ライムンド・オルシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ライムンド・オルシ Football pictogram.svg
Raimundo Orsi Independiente.jpg
名前
本名 ライムンド・ビビアニ・オルシ
Raimundo Bibiani Orsi
愛称 ムモ (Mumo)
ラテン文字 Raimundo ORSI
基本情報
国籍 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
イタリアの旗 イタリア
生年月日 (1901-12-02) 1901年12月2日
出身地 アベジャネーダ
没年月日 (1986-04-06) 1986年4月6日(84歳没)
身長 169cm
体重 68cm
選手情報
ポジション 左WG
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1919-1928 アルゼンチンの旗 CAインデペンディエンテ
1928-1935 イタリア王国の旗 ユヴェントスFC 176 (77)
1935 アルゼンチンの旗 CAインデペンディエンテ 32 (9)
1936 アルゼンチンの旗 ボカ・ジュニアーズ 11 (0)
1937-1938 アルゼンチンの旗 CAプラテンセ 27 (10)
1939 ブラジルの旗 CRフラメンゴ 2 (0)
1939-1940 アルゼンチンの旗 クラブ・アルマグロ 23 (13)
1940 ブラジルの旗 CRフラメンゴ 1 (0)
1940-1942 ウルグアイの旗 CAペニャロール
1943 チリの旗 サンティアゴ・ナティオナルFCスペイン語版
代表歴
1924-1928 アルゼンチンの旗 アルゼンチン 12 (3)
1929-1935 イタリア王国の旗 イタリア 35 (13)
1936 アルゼンチンの旗 アルゼンチン 1 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ライムンド・ビビアニ・オルシ(Raimundo Bibiani Orsi、1901年12月2日 - 1986年4月6日)は、アルゼンチンブエノスアイレス州アベジャネーダ出身のアルゼンチン代表およびイタリア代表サッカー選手1934年ワールドカップ・イタリア大会優勝メンバー。

経歴[編集]

クラブ[編集]

アルゼンチンのCAインデペンディエンテでキャリアを始めたが、より大きな成功を手にしたのは1928-29シーズンに加入したイタリアのユヴェントスFCでのことである。ここでは1930-31シーズンから1934-35シーズンまで、セリエAで5連覇を達成した。その後は南米に戻り、古巣のインデペンディエンテなどアルゼンチンのクラブや、ウルグアイCAペニャロールブラジルCRフラメンゴに在籍した。

代表[編集]

アルゼンチン代表としては1924年にデビュー。1927年南米選手権優勝、1928年アムステルダム五輪銀メダルを獲得した。

ユヴェントス移籍後の1929年からはイタリア代表選手となった。1934年ワールドカップ・イタリア大会では、5試合に出場して決勝戦の同点ゴールを含む3得点を挙げ、イタリアの初優勝に貢献した。同大会のイタリア代表には他にもルイス・モンティエンリケ・グアイタアッティリオ・デマリアらのアルゼンチン出身選手がいた。

アルゼンチン帰国後の1936年には再びアルゼンチン代表選手として1試合に出場している。

プレイスタイル[編集]

169cm、68kgと小柄ながら素晴らしいスピードを持ち、テクニックにも優れ、鋭いドリブルで突破して、多くのゴールをあげていた[1]

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 国吉好弘(著者)『サッカーマルチ大辞典』2006年、128頁。

外部リンク[編集]