ゴードン・バンクス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ゴードン・バンクス Football pictogram.svg
名前
本名 ゴードン・バンクス
愛称 バンクシー (Banksie)
バンク・オブ・グレートブリテン
ラテン文字 Gordon Banks
基本情報
国籍 イングランドの旗 イングランド
生年月日 (1937-12-30) 1937年12月30日(79歳)
出身地 シェフィールド
身長 184cm
体重 83kg
選手情報
ポジション GK
利き足 右足
代表歴
1963-1972 イングランドの旗 イングランド 73 (0)
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ゴードン・バンクス OBEGordon Banks OBE1937年12月30日 - )は、イギリスイングランド)・シェフィールド出身のサッカー選手。ポジションはゴールキーパー。元イングランド代表

経歴[編集]

クラブ[編集]

1956年チェスターフィールドに加入した翌年のFAユースカップ決勝に進出するが、ボビー・チャールトン率いるマンチェスター・ユナイテッドの前に敗れた。

1959年レスター・シティに移籍、1964年にイングランド・リーグカップ優勝を果たした。1971-1972シーズンのフットボールリーグカップで、PK止めなど好セーブを連発して、イングランドリーグ所属チーム中2番目の歴史を持つ、ストークシティFCに初の栄冠を齎した。そしてこの年のFAは(イングランド)年間最優秀選手に彼を選んだ。

1972年10月22日、自動車事故によりフロントガラスの破片が右目に突き刺さり失明、引退を余儀無くされた。この時彼の熱烈なファンが目の提供を申し出るが拒否している。

1975年にアメリカで再起を図るが、怪我をする以前の輝きを取り戻せることはなく、1977年にそのキャリアを終えた。

2004年 3月FIFAが100周年を迎えるにあたって、元ブラジル代表ペレが選出したFIFA 100(偉大なサッカー選手125人)に選出された。

イングランド代表[編集]

1970年メキシコW杯、対ブラジル戦におけるプレー

1963年4月6日スコットランド戦にて代表デビューを飾った。

1966年ワールドカップ・イングランド大会では、グループリーグから準々決勝のアルゼンチン戦まで無失点に抑える活躍で代表の勝利に貢献。続く準決勝のポルトガル戦後半37分にエウゼビオに得点を許すまで無失点記録(443分)は続いた。同大会を通じて失点を3点に抑え母国開催での優勝に貢献した。

1970年ワールドカップ・メキシコ大会では、同国はベスト8に留まるが、バンクスはサッカー史上に残るプレーを披露している。1次リーグのブラジル戦、序盤から攻勢に出たブラジルだったが、絶好調のバンクスはゴールを阻止した。前半18分、ジャイルジーニョからセンタリングが上がった際、ペレはニアサイドを警戒していたバンクスの裏をかき、逆サイドに走り込んできた。ペレがフリーの状態で無人のゴールにヘディングシュートを叩き込んだかに見えたが、バンクスはこれに反応しゴール寸前でボールを弾き出した[1]。のちにペレはこのプレーを「私が今まで見た中で最高のセーブ」と評している。

所属クラブ[編集]

アメリカ合衆国の旗 クリーブランド・ストッカーズ 1966

個人タイトル[編集]

出典[編集]

  1. ^ No.203 美しいプレー伝えたTV技術”. サッカーの話をしよう 大住良之オフィシャルアーカイブサイト (1997年9月8日). 2012年6月30日閲覧。

外部リンク[編集]