ニコラ・アモルーゾ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ニコラ・アモルーゾ Football pictogram.svg
名前
ラテン文字 Nicola AMORUSO
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
生年月日 (1974-08-29) 1974年8月29日(44歳)
出身地 チェリニョーラ
身長 186cm
体重 75kg
選手情報
ポジション FW (CF)
利き足 右足
ユース
1991-1993 イタリアの旗 サンプドリア
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1993-1994 イタリアの旗 サンプドリア 8 (3)
1994-1995 イタリアの旗 アンドリア 34 (15)
1995-1996 イタリアの旗 パドヴァ 33 (14)
1996-2002 イタリアの旗 ユヴェントス 53 (9)
1999-2000 イタリアの旗 ペルージャ (loan) 25 (11)
2000-2001 イタリアの旗 ナポリ 30 (10)
2002 イタリアの旗 ペルージャ 7 (0)
2003 イタリアの旗 コモ 14 (6)
2003-2004 イタリアの旗 モデナ 25 (5)
2004-2005 イタリアの旗 メッシーナ 22 (5)
2005-2008 イタリアの旗 レッジーナ 96 (40)
2008-2009 イタリアの旗 トリノ 20 (4)
2009 イタリアの旗 シエーナ (loan) 6 (0)
2009-2010 イタリアの旗 パルマ 17 (5)
2010-2011 イタリアの旗 アタランタ 15 (1)
1993-2011 通算 405 (128)
代表歴
1994-1996 イタリアの旗 イタリア U-21 4 (1)
1. 国内リーグ戦に限る。2017年11月26日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ニコラ・アモルーゾNicola Amoruso, 1974年8月29日- )は、イタリアチェリニョーラ出身の元サッカー選手。現役時代のポジションはFW(センターフォワード)。

経歴[編集]

UCサンプドリアユースに入団し、その後移籍したフィデーリス・アンドリアでは34試合で15ゴールをマーク。カルチョ・パドヴァでも14ゴールを挙げ、1996年名門ユヴェントスFCへ入団。ここではアレッサンドロ・デル・ピエロを始めとする分厚い選手層の前に出場機会を減らし、不振が続いた。レンタル移籍したペルージャ・カルチョSSCナポリにおいては11得点をマークして復活をアピールする。ユヴェントスに帰還したが2002年に退団した。

ペルージャ、コモ、モデナFCACRメッシーナとクラブを渡り歩いた後、2005-06シーズンに南部のレッジーナ・カルチョに入団。ここでは3シーズンに渡り11ゴール、17ゴール、12ゴールとコンスタントに得点を挙げ降格回避に貢献した。2006-07シーズンにはワルテル・マッツァーリ監督の下で覚醒したロランド・ビアンキとのコンビで得点を量産し、カルチョ・スキャンダルによるペナルティを受けたクラブを救った。2008-09シーズンからトリノFCに入団し、再びビアンキと2トップを組んだが、首脳陣との対立でACシエーナへレンタル移籍。2009年8月にはパルマFCへ、2010年1月にはアタランタBCへ完全移籍した。

2011年8月、現役を引退した[1]

2013年5月15日、USチッタ・ディ・パレルモのスポーティングディレクターに就任することが発表された[2]。しかし同年8月6日、個人的な理由によりクラブとの契約を解除した[3]

エピソード[編集]

タイトル[編集]

クラブ[編集]

サンプドリア
ユヴェントス
アタランタ

代表[編集]

イタリア U-21

個人[編集]

  • コッパ・イタリア得点王 : 2001-02(6得点)

脚注[編集]

  1. ^ Nicola Amoruso abbandona il calcio giocato Lanotiziaweb.it 2011年8月29日 (イタリア語)
  2. ^ Palermo, Amoruso si presenta: "Al lavoro per tornare in A"”. Repubblica.it (2013年5月15日). 2017年11月26日閲覧。
  3. ^ UFFICIALE: Palermo, rescissione consensuale con Amoruso”. TUTTOmercatoWEB.com (2013年8月6日). 2017年11月26日閲覧。

外部リンク[編集]