UCサンプドリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
UCサンプドリア
原語表記 Unione Calcio Sampdoria s.p.a
愛称 Samp, Blucerchiati
クラブカラー 600px Blu Bianco Rosso e Nero (Strisce Orizzontali) con scudo Bianco e Rosso.png
創設年 1946年
所属リーグ セリエA
ホームタウン ジェノヴァ
ホームスタジアム スタディオ・ルイジ・フェッラーリス
収容人数 41,917
代表者 イタリアの旗 マッシモ・フェレーロ
監督 イタリアの旗 ヴィンツェンツォ・モンテッラ
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

ウニオーネ・カルチョ・サンプドリア s.p.a: Unione Calcio Sampdoria s.p.a)は、イタリアジェノヴァをホームタウンとする、イタリアプロサッカーリーグ(レガ・カルチョ)に加盟するプロサッカークラブ。愛称「サンプ」または「ブルチェルキアーティ(青に囲まれしもの)」。

歴史[編集]

1946年にサンピエルダレネーゼとアンドレア・ドリアが合併して誕生。1980年代にはパオロ・マントバーニ会長による積極経営の下で、セリエAを代表するチームに成長し、名将ヴヤディン・ボシュコヴの下で1990-91シーズンにはセリエA優勝を果たした。しかしその後は資金難により1998-99シーズンにはセリエBに降格。2003-04シーズンにはセリエAに復帰し、安定した経営により中堅クラブとして地位を確立していたが、2010-11シーズンはリカルド・ガッローネ会長がアントニオ・カッサーノと喧嘩となり、冬の移籍でカッサーノがミランに移籍し、ジャンパオロ・パッツィーニもインテルに移籍したこともあり、決定力不足が顕著に表れて18位となり8シーズンぶりにセリエBへの降格となった[1]。2011-12シーズンは6位になり、プレーオフでASヴァレーゼ1910に勝利してセリエA復帰を決めた。

なお、2003-04シーズンには日本の柳沢敦が所属していた。

同じくジェノバを本拠地とする古豪ジェノアCFCとはライバル関係にあり、両クラブの対戦はデルビー・デッラ・ランテルナ灯台ダービー)と呼ばれる。

タイトル[編集]

国内タイトル[編集]

国際タイトル[編集]

過去の成績[編集]

  • 1987-88 セリエA 4位
  • 1988-89 セリエA 5位
  • 1989-90 セリエA 5位
  • 1990-91 セリエA 優勝
  • 1991-92 セリエA 6位
  • 1992-93 セリエA 7位
  • 1993-94 セリエA 3位
  • 1994-95 セリエA 8位
  • 1997-98 セリエA 9位
  • 1998-99 セリエA 16位 降格
  • 1999-2000 セリエB 5位
  • 2000-01 セリエB 5位
  • 2001-02 セリエB 10位
  • 2002-03 セリエB 2位 昇格
  • 2003-04 セリエA 8位
  • 2004-05 セリエA 5位
  • 2005-06 セリエA 14位→12位
  • 2006-07 セリエA 9位
  • 2007-08 セリエA 6位
  • 2008-09 セリエA 12位
  • 2009-10 セリエA 4位
  • 2010-11 セリエA 18位 降格
  • 2011-12 セリエB 6位 プレーオフで昇格
  • 2012-13 セリエA 14位
  • 2013-14 セリエA 12位
  • 2014-15 セリエA 7位

歴代会長[編集]

サンプドリア黄金期を創り上げた伝説の会長。ローマ出身。 サンプドリアにおけるこの会長の功績は計り知れない。

1979年、自身が所有する船舶の一部を売却し、セリエBに低迷していたサンプドリアを買収。1982年にセリエA昇格を成し遂げ、ボローニャより40億リラでロベルト・マンチーニを獲得。1984年には当時代表でもコンビを組んでいたジャンルカ・ビアッリを30億リラでクレモネーゼより獲得。その後も積極的にクラブへ投資し、トニーニョ・セレーゾジャンルカ・パリュウカアッティリオ・ロムバルドなど優秀な選手を集める事に成功。 そして1990-91のスクデットを頂点とする「サンプ・ドーロ」と呼ばれる黄金期を創出した。

