ジュゼッペ・メアッツァ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジュゼッペ・メアッツァ Football pictogram.svg
Giuseppe Meazza 1935.jpg
1935年頃のメアッツァ
名前
愛称 ペッピーノ、バリッラ
カタカナ ジュゼッペ・メアッツァ
ラテン文字 Giuseppe Meazza
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
生年月日 (1910-08-23) 1910年8月23日
出身地 イタリア王国ミラノ(現イタリア共和国ロンバルディア州ミラノ県ミラノ市内ポルタ・ヴィットリア地区
没年月日 (1979-08-21) 1979年8月21日(満68歳没)
身長 169cm
体重 73kg
選手情報
ポジション FWMF(OH)
代表歴
1930-1939 イタリアの旗 イタリア 54 (33)
監督歴
チーム
1946 アタランタ
1946–1948 インテル
1948–1949 ベシクタシュJK
1949–1951 プロ・パトリア
1952–1953 イタリア代表
1955–1956 インテル
1957 インテル
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ジュゼッペ・メアッツァGiuseppe Meazzaイタリア語発音: [d͡ʒuˈzɛppe meˈatt͡sa]1910年8月23日 - 1979年8月21日)は、イタリアミラノ出身のサッカー選手。愛称は“ペッピーノ(Peppino)”[1]“バリッラ(il Balilla)”。ポジションはフォワードツーバック・システムにおけるインサイド・レフト/ライト)。

20世紀前半のイタリア・セリエAで活躍し、インテルACミランユヴェントスのイタリア3大チームを渡り歩いた稀有な選手の一人[2]。特にメアッツァ自身がプロデビューを果たしたインテルでは、同チームの第一期黄金時代の中心的役割を担い、1927年から1940年に渡る最初の在籍13シーズン中、3回の得点王を獲得して2回の優勝[3]と1回のコッパ・イタリア制覇に貢献した。

またイタリア代表としても1934年1938年ワールドカップ連覇を果たしたアッズーリの主力だった事から、イタリア史上最高の選手(もしくはイタリア史上最高のストライカー)として現在も語り継がれる伝説的選手であり、インテルとACミランのホームであるスタディオ・ジュゼッペ・メアッツァにその名を残している。

経歴[編集]

1910年イタリア王国(当時)のミラノで生まれたメアッツァは、画家だった父親が1917年第一次世界大戦で戦死した為、母親のエルシラとの貧しい母子家庭で幼少期を過ごした。当時7歳のメアッツァは市場で果物を売る母を手伝ったが、父親を失う少し前、6歳の頃からサッカーを始めており既に夢中だった。近所の子供達とストリートサッカーチーム"Maestri Campionesi"を結成、暇を見てはボロ布を丸めたボールを追う日々を過ごしていたという。エルシラは将来を考え、幾度かメアッツァのシューズを隠してまでサッカーを止めさせようとしたが、メアッツァは裸足でストリートサッカーを続け、これは後年の優れたボールテクニックを育てる土壌となった。12歳になったメアッツァはサッカー選手として生きていく事を決意、地元の"Gloria F.C."に入団してプロを目指し始めた。この時使用していたメアッツァの人生最初のスパイクは後に彼のファンが買い取り、現在も保存されている。

インテルの下部組織出身で、17歳でトップチームデビューした直後から主力として活躍。1930年代のインテルの隆盛の中心にあり、クラブに2度のリーグ優勝をもたらすとともに、自身も3度の得点王に輝いた。

1930年には19歳でイタリア代表に初選出。デビュー戦でいきなり2ゴールを挙げ、以降アズーリ(イタリア代表)のエースとして君臨し、1934年1938年ワールドカップ連覇の原動力となった。53試合出場33得点という記録は、ルイジ・リーバに次ぐイタリア歴代2位。セリエA通算ゴール数は220ゴールで歴代3位。キャリア338ゴールはイタリア人2位である。

所属クラブ[編集]

主なタイトル[編集]

個人タイトル[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
イタリア リーグ戦 イタリア杯 オープン杯 期間通算
1927-28 インテル セリエA 33 12
1928-29 インテル セリエA 29 33
1929-30 インテル セリエA 33 31
1930-31 インテル セリエA 34 24
1931-32 インテル セリエA 28 21
1932-33 インテル セリエA 32 20
1933-34 インテル セリエA 32 21
1934-35 インテル セリエA 30 18
1935-36 インテル セリエA 29 25
1936-37 インテル セリエA 26 11
1937-38 インテル セリエA 26 20
1938-39 インテル セリエA 16 4
1939-40 インテル セリエA 0 0
1940-41 ACミラン セリエA 14 6
1941-42 ACミラン セリエA 23 3
1942-43 ユヴェントス セリエA 27 10
1943-44 - - - -
1944-45 バレーゼ - (20) (7)
1945-46 アタランタ セリエA 14 2
1946-47 インテル セリエA 17 2
通算 イタリア セリエA 443 268
総通算 443 268

代表歴[編集]


脚注[編集]

  1. ^ “ジュゼッペ”の略称である“ペップ(Pepp)”はミラノの方言で“ペッピーノ”に転じる。
  2. ^ 他にはロベルト・バッジョクリスティアン・ヴィエリパトリック・ヴィエラズラタン・イブラヒモビッチ等。
  3. ^ 1939-40シーズンにもインテルは優勝しているが、メアッツァは病気の為全試合欠場した。
  4. ^ http://www.worldcup88.com/Fifa-World-Cup-1934.html

外部リンク[編集]