ワルテル・マッツァーリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ワルテル・マッツァーリ Football pictogram.svg
Walter Mazzarri.jpg
2012年のマッツァーリ
名前
ラテン文字 Walter Mazzarri
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
生年月日 (1961-10-01) 1961年10月1日(58歳)
出身地 サン・ヴィンチェンツォ
身長 180cm
選手情報
ポジション MF
ユース
1976-1979 イタリアの旗 フォッローニカイタリア語版
1979-1981 イタリアの旗 フィオレンティーナ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1981-1982 イタリアの旗 ペスカーラ 26 (4)
1982 イタリアの旗 カリアリ 4 (0)
1982-1983 イタリアの旗 レッジャーナ 12 (1)
1983 イタリアの旗 フィオレンティーナ 0 (0)
1983-1988 イタリアの旗 エンポリ 91 (4)
1988-1989 イタリアの旗 リカータイタリア語版 8 (0)
1989-1990 イタリアの旗 モデナ 21 (0)
1990-1991 イタリアの旗 ノーライタリア語版 30 (3)
1991-1992 イタリアの旗 ヴィアレッジョ 11 (0)
1992-1994 イタリアの旗 アチレアーレイタリア語版 32 (1)
1994-1995 イタリアの旗 トレス 9 (0)
通算 244 (13)
監督歴
2001-2002 イタリアの旗 アチレアーレ
2002-2003 イタリアの旗 ピストイエーゼ
2003-2004 イタリアの旗 リヴォルノ
2004-2007 イタリアの旗 レッジーナ
2007-2009 イタリアの旗 サンプドリア
2009-2013 イタリアの旗 ナポリ
2013-2014 イタリアの旗 インテル・ミラノ
2016-2017 イングランドの旗 ワトフォード
2018-2020 イタリアの旗 トリノ
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ワルテル・マッツァーリ(Walter Mazzarri、1961年10月1日 - )はイタリアサン・ヴィンチェンツォ出身の元サッカー選手、サッカー指導者。現役時代のポジションはMF

来歴[編集]

現役時代[編集]

ACFフィオレンティーナの下部組織出身で現役時代はエンポリFCなどのチームを転々としながら主に二部以下のカテゴリーでプレーした。

指導者時代[編集]

初期

現役引退後、SSCナポリなどでコーチ経験を積む。2003-04シーズンに、セリエBに所属していたリヴォルノセリエAに昇格させる。

レッジーナ

2004-05シーズンからレッジーナの監督に就任した。レッジーナは毎年のように残留争いを繰り広げるプロヴィンチャであったが、マッツァーリの適材適所の采配が光り、3シーズン連続でセリエA残留に成功した。特にマッツァーリの評価を高めたのは2006-07シーズンのレッジーナの奇跡的な残留である。同シーズン、カルチョ・スキャンダルへの関与が判明したレッジーナは、マイナス11ポイントというペナルティを課せられた。貧弱な戦力で残留争いを繰り広げていたレッジーナからすれば、これは致命的なペナルティであり、降格は不可避であるかに思われた。しかし、シーズン前の予想を裏切り、レッジーナはニコラ・アモルーゾロランド・ビアンキの2トップがゴールを量産。ペナルティがなければUEFAカップ出場権も夢ではない勝ち点をたたき出し、見事に残留を決めた。ビアンキはそれまで大器とされながら停滞しており、マッツァーリの指導の下で才能を開花させたのである。

サンプドリア

2007-08シーズン、実績を買われたマッツァーリはサンプドリアの監督に就任する。当初はチーム構築に手間取ったが、我慢強く起用していたアントニオ・カッサーノが調子を取り戻すにつれてチームも勝ち進み、6位でフィニッシュしてUEFAカップ出場を決めた。カッサーノの他にも、MFのパオロ・サンマルコ、DFのクリスティアン・マッジョウーゴ・カンパニャーロら、期待されながらくすぶっていた選手たちが才能を開花させている。カッサーノはEURO2008に臨むイタリア代表に選出されるほどであった。2008-09シーズン、チームはUEFAカップとリーグ戦との両立で疲弊して13位に終わり、コッパ・イタリアも準優勝となりタイトル獲得はならず、シーズン終了後に退団した。

ナポリ

2009年10月5日ロベルト・ドナドーニの後任としてナポリ監督に就任。ユヴェントス戦での逆転勝利など采配が光っている[1]エディンソン・カバーニマレク・ハムシクエセキエル・ラベッシの3人からなる「トリデンテ」の活躍もあって、2010-11シーズンは3位で久々のチャンピオンズリーグの出場権を獲得。2011-12シーズンは5位に終わったが、チャンピオンズリーグではバイエルン・ミュンヘンマンチェスター・シティビジャレアルと同じ組にもかかわらず突破、そして決勝トーナメント一回戦では優勝したチェルシーを敗退の一歩手前まで追い込んだ。コッパ・イタリアでは決勝まで勝ち進みユヴェントスと対戦。カバーニとハムシクのゴールにより2-0で勝利し、クラブにとって1986-87シーズン以来4回目となる優勝を果たした。2012-13シーズンは「トリデンテ」の一角であるラベッシがパリ・サンジェルマンに移籍したが、リーグ戦はユヴェントスに次ぐ2位と健闘した。シーズン終了後、退団を発表。

インテル

2013年5月24日、アンドレア・ストラマッチョーニ監督の後任としてインテル監督に就任。リーグ9位に終わったクラブを引き継いだ2013-14シーズンはリーグ5位に押し上げ、ヨーロッパリーグのプレーオフ出場権を獲得した。2014年7月2日、クラブとの契約延長が発表された[2]。2014-15シーズンはリーグ第11節終了時点で9位に低迷し、ミラノダービーを控えた2014年11月14日に解任された[3]

ワトフォード

2016年5月21日、キケ・サンチェス・フローレス監督の後任としてワトフォード監督に就任。

トリノ

2018年1月4日トリノFCの監督に就任した。

チーム造りの特徴[編集]

  • 戦術としては3バック採用が多く、守備に人数を割きつつ、サイドからの素早い展開を実践している。レッジーナ時代の2004-05シーズンには中村俊輔も指導しており、カッサーノを始めテクニシャンを重用している。

監督成績[編集]

2020年2月2日現在
クラブ 就任 退任 記録
勝率
アチレアーレ 2001年7月1日 2002年6月30日 31 10 10 11 032.26
ピストイエーゼ 2002年7月1日 2003年6月30日 39 12 11 16 030.77
リヴォルノ 2003年7月1日 2004年6月30日 47 20 20 7 042.55
レッジョ 2004年7月1日 2007年5月28日 123 37 39 47 030.08
サンプドリア 2007年7月1日 2009年6月30日 99 38 29 32 038.38
ナポリ 2009年10月6日 2013年5月20日 182 89 49 44 048.90
インテル 2013年5月24日 2014年11月14日 58 25 21 12 043.10
ワトフォード 2016年7月1日 2017年5月21日 41 12 7 22 029.27
トリノ 2018年1月4日 2020年2月4日 90 37 25 28 041.11
合計 708 280 211 217 039.55

獲得タイトル[編集]

指導者[編集]

ナポリ

脚注[編集]

  1. ^ livedoorスポーツ(2009-11-1) 金星のマッツァーリ 「ダトロ投入が決め手」
  2. ^ インテル、マッツァーリと契約延長で合意 Goal.com 2014年7月2日付
  3. ^ インテル、マッツァーリ解任を正式発表 Goal.com 2014年11月14日付