ロランド・ビアンキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ロランド・ビアンキ Football pictogram.svg
Rolando Bianchi 01.JPG
名前
ラテン文字 Rolando Bianchi
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
生年月日 (1983-02-15) 1983年2月15日(34歳)
出身地 ローヴェレ
身長 188cm
体重 78kg
選手情報
在籍チーム イタリアの旗 FCプロ・ヴェルチェッリ
ポジション FW
背番号 16
利き足 右足
ユース
1993-2003 イタリアの旗 アタランタ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2000-2004 イタリアの旗 アタランタ 21 (0)
2004-2005 イタリアの旗 カリアリ 39 (4)
2005-2007 イタリアの旗 レッジーナ 46 (19)
2007-2008 イングランドの旗 マンチェスター・シティ 19 (4)
2008 イタリアの旗 ラツィオ (loan) 15 (4)
2008-2013 イタリアの旗 トリノ 180 (76)
2013-2015 イタリアの旗 ボローニャ 28 (3)
2014-2015 イタリアの旗 アタランタ (loan) 21 (0)
2015-2016 スペインの旗 マヨルカ 16 (2)
2016-2017 イタリアの旗 ペルージャ 7 (1)
2017- イタリアの旗 プロ・ヴェルチェッリ 6 (3)
代表歴2
2000-2001 イタリアの旗 イタリア U-17 2 (0)
2004 イタリアの旗 イタリア U-20 3 (1)
2002-2006  イタリア U-21 13 (7)
1. 国内リーグ戦に限る。
2. 2014年8月5日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ロランド・ビアンキ(Rolando Bianchi, 1983年2月15日 - )は、イタリアローヴェレ出身のサッカー選手。ポジションはフォワード

経歴[編集]

クラブ[編集]

アタランタBCにて育ち、2006年U-21 EUROに出場するなど早くから注目されていたがなかなか結果を残せていなかった。転機は2006-07シーズンレッジーナ・カルチョにおける活躍である。ワルテル・マッツァーリ監督の指導の下でニコラ・アモルーゾと共に2トップを組み得点を量産、カルチョ・スキャンダルへの関与で勝ち点減点のペナルティを受けていたクラブを残留に導く。そのシーズンは自己最多の18得点をあげた。

2007-08シーズンはスヴェン・ゴラン・エリクソンより直接電話でオファーを受け、プレミアリーグマンチェスター・シティFCへ移籍するが結果を残せず、2008年1月にイタリアの名門SSラツィオレンタル移籍ゴラン・パンデフトンマーゾ・ロッキとコンビを組み、降格の危機にあったラツィオを救った。

2008-09シーズンからはトリノFCに加入。再びアモルーゾとのコンビが実現したものの、機能しなかった。後半戦はビアンキが奮闘したものの、クラブは降格となった。

2013年7月9日、ボローニャFCに移籍決定。2014年8月5日から1シーズンは古巣であるアタランタに期限付き移籍の形で復帰した[1]

2015年8月8日にボローニャを退団[2]。同月27日、セグンダ・ディビシオンRCDマヨルカに移籍した[3]。初挑戦となったスペインでのプレーは僅か半年で終了。2016年1月20日、セリエBのペルージャ・カルチョに移籍、イタリアに復帰することが発表された[4]


2017年よりイタリア人指揮官フィッカデンティを慕って、サガン鳥栖に加入?

代表[編集]

代表ではU-17、U-20、U-21と各年代の代表チームに選出され、2006 U-21欧州選手権にも出場した。しかし、フル代表歴は無い。

脚注[編集]

  1. ^ Atalanta, torna Bianchi, è ufficiale; Bentancourt al Bologna”. La Gazzetta dello Sport (2014年8月5日). 2015年10月30日閲覧。
  2. ^ Bologna, via Rolando Bianchi: risoluzione consensuale”. La Gazzetta dello Sport (2015年8月8日). 2015年10月30日閲覧。
  3. ^ Rolando Bianchi ficha por el Mallorca”. MARCA.com (2015年8月27日). 2015年10月30日閲覧。
  4. ^ Rolando Bianchi è del Perugia!”. AC Perugia Calcio - Sito Ufficiale (2016年1月20日). 2016年1月20日閲覧。

外部リンク[編集]