セリエA (サッカー) 2010-2011

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
セリエA
シーズン 2010-11
優勝 ミラン
18回目
降格 サンプドリア
ブレシア
バーリ
チャンピオンズリーグ ミラン
インテルナツィオナーレ
ナポリ
ウディネーゼ
ヨーロッパリーグ ラツィオ
ローマ
パレルモ
試合数 380
ゴール数 955 (1試合平均2.51)
得点王 イタリアの旗 アントニオ・ディ・ナターレ
(28得点)
最大差勝利ホーム試合
4得点 (8試合)
最大差勝利アウェー試合
パレルモ 0–7 ウディネーゼ
(2011年2月27日)[1]
最多得点試合
ミラン 4–4 ウディネーゼ
(2011年1月9日)
インテルナツィオナーレ 5–3 ローマ
(2011年2月6日)
2009-10
2011-12

セリエA (サッカー) 2010-2011は、現在の形になった1929-1930シーズンから79シーズン目のセリエA。2010年8月28日に開幕し、2011年5月22日まで行われた。優勝戦線ではミランが2節を残して7シーズンぶり18回目のスクデットを獲得し、インテルの6連覇を阻止。また、ナポリが3位と躍進し、翌年のCLグループリーグ出場権を得た。一方、サンプドリアブレシアバーリセリエBに降格した。

EU外獲得枠の改正[編集]

2010年7月2日に、イタリアサッカー連盟は2010-11シーズン開幕前の移籍市場より、EU外(加盟申請国を含むEUEFTA)の国籍を持つ選手の獲得枠を、従来の2から1に減少することを発表した[2]。これは2010年FIFAワールドカップ・南アフリカ大会におけるイタリア代表のグループリーグ敗退を受けて急遽取り決められたものであり、リーグやクラブからは反発を受けた[2]。また、一部のクラブは選手の獲得を諦めるなどチーム構想を見直さざるを得なくなった。

2010-2011シーズンのセリエA所属クラブ

順位表[編集]

チーム 出場権または降格
1 ミラン (C) 38 24 10 4 65 24 +41 82 チャンピオンズリーグ グループステージに出場
2 インテルナツィオナーレ 38 23 7 8 69 42 +27 76
3 ナポリ 38 21 7 10 59 39 +20 70
4 ウディネーゼ 38 20 6 12 65 43 +22 66[注 1] チャンピオンズリーグ プレーオフに出場
5 ラツィオ 38 20 6 12 55 39 +16 66[注 1] ヨーロッパリーグ プレーオフに出場[注 2]
6 ローマ 38 18 9 11 59 52 +7 63
7 ユヴェントス 38 15 13 10 57 47 +10 58
8 パレルモ 38 17 5 16 58 63 −5 56 ヨーロッパリーグ 予選3回戦に出場[注 2]
9 フィオレンティーナ 38 12 15 11 49 44 +5 51[注 3]
10 ジェノア 38 14 9 15 45 47 −2 51[注 3]
11 キエーヴォ 38 11 13 14 38 40 −2 46[注 4]
12 パルマ 38 11 13 14 39 47 −8 46[注 4]
13 カターニア 38 12 10 16 40 52 −12 46[注 4]
14 カリアリ 38 12 9 17 44 51 −7 45
15 チェゼーナ 38 11 10 17 38 50 −12 43
16 ボローニャ 38 11 12 15 35 52 −17 42[注 5]
17 レッチェ 38 11 8 19 46 66 −20 41
18 サンプドリア (R) 38 8 12 18 33 49 −16 36 セリエBに降格
19 ブレシア (R) 38 7 11 20 34 52 −18 32
20 バーリ (R) 38 5 9 24 27 56 −29 24
出典: Lega Serie A
順位の決定基準: 1) 勝点; 2) 当該チーム間の勝点; 3) 当該チーム間の得失点差; 4) 当該チーム間の得点数; 5) 総得失点差
(C) 優勝; (R) 降格.
注釈:
  1. ^ a b ウディネーゼとラツィオは、直接対決の結果に基づいて順位が決定された (UDI 2-1 LAZ/LAZ 3-2 UDI 【アウェーゴールの比較】UDI:2, LAZ:1)。
  2. ^ a b コッパ・イタリア2010-11優勝チームであるインテルナツィオナーレが、リーグ戦の結果により既にチャンピオンズリーグの出場権を獲得しているため、リーグ戦5位のラツィオと6位のローマにヨーロッパリーグ プレーオフの出場権が与えられ、カップ戦準優勝のパレルモにヨーロッパリーグ 予選3回戦の出場権が与えられた。
  3. ^ a b フィオレンティーナとジェノアは、直接対決の結果に基づいて順位が決定された (FIO 1-0 GEN/GEN 1-1 FIO)。
  4. ^ a b c キエーヴォとパルマとカターニアは、直接対決の結果に基づいて順位が決定された(【勝点の比較】CHV:6、PAR:5、CTN:4)。
  5. ^ ボローニャは、税金の滞納により1ポイント[3]、報酬や拠出金の未払いにより2ポイント[4]、計3ポイントの勝ち点を剥奪された。

得点ランキング[編集]

順位 選手 所属クラブ 得点
1 イタリアの旗 アントニオ・ディ・ナターレ ウディネーゼ 28
2 ウルグアイの旗 エディンソン・カバーニ ナポリ 26
3 カメルーンの旗 サミュエル・エトオ インテル 21
4 イタリアの旗 アレッサンドロ・マトリ カリアリ/ユヴェントス 20
5 イタリアの旗 マルコ・ディ・ヴァイオ ボローニャ 19
6 イタリアの旗 ジャンパオロ・パッツィーニ サンプドリア/インテル 17
7 イタリアの旗 フランチェスコ・トッティ ローマ 15
8 スウェーデンの旗 ズラタン・イブラヒモビッチ ミラン 14
ブラジルの旗 アレシャンドレ・パト ミラン
ブラジルの旗 ロビーニョ ミラン

脚注[編集]

  1. ^ Palermo-Udinese”. Legaseriea.it (2011年2月27日). 2011年6月13日閲覧。
  2. ^ a b イタリア、外国人枠減少へGoal.com 2010年7月3日
  3. ^ “Bologna deducted one point for unpaid taxes”. FourFourTwo. (2010年12月2日). http://fourfourtwo.com/news/italy/69441/default.aspx 2011年1月4日閲覧。 
  4. ^ “Bologna docked more points”. Sky Sports. (2010年12月13日). http://www.skysports.com/story/0,19528,14961_6661553,00.html