ディディエ・デシャン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ディディエ・デシャン Football pictogram.svg
Didier Deschamps in 2018.jpg
2018年のデシャン
名前
本名 ディディエ・クロード・デシャン
Didier Claude Deschamps
愛称 マラソンマン
ラテン文字 Didier DESCHAMPS
基本情報
国籍 フランスの旗 フランス
生年月日 (1968-10-15) 1968年10月15日(49歳)
出身地 バイヨンヌ
身長 174cm
体重 71kg
選手情報
ポジション MF (DH)
利き足 右足
ユース
1976-1983 フランスの旗 アヴィロン・バイヨンヌ
1983-1985 フランスの旗 ナント
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1985-1989 フランスの旗 ナント 111 (4)
1989-1994 フランスの旗 マルセイユ 123 (6)
1990-1991 フランスの旗 ボルドー (loan) 29 (3)
1994-1999 イタリアの旗 ユヴェントス 124 (4)
1999-2000 イングランドの旗 チェルシー 27 (0)
2000-2001 スペインの旗 バレンシア 13 (0)
代表歴
1989-2000[1] フランスの旗 フランス 103 (4)
監督歴
2001-2005 モナコの旗 モナコ
2006-2007 イタリアの旗 ユヴェントス
2009-2012 フランスの旗 マルセイユ
2012- フランスの旗 フランス代表
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ディディエ・クロード・デシャンDidier Claude Deschamps, 1968年10月15日 - )は、フランスバイヨンヌ出身のサッカー選手サッカー指導者。現役時代のポジションはミッドフィールダー(ボランチ)。2012年7月8日よりフランス代表監督[2]

経歴[編集]

1989年、対ユーゴスラビア戦でフランス代表デビュー。「将軍」ミシェル・プラティニ引退後、低迷を続けたレ・ブルー(Les Bleus、フランス代表の愛称)の不動のレギュラーとして奮闘した。

1996年欧州選手権でベスト4に終わった事を受け、当時の代表監督エメ・ジャケは全幅の信頼を置いていたデシャンに主将を任命。1998年、地元開催のワールドカップにおいて、デシャンはピッチの内外でチームを牽引、決勝でブラジルを3-0で撃破したフランス代表はついに栄冠を勝ち取った。

その後フランスは、W杯優勝から2年後のEURO2000も制覇。ワールドカップと欧州選手権優勝という「スーパー・ダブル」を欧州で最初に達成したチームとなった。デシャンはこの快挙から程無くして代表を引退。フランス代表歴代4位の103試合に出場(1位はリリアン・テュラムの142試合)、キャプテンマークを巻いて出場した試合数は56試合でプラティニの50試合を上回る。

クラブレベルでは、マルセイユ在籍時に2度の国内リーグ優勝、1992-93シーズンには欧州チャンピオンズ・カップを制覇した。1994年に強豪ユベントスに移籍した後はさらにタイトルに恵まれ、3度のスクデット(1994-95、1996-97、1997-98シーズン)をはじめ、1994-95シーズンのコッパ・イタリア、1995-96シーズンには自身2度目のチャンピオンズリーグ制覇。1995年トヨタカップでは、アルゼンチンのリーベル・プレートを破り世界一となった。その後デシャンはイングランド・スペインのトップリーグを渡り歩き、2001年シーズン終了をもって選手生活に終止符を打った。

フランスに戻ったデシャンは、休む間もなくフランスリーグのASモナコ監督に就任。1年目こそ下位に甘んじたが、2年目の2002-03シーズンには2位に大躍進。それを受けて出場した2003-04シーズンのチャンピオンズリーグでは、並み居る強豪を打ち破り準優勝という快進撃を繰り広げた。しかし、2005-06シーズンの出だしにつまずき、9月に解任。

2006-07シーズンからは、自身の古巣でもあるイタリアユヴェントスFCの指揮を執ることになった。しかし、同クラブは2005-06シーズンの審判などに対する不正疑惑によってセリエB降格、さらには勝ち点のマイナス状態からのスタートと言う厳しい処分が下され、それに伴う主力の選手の大量流出も予想されるなど厳しい局面での舵取りを余儀なくされたが、結果的には首位で昇格させることに成功。しかし優勝が決まった試合の直後、突然辞任を発表した。原因はフロントとの軋轢など、さまざまな憶測が飛び交った。

その後、デシャンはインタビューに応え、「当時、私とクラブの間では意見の相違があった。信頼と平穏に欠けた状況でユーベとともに前進することは困難だった。」と語った。しかし、退団を後悔しているという発言も交えた。

2009-10シーズンからは、フランスのマルセイユの監督に就任し、リーグカップ優勝で18シーズンぶりのタイトルを獲得すると、勢いに乗りリーグ優勝も果たした。

2011-12シーズンはチャンピオンズリーグでベスト8入りし、またリーグ・カップ3連覇を果たしたものの、リーグ戦では低迷。シーズン終了後の2012年7月にマルセイユ監督を辞任し、同年7月8日、ローラン・ブランの後任としてサッカーフランス代表監督に就任した[3]

2018年FIFAワールドカップにおいて、フランスを1998年以来2回目の優勝へ導いた。選手と監督の両方でワールドカップを制したのはマリオ・ザガロフランツ・ベッケンバウアーに続く史上3人目[4]

人物[編集]

1998年から2000年にかけてのフランス代表の黄金期を支えたキャプテン。174cmとサッカー選手としては小柄ながらマラソンマンと呼ばれるほどの豊富な運動量と卓越した戦術眼で中盤を支え、ピッチ内の監督としてチームメイトを鼓舞し続けた。UEFAチャンピオンズリーグUEFA欧州選手権FIFAワールドカップを制している。

個人成績[編集]

代表での成績[編集]

出典[1]


フランス代表国際Aマッチ
出場得点
1989 5 2
1990 6 1
1991 6 0
1992 11 0
1993 8 0
1994 4 0
1995 5 0
1996 12 0
1997 6 1
1998 17 0
1999 9 0
2000 13註1 0
合計 103 4

註1 フランスサッカー連盟2000年8月16日に行われたFIFA選抜戦を国際Aマッチとして認めている[1]

獲得タイトル[編集]

選手時代[編集]

クラブ[編集]

オリンピック・マルセイユ
ユヴェントス
チェルシー

代表[編集]

フランス代表

監督時代[編集]

クラブ[編集]

ASモナコ
ユヴェントス
オリンピック・マルセイユ

代表[編集]

フランス代表

個人タイトル・栄典[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]