チャンピオンズカップインターコンチネンタルカップを2連覇する。その強さ、スクデットを5年連続で獲得し、グランデ・トリノと呼ばれた1940年代トリノFCの中心選手であったヴァレンティーノ・マッツォーラの息子であるサンドロ・マッツォーラが所属していたことから、この時期のインテル・ミラノはグランデ・インテルと呼ばれた。

また、フランス代表のアシスタントコーチ(1946-1948)、スペイン代表(1959-1962)とイタリア代表(1966-1968、フェッルッチオ・ヴァルカレッジとの2頭体制)の監督をクラブチームとの兼任で務めた。

獲得タイトル[編集]

アトレティコ・マドリード

FCバルセロナ

インテル

ASローマ

出典[編集]

  1. ^ フロンターレを完封した京都の“カトナチオ””. ジェレミー・ウォーカーのA View From A Brit (2008年4月10日). 2012年8月19日閲覧。