マッテオ・パーロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マッテオ・パーロ Football pictogram.svg
Matteo Paro Rimini-Juventus 2006.jpg
ユヴェントス時代(2006年)
名前
ラテン文字 Matteo Paro
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
生年月日 (1983-03-17) 1983年3月17日(35歳)
出身地 アスティ
身長 179cm
体重 72kg
選手情報
ポジション MF (CMF)
利き足 右足
ユース
イタリアの旗 トッレッタ
1991-1994 イタリアの旗 アスティ英語版
1994-2000 イタリアの旗 ユヴェントス
2001-2002 イタリアの旗 ユヴェントス
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2000-2003 イタリアの旗 ユヴェントス 1 (0)
2003-2005 イタリアの旗 キエーヴォ 0 (0)
2004-2005 イタリアの旗 クロトーネ (loan) 54 (5)
2005-2006 イタリアの旗 シエーナ 28 (0)
2006-2007 イタリアの旗 ユヴェントス 28 (1)
2007-2012 イタリアの旗 ジェノア 20 (0)
2009-2010 イタリアの旗 バーリ (loan) 0 (0)
2010 イタリアの旗 ピアチェンツァ (loan) 4 (0)
2010-2012 イタリアの旗 ヴィチェンツァ (loan) 47 (4)
2013-2014 イタリアの旗 SPAL 12 (0)
2014-2015 イタリアの旗 マントヴァ 29 (2)
2015-2016 イタリアの旗 クロトーネ 13 (0)
2000-2016 通算 236 (12)
代表歴2
2003 イタリアの旗 イタリア U-20 6 (1)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年4月22日現在。
2. 2015年11月11日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

マッテオ・パーロMatteo Paro, 1983年3月17日 - )は、イタリアピエモンテ州アスティ出身の元サッカー選手。現役時代のポジションMF

経歴[編集]

ユヴェントスFC下部組織出身。2006-07シーズンのカルチョ・スキャンダルによる主力選手の大量放出を受け、共同保有先のACシエーナから戻るとディディエ・デシャンによってレギュラーに抜擢。クリスティアーノ・ザネッティとボランチを組み28試合に出場、1年でのセリエA復帰に貢献した。

2007-08シーズンは同じくセリエA復帰を果たしたジェノアCFCへ移籍。2009年夏、2009-10シーズンより昇格を果たしたASバーリへ期限付き移籍。シーズン後半はピアチェンツァ・カルチョでプレーし、2010年8月からはヴィチェンツァ・カルチョへレンタルとなった。

2013年9月30日、レガ・プロ・セコンダ・ディヴィジオーネに昇格したSPAL 2013と1年契約を結んだ[1]。2014-15シーズンはレガ・プロマントヴァFCでプレー。2015年7月15日、セリエBのFCクロトーネに移籍した[2]。クラブ史上初のセリエA昇格メンバーの一員となり、同シーズン終了後に退団。2016年末に現役引退を表明した。

2017年4月、嘗て共にプレーしたイヴァン・ユリッチがジェノアの新監督に就任することに伴いテクニカルスタッフとして招聘された[3]

タイトル[編集]

ユヴェントス

脚注[編集]

  1. ^ UFFICIALE: Spal, preso un centrocampista ex Juventus”. TuttoMercatoWeb.com (2013年9月30日). 2015年11月11日閲覧。
  2. ^ UFFICIALE: Crotone, arriva Paro dal Mantova”. TuttoMercatoWeb.com (2015年7月15日). 2015年11月11日閲覧。
  3. ^ Genoa, Juric chiama Paro in suo aiuto”. Calciomercato.com (2017年4月13日). 2018年4月22日閲覧。

外部リンク[編集]