セリエD (サッカー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
セリエD
Serie-d-logo.jpg
加盟国 イタリア
大陸連盟 UEFA
創立 1948
参加クラブ 168(ジローネA〜I 各18〜20)
リーグレベル 第4部
上位リーグ セリエC
下位リーグ エッチェッレンツァ
国内大会 コッパ・イタリア・セリエD
最新優勝クラブ プロ・パトリア (2017–18)
公式サイト http://www.lnd.it
2018–19 Serie D

セリエD(セリエ・ディ、Serie D)は、イタリアのアマチュアサッカーリーグで、プロ(レガ・カルチョ)を含めると上から4番目の選手権である。なお、アマチュアとしては最上位のリーグであり、Serie Dilettanti(セリエ・ディレッタンティ)とも言われる。リーグはAからIまで9つのエリア(girone)で構成され、各エリアに17〜20クラブが所属、2018-19シーズンはリーグ全体で168クラブが登録されている。

2013-14シーズンまでは5部に値するリーグだったが、このシーズン終了後に3部のレガ・プロ・プリマ・ディヴィジオーネと4部のセコンダ・ディヴィジオーネが統合されたことにより、4番目のリーグとなった。

昇格[編集]

シーズン終了後、各エリアの上位1クラブは無条件でセリエCに昇格となる(計9クラブ)。さらに2位から5位のクラブでプレイオフを行い、勝ち残ったクラブは、不測の事態によりセリエCに欠員が出た場合に昇格となる、昇格次点クラブとされる。

降格[編集]

また、各エリアの下位2クラブは自動的に下部リーグのエッチェッレンツァ英語版へ降格となり、さらに13位vs16位、14位vs15位のクラブがプレイアウトを行い、それぞれの敗者2クラブも降格となる(9エリア合計36クラブ)。

スクデット・ディレッタンティ(セリエD)[編集]

レギュラーシーズン終了後、各エリアの優勝クラブでトーナメントが行われ、勝者にはスクデット・ディレッタンティが贈られる。

歴代優勝クラブ[編集]