1993年、持病の心臓病が悪化し死亡。 葬儀の際、その棺をマンチーニをはじめとするサンプの選手達が運んだ映像はジェノバ市民のみならず、多くの人の涙を誘った。


パオロ・マントバーニの息子。パオロの死後、会長に就任。 在任中はシニシャ・ミハイロヴィッチクラレンス・セードルフクリスティアン・カランブーフアン・セバスティアン・ベロンなど、優秀な選手を集めたもののクラブの財政状況の悪化から長く引き留めることはできなかった。

父パオロとは異なり、クラブの財政悪化によりビジネスライクに物事を運んだため、優秀な選手は集めるもののチーム強化には至らなかった。更にチームの象徴であるマンチーニとの確執も表面化。96-97シーズンを最後にマンチーニは、監督であったエリクソンとともにラツィオへ去った。 98-99シーズンはアリエル・オルテガヴィンチェンツォ・モンテッラを要したもののチームとしてはうまく機能しなかった。更に監督の解任-再任騒動などフロントの対応のまずさも露呈し、最終節を待たずにセリエBに陥落した。

そして3年後の2002年にクラブは深刻な経営危機に陥り、マントバーニ一族はクラブの経営から手を引いた。


ガッローネは石油精製業を経営するイタリア有数の大富豪であり、2002年財政破綻寸前のサンプドリアをマントバーニ一族より買収した。チームをセリエC1降格の危機より救い、ジュゼッペ・マロッタをGM(ジェネラル・マネージャー)に招聘、小規模予算ながら堅実かつ強力なチームづくりに成功した。2002-03シーズンにはワルテル・ノヴェッリーノ監督の下でセリエA昇格を果たした。

2009-10シーズンはルイジ・デル・ネーリ監督の下、ジャンパオロ・パッツィーニ、前任者ワルテル・マッツァーリ監督の下で再生を果たしたアントニオ・カッサーノの2トップが機能し、4位という大躍進を遂げ、UEFAチャンピオンズリーグ 2010-11のプレーオフからの出場権を獲得した。

2010-11シーズンにはセリエB降格を経験し、2011-12シーズンは苦しみながらも途中就任したジュゼッペ・イアキーニ監督の下でプレーオフを経て、セリエA昇格を果たした。しかし晩年は、デル・ネーリ退任以降は相次ぐ監督解任と2012-13シーズンには昇格の功労者イアキーニを切り、インテルを率いた経験を持つラファエル・ベニテス招聘を検討するなど、一貫性のないチーム作りが露呈しまう結果となった。

2013年1月21日、癌により76歳で死去。

現所属メンバー[編集]

2016年2月1日現在
No. Pos. 選手名
1 イタリアの旗 GK クリスティアン・プッジョーニ
2 イタリアの旗 GK エミリアーノ・ヴィヴィアーノ
3 アルジェリアの旗 DF ジャメル・メスバフ (Flag of France.svg)
4 フィンランドの旗 DF ニクラス・モイサンデル
5 イタリアの旗 DF マッティア・カッサーニ
6 イタリアの旗 DF アンドレア・コーダ
7 ブラジルの旗 MF フェルナンド
8 パラグアイの旗 MF エドガル・バレート (Flag of Italy.svg)
9 スペインの旗 FW アレハンドロ・ロドリゲス
10 アルゼンチンの旗 MF ホアキン・コレア (Flag of Italy.svg)
11 ブラジルの旗 DF ドド (Flag of Portugal.svg)
13 ポルトガルの旗 DF ペドロ・ペレイラ
16 イタリアの旗 DF アンドレア・ラノッキア
17 イタリアの旗 MF アンジェロ・パロンボ (Captain sports.svg)
18 ギリシャの旗 MF ラザロス・フリストドゥロプーロス
19 イタリアの旗 DF ヴァスコ・レジーニ
No. Pos. 選手名
20 セルビアの旗 MF ネナド・クルスティチッチ
21 イタリアの旗 MF ロベルト・ソリアーノ (Flag of Germany.svg)
22 イタリアの旗 MF ヤコポ・サーラ
24 コロンビアの旗 FW ルイス・ムリエル
25 アルゼンチンの旗 MF リッキー・アルバレス (Flag of Italy.svg)
26 アルゼンチンの旗 DF マティアス・シルベストレ (Flag of Italy.svg)
29 イタリアの旗 DF ロレンツォ・デ・シルヴェストリ
37 スロバキアの旗 DF ミラン・シュクリニアル
57 イタリアの旗 GK アルベルト・ブリニョーリ
77 コロンビアの旗 MF カルロス・カルボネロ
80 イタリアの旗 FW エドアルド・オネト
95 スロバキアの旗 MF ダヴィド・イワン
97 イタリアの旗 MF レオナルド・セリネッリ
99 イタリアの旗 FW アントニオ・カッサーノ
-- イタリアの旗 FW ファビオ・クアリャレッラ

