ペルージャ・カルチョ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ペルージャ・カルチョ
原語表記 Associazione Calcistica Perugia Calcio S.r.l.
愛称 Biancorossi, Grifoni
クラブカラー 600px Rosso con doppie strisce Bianche.svg 白と赤
創設年 1905年
所属リーグ セリエC
所属ディビジョン 3部
ホームタウン ペルージャ
ホームスタジアム スタディオ・レナト・クーリ
収容人数 23,625
代表者 イタリアの旗 マッシミリアーノ・サントパードレ
監督 イタリアの旗 セルセ・コズミ
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
サードカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

アッソチアツィオーネ・カルチスティカ・ペルージャ・カルチョAssociazione Calcistica Perugia Calcio S.r.l.)は、イタリアペルージャを本拠地とするサッカークラブである。2020-21シーズンはセリエCに所属している。

歴史[編集]

日本では、中田英寿が海外移籍を果たした際に最初に所属したチームとして知られている。 ルチアーノ・ガウッチ英語版(在任1991-2004)は名物会長として有名で、カダフィ大佐の三男アル・サーディ・カダフィを入団させたりと話題づくりでクラブの宣伝にも長けていた。 しかし、ガウッチ一族が脱税により訴追・没落するとともに、2005年夏にクラブは破産、セリエC1に降格し経営陣も一新され、チーム名もACペルージャAssociazione Calcio Perugia SpA)からペルージャ・カルチョPerugia Calcio SpA)に変更された。

降格してから長い間セリエC1とレガ・プロ・プリマ・ディヴィジオーネで戦いプレイオフにまでは勝ち残るも昇格出来ずにシーズンを過ごす。

そして経営が悪化していた2010年7月21日に事実上のクラブ破綻となった。プロフェッショニスティ連盟からセリエD(アマチュア)降格が通告され、クラブ消滅の危機も囁かれたがロベルト・ダマスキがペルージャを買い取り新会長に就任した。スポーツ・マネージャにはアルヴァロ・アルチプレーティ、監督にはピエルフランチェスコ・バッティスティーニ、助監督にワルテル・ノヴェッリーノがそれぞれ就任し、名前をASDペルージャAssociazione Sportiva Dilettantistica Perugia )として新生ペルージャがスタート。

セリエDは1年目で優勝を果たし、レガ・プロ・セコンダ・ディヴィジオーネに昇格した2011年夏には現在のACペルージャ・カルチョ(Associazione Calcistica Perugia Calcio)に改称。新たなプロクラブとして再出発を切った。2014-15シーズンにセリエBに復帰。

1978-79シーズンのセリエAにおいては30試合11勝19分という成績でシーズン無敗記録を残しているが、このシーズンはACミランが優勝し、最終順位は2位であった。2003年にはUEFAインタートトカップを獲得した。

タイトル[編集]

国内タイトル[編集]

国際タイトル[編集]

過去の成績[編集]

欧州の成績[編集]

現所属メンバー[編集]

2020年2月22日現在

注:選手の国籍表記はFIFAの定めた代表資格ルールに基づく。

No. Pos. 選手名
1 GK イタリア グリエルモ・ヴィカーリオ
2 DF イタリア アレアンドロ・ロージ
3 DF ベルギー マルドシェ・エンジタ
4 MF イタリア マルコ・カッラーロ
5 DF ボスニア・ヘルツェゴビナ マテイ・ロディン
6 DF イタリア フィリッポ・スガルビ
7 DF イタリア パスクワーレ・マッツォッキ
8 FW イタリア ディエゴ・ファルチネッリ
9 FW イタリア ピエトロ・イェンメッロ
10 MF ルーマニア ヴラド・ミハイ・ドラゴミール
11 FW イタリア クリスティアン・ブオナイウート
12 GK イタリア ロレンツォ・ルッジェーロ
13 MF スペイン パオロ・フェルナンデス
14 MF イタリア ハンズ・ニコルッシ・カヴィーリャ
No. Pos. 選手名
15 MF ギニア アマラ・コナテ
16 DF ルーマニア ロマーリオ・ベンザル
20 MF クロアチア アンドリヤ・バリッチ
22 GK イタリア アンドレア・フリニャーティ
23 MF イタリア マルチェッロ・ファルゼラーノ
25 DF イタリア ニコラ・ファラスコ
27 DF イタリア ジャンルカ・ディ・キアーラ
28 MF コートジボワール クリスチャン・コウアン
29 FW イタリア クリスチャン・カポーネ
32 DF スロバキア ノルベルト・ギェンベール
33 DF イタリア ガブリエーレ・アンジェッラ
36 FW イタリア フェデリコ・メルキオッリ
37 GK イタリア マルコ・アルベルトーニ

レンタル移籍[編集]

in

注:選手の国籍表記はFIFAの定めた代表資格ルールに基づく。

No. Pos. 選手名
1 GK イタリア グリエルモ・ヴィカーリオ (カリアリ)
4 MF イタリア マルコ・カッラーロ (アタランタ)
8 FW イタリア ディエゴ・ファルチネッリ (ボローニャ)
9 FW イタリア ピエトロ・イェンメッロ (ベネヴェント)
12 GK イタリア ロレンツォ・ルッジェーロ (ジェノア)
13 MF スペイン パオロ・フェルナンデス (マンチェスター・シティ)
No. Pos. 選手名
14 MF イタリア ハンズ・ニコルッシ・カヴィーリャ (ユヴェントス)
16 DF ルーマニア ロマーリオ・ベンザル (レッチェ)
20 MF クロアチア アンドリヤ・バリッチ (ウディネーゼ)
22 GK イタリア アンドレア・フリニャーティ (アスコリ)
27 DF イタリア ジャンルカ・ディ・キアーラ (ベネヴェント)
29 FW イタリア クリスチャン・カポーネ (アタランタ)
out

注:選手の国籍表記はFIFAの定めた代表資格ルールに基づく。

No. Pos. 選手名

歴代監督[編集]

歴代所属選手[編集]

GK[編集]

DF[編集]

 

MF[編集]

FW[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]