ジャン・ピエロ・ガスペリーニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジャン・ピエロ・ガスペリーニ Football pictogram.svg
Gian-piero-gasperini-2019.png
名前
カタカナ ジャン・ピエロ・ガスペリーニ
ラテン文字 Gian Piero GASPERINI
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
生年月日 (1958-01-26) 1958年1月26日(64歳)
出身地 グルリアスコ
選手情報
ポジション MF
ユース
1967-1976  イタリアの旗 ユヴェントス
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1976-1978  イタリアの旗 ユヴェントス 0 (0)
1977-1978  イタリアの旗 レッジャーナ (loan) 16 (0)
1978-1983  イタリアの旗 パレルモ 128 (11)
1983-1984  イタリアの旗 カヴェーゼ英語版 34 (2)
1984-1985  イタリアの旗 ピストイエーゼ 34 (4)
1985-1990  イタリアの旗 ペスカーラ 160 (21)
1990-1991  イタリアの旗 サレルニターナ 35 (1)
1991-1993  イタリアの旗 ヴィス・ペーザロ 61 (3)
1976-1993  通算 468 (42)
監督歴
1994-2003 イタリアの旗 ユヴェントス (ユース)
2003-2004 イタリアの旗 クロトーネ
2005-2006 イタリアの旗 クロトーネ
2006-2010 イタリアの旗 ジェノア
2011 イタリアの旗 インテル
2012-2013 イタリアの旗 パレルモ
2013 イタリアの旗 パレルモ
2013-2016 イタリアの旗 ジェノア
2016- イタリアの旗 アタランタ
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ジャン・ピエロ・ガスペリーニGian Piero Gasperini, 1958年1月26日 - )は、イタリアグルリアスコ出身の元サッカー選手、現サッカー指導者。現アタランタBCの監督。現役時代のポジションはミッドフィールダー

経歴[編集]

選手時代[編集]

1967年、9歳の時にユヴェントスFCのユースチームに入団。1976年にトップチームに昇格するも出場機会はなく、1977年ACレッジャーナレンタル移籍

1978年には当時セリエBに所属していたUSチッタ・ディ・パレルモに完全移籍。5年間で128試合に出場し11得点を挙げる(すべてセリエB)。1979年にはコッパ・イタリアで決勝まで勝ち進むも、古巣ユヴェントスに敗れ準優勝に終わった。

1985年からはペスカーラ・カルチョに所属。チームの昇格にともない1987年に初めてセリエAでプレーした。その後サレルニターナSSなどを経て、1993年に35歳で現役を退いた。

指導者時代[編集]

初期

1994年、古巣ユヴェントスの下部組織で指導者としてのキャリアを開始。1998年よりプリマヴェーラのヘッドコーチに就任。ドメニコ・クリーシトマッテオ・パーロセバスティアン・ジョヴィンコミケーレ・パオルッチら優秀な若手を育成し、ユヴェントス・プリマヴェーラの黄金時代を築いた。

2003年に当時セリエC1に所属していたFCクロトーネの監督に就任。就任初年度にチームをセリエBに昇格させるなど手腕を発揮し、計3シーズンにわたって指揮を執った。

ジェノア

2006年にはジェノアCFCの監督に就任。2006-2007シーズンのセリエBでユヴェントス、SSCナポリに次ぐ3位に入り、チームを13シーズンぶりのセリエA昇格に導いた[1]

2007-08シーズンは、かつてユースで指導したクリーシトやパーロらを率い、イタリアでは珍しい3-4-3システムによる攻撃サッカーを展開。FWマルコ・ボリエッロの活躍もあり、昇格1年目にして10位と健闘した。

2008-09シーズンには積極的な補強により、FWのディエゴ・ミリートアンドレア・ガスバッローニラファエレ・パッラディーノ、MFのティアゴ・モッタらが加入し、スペクタクルなサッカーをさらに進化させる。リーグ戦ではASローマACミラン、ユヴェントスを撃破するなどの成果を挙げた。また、終盤までACFフィオレンティーナUEFAチャンピオンズリーグ出場権を争い、同勝ち点ながら直接対決の成績で及ばなかったものの、5位でUEFAヨーロッパリーグ出場権を獲得した。

2009-10シーズンは開幕前に主力のミリートとモッタを放出したことも影響し、UEFAヨーロッパリーグはグループリーグ敗退[2]、リーグ戦は9位でシーズンを終えた。

2010-11シーズンも指揮を執ったが開幕より成績が低迷し、2010年11月8日に解任が発表された[3]

インテル

2011年6月、インテルナツィオナーレ・ミラノの監督に就任することが発表された[4][5]。契約期間は2年間。 しかしながら公式戦5試合で4敗1分と成績は全く振るわず、リーグのノヴァーラ・カルチョ戦に敗れた後の9月21日に解任された[6]