括弧内の国旗はその他の保有国籍を、星印はEU圏外選手を示す。

ローン移籍選手[編集]

in
No. Pos. 選手名
2 イタリアの旗 GK エミリアーノ・ヴィヴィアーノ (パレルモ)
9 スペインの旗 FW アレハンドロ・ロドリゲス (チェゼーナ)
11 ブラジルの旗 DF ドド (インテル)
16 イタリアの旗 DF アンドレア・ラノッキア (インテル)
18 ギリシャの旗 MF ラザロス・フリストドゥロプーロス (ヴェローナ)
No. Pos. 選手名
22 イタリアの旗 MF ヤコポ・サーラ (ヴェローナ)
57 イタリアの旗 GK アルベルト・ブリニョーリ (ユヴェントス)
77 コロンビアの旗 MF カルロス・カルボネロ (フェニックス)
-- イタリアの旗 FW ファビオ・クアリャレッラ (トリノ)
out
No. Pos. 選手名
11 イタリアの旗 FW フェデリコ・ボナッツォーリ (ヴィルトゥス・ランチャーノ)
23 イタリアの旗 FW エデル (インテル)
27 クロアチアの旗 MF カルロ・ルリッチ (ボヘミアンズ)
87 ボスニア・ヘルツェゴビナの旗 DF エルヴィン・ズカノヴィッチ (ローマ)
92 イタリアの旗 MF ミケーレ・ロッカ (ヴィルトゥス・ランチャーノ)
-- ブラジルの旗 GK アンジェロ・ダ・コスタ (ボローニャ)
-- イタリアの旗 GK ウラディミーロ・ファルコーネ (コモ)
-- イタリアの旗 GK アンドレア・トッツォ (ノヴァーラ)
-- イタリアの旗 DF ミケーレ・フォルナシエール (ペスカーラ)
-- イタリアの旗 DF ルカ・ピアーナ (ピストイエーゼ)
-- アルゼンチンの旗 DF マティアス・ロドリゲス (グレミオ)
No. Pos. 選手名
-- イタリアの旗 DF マッシモ・ヴォルタ (チェゼーナ)
-- イタリアの旗 MF ダヴィデ・ガヴァッツィ (テルナーナ)
-- イタリアの旗 MF マッティア・ロンバルド (クレモネーゼ)
-- スイスの旗 MF アレッサンドロ・マルティネッリ (モデナ)
-- イタリアの旗 MF ガブリエレ・ロランド (コモ)
-- イタリアの旗 MF ジャンルカ・サンピエトロ (アンコーナ)
-- イタリアの旗 FW ステファノ・ベルトラーメ (モデナ)
-- イタリアの旗 FW シモーネ・コラッツァ (ノヴァーラ)
-- スイスの旗 FW アンジェルコ・サヴィッチ (ローザンヌ)
-- イタリアの旗 FW ステファノ・スカッピーニ (サヴォーナ)
-- カメルーンの旗 FW ファブリス・オリンガ (ヴィトルル)

歴代監督[編集]

歴代所属選手[編集]

GK[編集]

DF[編集]

MF[編集]

FW[編集]

注釈[編集]

外部リンク[編集]