レガ・プロ・セコンダ・ディヴィジオーネ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
レガ・プロ・セコンダ・ディヴィジオーネ
加盟国 イタリア
サンマリノ
大陸連盟 FIGC
創立 1978
最終年 2014
参加クラブ 36(各グループ18)
リーグレベル 第4部
上位リーグ レガ・プロ・プリマ・ディヴィジオーネ
下位リーグ セリエD
国内大会 コッパ・イタリア・レガ・プロ
スーペルコッパ・ディ・レガ・ディ・セコンダ・ディヴィジオーネ
最新優勝クラブ バッサーノ・ヴィルトゥス(ジローネA)
メッシーナ(ジローネB) (2013-14)
公式サイト http://www.lega-pro.com
2013-14 Lega Pro Seconda Divisione

レガ・プロ・セコンダ・ディヴィジオーネ(Lega Pro Seconda Divisione)は、イタリアサッカーリーグにおいて上から4番目のリーグであった。2007-08シーズンまではセリエC2(Serie C2, セリエ・チードゥエ)と呼ばれた。

もとは3エリアで構成されたセリエC(Serie C, セリエ・チー)単独のリーグだったが、登録チーム数の増加にともない、1978年に2エリアで構成されるセリエC1と、4エリア(後に2エリアに縮小)で構成されるセリエC2に分割された。2008年にセリエCがレガ・プロに改組された。

2009-2010シーズンまではA・B・Cの3つジローネ(girone)と呼ばれるエリアで構成され、各ジローネで18チームが所属しリーグ全体で54チーム。 2011-2012シーズンはA・Bの2つのジローネでジローネAで21チーム、ジローネBで20チームの41チーム。 2013-2014シーズンは各ジローネに18チームが所属、リーグ全体では36チームが登録されていた。

2014-2015シーズン、レガ・プロ・プリマ・ディヴィジオーネと統合し、新たにレガ・プロとして3ジローネで60チームのリーグに再編された。

昇格[編集]

2013-2014シーズンはレガ・プロ・プリマ・ディヴィジオーネと統合されたため昇格なし。

2010-2011シーズンまで、シーズン終了後、各ジローネの上位1チーム(計3チーム)と2位~5位のチームでプレイオフを行い勝ち残った3チームのあわせた6チームがレガ・プロ・プリマ・ディヴィジオーネへ昇格。

2011-2012シーズンと2012-2013シーズン、シーズン終了後、各ジローネの上位2チーム(計4チーム)と3位~6位のチームでプレイオフを行い勝ち残った各ジローネ1チーム(計2チーム)のあわせた6チームがレガ・プロ・プリマ・ディヴィジオーネへ昇格。

降格[編集]

2013-2014シーズンは各ジローネ9位から12位の4チームでプレイアウトを行い敗者3チーム(計6チーム)と、各ジローネ下位6チーム(計12チーム)のあわせた18チームがセリエDへ降格。 降格18チームの内訳は、通常の降格9チーム、2013-2014シーズンのレガ・プロ・プリマ・ディヴィジオーネレガ・プロ・セコンダ・ディヴィジオーネを合わしたチーム数から統合予定チーム数を引いた9チーム。

2011-2012シーズンから2012-2013シーズン、各ジローネ下位4番目vs下位5番目でプレイアウトを行い勝ち残ったチーム同士でさらにプレイアウトを行い敗者3チームと、各ジローネ下位3チーム(計6チーム)のあわせた9チームがセリエDへ降格。

2009-2010シーズンまで、各ジローネの14位vs17位と15位vs16位のプレイアウトを行いそれぞれの敗者2チーム(計6チーム)と、最下位の3チームあわせた9チームが、下部リーグのセリエDへ降格。

外部リンク[編集]