LRヴィチェンツァ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
LRヴィチェンツァ
LR Vicenza Virtus (logo).svg
原語表記 L.R. Vicenza S.p.A.
愛称 I Biancorossi (白と赤)
I Berici
Lanerossi
クラブカラー 白と赤
創設年 1902年
ホームタウン ヴィチェンツァ
ホームスタジアム スタディオ・ロメオ・メンティ
収容人数 12,000[1]
代表者 イタリアの旗 レンツォ・ロッソ[2]
監督 イタリアの旗 ドメニコ・ディ・カルロ
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
サードカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

LRヴィチェンツァL.R. Vicenza)は、イタリアヴィチェンツァを本拠地とするサッカークラブ。2021-22シーズンはセリエBに参加している。

歴史[編集]

1902年創設。1910-11シーズンにイタリア選手権に初めて参加し、決勝に進んだが、当時のイタリアで最高のチームのひとつであったプロ・ヴェルチェッリに敗れた[3]。1920年代から1930年代は下位ディビジョンに所属し、1942-43シーズンに初めてセリエAに昇格した。同シーズンは最終節にトリノユヴェントスを6-2で破り、それによって降格を免れた[4]

1946-47シーズンにはセリエAで5位となったが[5]、その翌シーズンは21チーム中20位に沈み、セリエBに降格した[6]。1950年代前半には財政難に直面したが、1953年にスキーオの羊毛会社ラネロッシにクラブが買収され、ラネロッシ・ヴィチェンツァ (Lanerossi Vicenza) に改名された。

1955年から1975年にかけてヴィチェンツァは一度もセリエAから落ちることなく、より名高いクラブを相手に悪戦苦闘を続けた。この時代のヴィチェンツァには、“気高きプロヴィンチャーレ” (Nobile Provinciale) というニックネームが付けられた。1963-64シーズンと1965-66シーズンに6位となり、1965-66シーズンはブラジル人FWのルイス・ヴィニシオが25ゴールで得点王に輝いた[7][8]

1975年にセリエBに降格したが、1976-77シーズンに優勝すると[9]、翌1977-78シーズンのセリエAでは24ゴールを挙げて得点王となった若きパオロ・ロッシを擁して2位となった[10]。このシーズンのチームにはレアル・ヴィチェンツァ (Real Vicenza) というニックネームが付けられた[11]。ユヴェントスからロッシを完全移籍させるために、クラブの会長ジュゼッペ・ファリーナは、当時の最高移籍金額となる2600万リラを支払ったが、1979年にセリエB降格[12]、さらに1981年にはセリエC1に降格した[13]

1980年代中盤、ロベルト・バッジョはこのクラブで自身のキャリアをスタートさせた。1985-86シーズン、セリエBで3位となってセリエA昇格を決めたが、第2次トトネロ(闇サッカー賭博)スキャンダルに関与したことへの処分として昇格が取り消された[14]1986-87シーズンには、セリエC1降格が決まった。[15]

1990年に現在のクラブ名となった。1993年にセリエBに昇格[16]、1995年にセリエAに昇格した[17]。1995-96シーズンのリーグで9位[18]、1997年のコッパ・イタリアではSSCナポリを合計スコア3-1で降して優勝した。コッパ・イタリア優勝により出場権を獲得した1997-98シーズンのカップウィナーズカップでは、準決勝でイングランドのチェルシーに敗れた。

1999年にセリエBに降格、2001年にセリエAに復帰した。2004-05シーズン、負ければセリエC1への降格が決まるセリエBの降格プレーオフにおいてトリエスティーナに敗れたが、[19]イタリアサッカー連盟 (FIGC) がジェノアペルージャを降格させたためセリエBに再登録された。

2018年1月18日、裁判により破産が決定した[20]。前年の9月から給与の支払いが滞り1月に入ってからは選手からストライキを起こされていた。一時は4部降格の危機もあったが、プレーアウトの機会が認められ勝利し残留。クラブは新たなオーナーに移譲され、バッサーノ・ヴィルトゥス55STと合併しLRヴィチェンツァ・ヴィルトゥスという名称になった。

