カルロス・アウベルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
カルロス・アウベルト Football pictogram.svg
Carlos Alberto Torres.jpg
名前
本名 カルロス・アウベルト・トーレス
Carlos Alberto Torres
愛称 カピトン、カピタ
ラテン文字 CARLOS ALBERTO
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 1944年7月17日
出身地 スドナハラ
没年月日 (2016-10-25) 2016年10月25日(72歳没)
身長 180cm
体重 77kg
選手情報
ポジション DF (RSB, CB)
利き足 右足
代表歴
1964-1977 ブラジルの旗 ブラジル 53 (8)
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

カルロス・アウベルト・トーレスCarlos Alberto Torres, 1944年7月17日 - 2016年10月25日)は、ブラジル・スドナバラ出身の元サッカー選手サッカー指導者。ポジションはディフェンダー。息子のカルロス・アレクシャンドレ・トーレスCarlos Alexandre Torres)もサッカー選手であり、Jリーグ名古屋グランパスエイトなどで活躍した。

人物[編集]

攻撃的サイドバックの創始者とも言える選手で、クラブチーム・代表チームの両方で「王様」ペレのチームメイトとして活躍した。サントス時代には5度のリーグ優勝に貢献。

カラーテレビ放映が開始された1970年W杯メキシコ大会にはブラジル代表キャプテンとして出場。 特に決勝戦での得点は彼のハイライトとも言うべきもので、完全に相手ディフェンダーの裏を取ってオーバーラップし、そこからワンタッチでファーサイドのゴールを射抜いてみせた。ブラジルに最後のジュール・リメ杯をもたらしたこのスーパーゴールは、ブラジル国民の魂を熱く喚起させる素晴らしいものだった。

現役引退後はフラメンゴや各国代表チームの監督を歴任。2004年、ペレが選ぶ世界の名プレーヤー「FIFA 100」のひとりに選ばれた。

2016年10月25日、自宅で心臓発作を起こし倒れ、搬送先の病院で死去。享年72[1]。死の2日前にテレビにコメンテーターとして出演するなど「ご意見番」的活躍をしていた矢先の出来事だった[2]

所属クラブ[編集]

指導歴[編集]


脚注[編集]

  1. ^ 元ブラジル代表DFカルロスアルベルト氏死去 - スポーツニッポン、2016年10月26日
  2. ^ あのCAトーレスが急死=70年サッカーW杯の主将 - JORNALニッケイ新聞、2016年10月26日

外部リンク[編集]