パレルモ

2012年9月16日、開幕3試合で勝ち星がなくジュゼッペ・サンニーノ英語版が解任されたUSチッタ・ディ・パレルモの監督に就任したが[7]、クラブを立て直せず最下位に転落し翌年2月4日に解任されることが決定した[8]。しかし後任のアルベルト・マレザーニが3試合で解任され、マウリツィオ・ザンパリーニ会長によって再びパレルモに招聘された[9]。3月11日、クラブとの協議の末契約を解消した[10]

ジェノア

2013年9月29日、ファビオ・リヴェラーニの後任として3年契約を結びジェノアに復帰した[11]

アタランタ

2016年6月14日、アタランタBCの指揮官に就任[12]2016-17シーズンはクラブを史上最高位の4位に導き、UEFAヨーロッパリーグの出場権を獲得した[13]

2017-18シーズンはセリエAとヨーロッパリーグの両立に苦慮し、12月頭までセリエAでは二桁順位が続くも、最終的には7位でフィニッシュ。2年連続でヨーロッパリーグの出場権を獲得した。また、ヨーロッパリーグではエヴァートンFCオリンピック・リヨンという難敵がいるグループを無敗で首位通過するも、決勝トーナメント1回戦でボルシア・ドルトムントに惜敗した。

2018-19シーズンはサパタ、イリチッチなど攻撃陣が好調で、リーグ3位、チーム史上初のチャンピオンズリーグ出場権獲得、コパイタリアでは決勝でラツィオに敗れたが、準優勝に導いた。それらの功績により2019年度セリエA最優秀監督賞を受賞した。

2019-20シーズン、チャンピオンズリーグでは連敗スタートとなったが、その後大逆転で決勝トーナメントに進出させた。

指導者としての特徴[編集]

組織力を活かした攻撃的な3-4-3システムを用いることが多い[14]。燻っている選手の再生に長けており、ジェノアの監督時代にマルコ・ボリエッロジュゼッペ・スクッリティアゴ・モッタらを覚醒させた。

所属クラブ[編集]

イタリアの旗 ACレッジャーナ(レンタル) 1977-1978

指導歴[編集]

監督成績[編集]

クラブ 就任 退任 記録
試合 勝ち 分け 負け 勝率 %
クロトーネ イタリアの旗 2003年7月1日 2004年12月8日 69 32 17 20 046.38
クロトーネ イタリアの旗 2005年4月17日 2006年7月10日 53 24 13 16 045.28
ジェノア イタリアの旗 2006年7月10日 2010年11月8日 186 82 42 62 044.09
インテル イタリアの旗 2011年6月24日 2011年9月21日 5 0 1 4 000.00
パレルモ イタリアの旗 2012年9月16日 2013年2月4日 21 3 7 11 014.29
パレルモ イタリアの旗 2013年2月24日 2013年3月11日 2 0 1 1 000.00
ジェノア イタリアの旗 2013年9月29日 2016年6月14日 111 40 28 43 036.04
アタランタ イタリアの旗 2016年6月14日 188 98 47 43 052.13

タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ レギュレーションでは3位のチームはプレーオフに回るのが原則だが、4位ピアチェンツァ・カルチョとの勝ち点差が10以上であったため規定により自動昇格となった。
  2. ^ 大会敗退を悔やむジェノア監督
  3. ^ ジェノアがガスペリーニを解任 後任はバッラルディーニ
  4. ^ モラッティ:「ガスペリーニに決まって大満足」
  5. ^ インテル、ガスペリーニ氏が新指揮官に
  6. ^ インテルがガスペリーニ監督の解任を発表
  7. ^ パレルモ、3試合で監督解任 後任はガスペリーニ”. Goal.com (2012年9月17日). 2016年10月6日閲覧。
  8. ^ パレルモで今季3度目、ガスペリーニ監督解任”. Goal.com (2013年9月5日). 2016年10月6日閲覧。
  9. ^ パレルモが20日前に解任したガスペリーニ監督を再び監督に”. ゲキサカ (2013年2月25日). 2016年10月6日閲覧。
  10. ^ パレルモ、ガスペリーニが退任”. Goal.com (2013年3月12日). 2016年10月6日閲覧。
  11. ^ ジェノア、セリエ今季初の監督交代 ガスペリーニと3年契約”. Goal.com (2013年9月29日). 2016年10月6日閲覧。
  12. ^ ジェノアを去ったガスペリーニ、アタランタの新監督に”. Goal.com (2016年9月14日). 2016年10月6日閲覧。
  13. ^ なぜアタランタは躍進したのか?特異な3バックを徹底分析”. 2019年1月5日閲覧。
  14. ^ インテル新監督にガスペリーニ、現地紙は長友スタメンの3-4-3を予想

外部リンク[編集]