2021年、クラブからヴィルトゥスという名前が消えLRヴィチェンツァというクラブ名になった [21]

タイトル[編集]

国内タイトル[編集]

国際タイトル[編集]

なし

過去の成績[編集]

シーズン ディビジョン コッパ・イタリア
リーグ 順位
1993-94 セリエB 38 9 19 10 30 33 37 10位 2回戦敗退
1994-95 セリエB 38 17 17 4 54 26 68 3位 2回戦敗退
1995-96 セリエA 34 13 10 11 36 37 49 9位 ベスト16
1996-97 セリエA 34 12 11 11 43 38 47 8位 優勝
1997-98 セリエA 34 9 9 16 36 61 36 14位 ベスト32
1998-99 セリエA 34 8 9 17 55 27 47 17位 ベスト16
1999-00 セリエB 38 20 7 11 69 45 67 1位 1回戦敗退
2000-01 セリエA 34 9 9 16 37 51 36 16位 2回戦敗退
2001-02 セリエB 38 12 13 13 50 52 49 9位 1回戦敗退
2002-03 セリエB 38 13 15 10 55 50 54 8位 ベスト8
2003-04 セリエB 46 12 20 14 48 51 56 13位 1回戦敗退
2004-05 セリエB 42 12 14 17 59 67 49 17位[22] 1回戦敗退
2005-06 セリエB 42 13 10 19 38 49 49 16位 1回戦敗退
2006-07 セリエB 42 12 14 16 42 43 50 11位 1回戦敗退
2007-08 セリエB 42 10 15 17 43 60 45 17位 2回戦敗退
2008-09 セリエB 42 13 13 16 44 41 52 12位 3回戦敗退
2009-10 セリエB 42 12 17 13 40 41 53 14位 2回戦敗退
2010-11 セリエB 42 15 9 18 44 54 54 12位 4回戦敗退
2011-12 セリエB 42 10 14 18 43 61 44 19位[23] 2回戦敗退
2012-13 セリエB 42 10 12 20 41 58 42 19位 3回戦敗退
2013-14 レガプロ・プリマ・ジローネA 30 14 9 7 44 29 51→47 5位[24] 2回戦敗退
2014-15 セリエB 42 18 14 10 44 37 68 3位 1回戦敗退
2015-16 セリエB 42 11 16 15 41 53 49 13位 4回戦敗退
2016-17 セリエB 42 9 14 19 33 52 41 20位 3回戦敗退
2017-18 セリエC・ジローネB 34 8 11 15 29 39 31 18位 2回戦敗退
2018-19 セリエC・ジローネB 38 12 17 9 44 37 53 8位 2回戦敗退
2019-20 セリエC・ジローネB 27 18 7 2 41 12 61 1位 1回戦敗退
2020-21 セリエB 38 11 15 12 48 53 48 12位 3回戦敗退
2021-22 セリエB 38

現所属メンバー[編集]

2021年9月11日現在

注:選手の国籍表記はFIFAの定めた代表資格ルールに基づく。

No. Pos. 選手名
5 MF フランス アンソニー・トーグルドー
6 MF イタリア ロリス・ゾンタ
7 FW イタリア ダヴィデ・ランザファーメ
8 MF イタリア フェデリコ・プロイア
9 FW イタリア ダヴィデ・ディアウ (Flag of Senegal.svg)
10 FW イタリア ステファノ・ジャコメリ キャプテン
11 MF イタリア フィリッポ・ラノッキア
12 GK イタリア セムエル・ピジニャッコ
13 DF イタリア ニコラ・パシーニ
14 DF イタリア エマヌエーレ・パデッラ
15 DF イタリア マッテオ・ブルスカジン
17 DF イタリア リッカルド・ブロスコ
18 DF イタリア アレッサンドロ・ディパルド
No. Pos. 選手名
19 DF イタリア マリオ・イラルディ
21 FW イタリア サムエレ・ロンゴ
22 GK イタリア マッテオ・グランディ
23 DF イタリア ダニエル・カペレッティ
24 DF イタリア マルコ・カルデローニ
26 MF イタリア ルカ・クレコ
27 MF イタリア シモーネ・ポンティッソ
30 MF イタリア ルカ・リゴーニ
34 FW イタリア ニコラ・ダルモンテ
39 FW イタリア トンマーゾ・マンチーニ
69 FW イタリア リッカルド・メッジョリーニ
98 GK イタリア アレッサンドロ・コンフェンテ

