ヘネス・バイスバイラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヘネス・バイスバイラー Football pictogram.svg
Hennes Weisweiler im Vorbereitungstrainingslager Schöneck.jpg
名前
本名 ハンス・バイスバイラー
カタカナ ヘネス・バイスバイラー
ラテン文字 Hennes Weisweiler
基本情報
国籍 ドイツの旗 ドイツ
生年月日 (1919-12-15) 1919年12月15日
出身地 エルフトシュタット
没年月日 (1983-07-05) 1983年7月5日(63歳没)
選手情報
ポジション MF
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ヘネス・バイスバイラー(Hennes Weisweiler, 本名:ハンス・バイスバイラー/Hans Weisweiler, 1919年12月15日 - 1983年7月5日)は、ドイツ出身のサッカー指導者、サッカー選手。1970年代のドイツとヨーロッパを代表する監督。姓はヴァイスヴァイラーとも表記される[1]

人物[編集]

プロイセン王国ライン州(現ノルトライン=ヴェストファーレン州エルフトシュタット生まれ。1.FCケルンに選手(のち監督)として在籍したのち、ゼップ・ヘルベルガーの下でケルン体育大学の主任講師として長く指導者の育成に携わっていたが、1964年にボルシア・メンヒェングラートバッハの監督に就任。ギュンター・ネッツァーベルティ・フォクツライナー・ボンホフら若く才能溢れる選手たちを次々に見出し、一地方の無名クラブをドイツ随一の強豪クラブへと成長させた。そしてドイツ国内でバイエルン・ミュンヘンと激しい覇権争いを繰り返し、またヨーロッパを席巻した。1971-1972シーズンのUEFAチャンピオンズカップ準々決勝インテル・ミラノ戦では、「カテナチオ」として知られる堅い守備の相手をホームで7-1と粉砕したが、サポーターの投げ入れた空き缶が原因で無効試合になった。

日本代表三菱重工の監督を務めた二宮寛と親交があり、日本から選手を短期留学などで迎えていた。再びケルンの監督を務めていた1977年夏、日本代表が西ドイツ国内で合宿をしていた際、その中にいた奥寺康彦の才能に注目し、その場でケルンの獲得オファーを出したが、二宮に権限がなかったため断念。しかし諦め切れず奥寺が所属する古河電工に正式なオファーを出し契約に至った。

スイスグラスホッパー・クラブ・チューリッヒ監督を務めていた1983年、チューリッヒ州のエシュで死去。

選手歴[編集]

指導歴[編集]

タイトル[編集]

  • UEFAカップ 1回(1974-1975)
  • ブンデスリーガ 4回(ボルシアMG=1970-1971, 1971-1972, 1974-1975)(ケルン=1977-1978)
  • DFBポカール 4回(ボルシアMG=1972-1973, 1974-1975)(ケルン=1976-1977, 1977-1978)
  • 北米リーグ 1回(1981)
  • スイスリーグ 1回(1982-1983)
  • スイスカップ 1回(1982-1983)

脚注[編集]

[ヘルプ]