ローン移籍[編集]

in

注:選手の国籍表記はFIFAの定めた代表資格ルールに基づく。

No. Pos. 選手名
9 FW イタリア ダヴィデ・ディアウ (ACモンツァ)
11 MF イタリア フィリッポ・ラノッキア (U-23ユヴェントスFC)
No. Pos. 選手名
18 DF イタリア アレッサンドロ・ディパルド (U-23ユヴェントスFC)
26 MF イタリア ルカ・クレコ (ペスカーラ)
out

注:選手の国籍表記はFIFAの定めた代表資格ルールに基づく。

No. Pos. 選手名
-- DF イタリア エンリコ・ロッシ (FCレニャーゴ・サルース)
-- MF イタリア レオナルド・ザルペロン (ヴィルトゥス・ヴェローナ)
No. Pos. 選手名
-- MF ベルギー ジャリ・ヴァンデプッテ (USカタンザーロ)
-- FW ガンビア ラミン・ジャロー (MOLフェヘールヴァールFC)

歴代監督[編集]

歴代所属選手[編集]

GK[編集]

DF[編集]

MF[編集]

FW[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Archived copy”. 2015年8月3日閲覧。
  2. ^ “Vicenza, critiche alle raccattapalle minorenni: Renzo Rosso denuncia i centri anti-violenza” (イタリア語). corriere del Veneto. (2018年11月27日). https://corrieredelveneto.corriere.it/vicenza/cronaca/18_novembre_27/attacchi-ragazze-raccattapalle-vicenza-rosso-querela-centri-anti-violenza-d0e1835c-f222-11e8-b0d6-71c84bf2718d.shtml 2018年12月28日閲覧。 
  3. ^ http://www.rsssf.com/tablesi/italhist98-25.html#11
  4. ^ http://www.rsssf.com/tablesi/ital43.html
  5. ^ http://www.rsssf.com/tablesi/ital47.html
  6. ^ http://www.rsssf.com/tablesi/ital48.html
  7. ^ http://www.rsssf.com/tablesi/ital64.html
  8. ^ http://www.rsssf.com/tablesi/ital66.html
  9. ^ http://www.rsssf.com/tablesi/ital77.html
  10. ^ http://www.rsssf.com/tablesi/ital78.html
  11. ^ Rossi e il bel gioco Ecco il Real Vicenza” (イタリア語). Gazzetta dello Sport. 2010年6月22日閲覧。
  12. ^ http://www.rsssf.com/tablesi/ital79.html
  13. ^ http://www.rsssf.com/tablesi/ital81.html
  14. ^ http://www.rsssf.com/tablesi/ital86.html
  15. ^ http://www.rsssf.com/tablesi/ital87.html
  16. ^ http://www.rsssf.com/tablesi/ital93.html
  17. ^ http://www.rsssf.com/tablesi/ital95.html
  18. ^ http://www.rsssf.com/tablesi/ital96.html
  19. ^ http://www.rsssf.com/tablesi/ital2-05.html
  20. ^ バッジョを生んだ名門が…ヴィチェンツァ、破産が決定”. Qoly (2018年1月19日). 2021年9月11日閲覧。
  21. ^ Ottenuta l’autorizzazione della FIGC al cambio di denominazione sociale in L.R. Vicenza S.p.A.”. lrvicenza.net (2021年6月28日). 2021年9月11日閲覧。
  22. ^ プレーアウトに敗れ降格となったが、ジェノアが不正で最下位に格下げされたため再昇格された
  23. ^ レッチェの八百長行為・降格により特別残留
  24. ^ プレーオフ敗退もシエーナのセリエD降格により特別昇格

外部リンク[編集]