ヨハン・ニースケンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヨハン・ニースケンス Football pictogram.svg
Johan Neeskens 1974.jpg
1974年
名前
本名 ヨハネス・ヤコブス・ニースケンス
Johannes Jacobus Neeskens
愛称 ヨハン
ラテン文字 Johan NEESKENS
基本情報
国籍 オランダの旗 オランダ
生年月日 (1951-09-15) 1951年9月15日(66歳)
出身地 ヘームステーデ
身長 178cm[1]
選手情報
ポジション MF
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1968–1970 オランダの旗 ヘームステーデ・ハーレム 68 (1)
1970–1974 オランダの旗 アヤックス 124 (33)
1974–1979 スペインの旗 バルセロナ 140 (35)
1979–1984 アメリカ合衆国の旗 ニューヨーク・コスモス 94 (17)
1984–1985 オランダの旗 フローニンゲン 7 (0)
1985 アメリカ合衆国の旗 フォートローダーデール・サン  ? (?)
1985-1986 アメリカ合衆国の旗 カンザスシティ・コメッツ(インドア) 23 (1)
1986-1987 アメリカ合衆国の旗 ローウェンブリュー(アマチュア)  ? (?)
1987–1990 スイスの旗 バール 23 (5)
1990–1991 スイスの旗 ツーク 1 (0)
代表歴
1970-1981[2] オランダの旗 オランダ 49 (17)
監督歴
1991–1993 スイスの旗 ツーク
1993–1995 スイスの旗 スタファ
1995–1996 スイスの旗 ジンゲン
1995–2000 オランダの旗 オランダ代表(アシスタントコーチ)
2000–2004 オランダの旗 NEC
2005–2006 オーストラリアの旗 オーストラリア代表(アシスタントコーチ)
2006–2008 スペインの旗 バルセロナ(アシスタントコーチ)
2008–2009 オランダの旗 オランダ代表B
2009–2010 トルコの旗 ガラタサライ(アシスタントコーチ)
2011–2012 南アフリカの旗 マメロディ・サンダウンズ
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ヨハネス・ヤコブス・"ヨハン"・ニースケンス(Johannes Jacobus "Johan" Neeskens, オランダ語発音: [ˈjoːɦɑn ˈneːskə(n)s], 1951年9月15日 - )は、オランダヘームステーデ出身の元サッカー選手サッカー指導者。ポジションはミッドフィールダー

戦友であるヨハン・クライフとファーストネームが同じことから「もう1人のヨハン」と呼ばれた。オランダ人にしてはさほど長身ではないが、強靭な下半身からのシュート力は強烈なものがあった。PKのスペシャリストとしても名を馳せる。

経歴[編集]

1974 FIFAワールドカップ西ドイツ代表戦でプレイするニースケンス

ヘームステーデ・ハーレムでデビュー後、1970年アヤックス・アムステルダムへ入団。入団当初は、右サイドバックとしてプレー。同年11月11日西ドイツ戦で代表デビューを飾り、1970-1971シーズンからのUEFAチャンピオンズカップ3連覇や1971-1972、1972-1973シーズンのリーグ連覇に貢献した。

1974年にはFCバルセロナへ移籍。攻守にわたる活躍と闘志溢れるプレーで活躍を見せた。また同年のFIFAワールドカップ・西ドイツ大会ではヨハン・クライフらを中心とする「トータル・フットボール」で準優勝に貢献。1978年FIFAワールドカップ・アルゼンチン大会ではクライフが出場辞退した中で主軸として活躍し、代表通算49試合に出場。17得点を挙げた。

その後、当時サッカー不毛の地と言われていたアメリカへ渡り、ニューヨーク・コスモスではフランツ・ベッケンバウアーとともにプレーし、1980年1982年にはリーグ優勝を果たした。1シーズンオランダのFCフローニンゲンでプレーした後、再び渡米し、選手生活の終盤はスイスでプレーした。

引退後は指導者としての道を歩み、1999年にはオランダ代表のアシスタントコーチに就任。エールディヴィジNECナイメヘンの監督も務めたが2004年12月に成績不振により解任されている。

2005年12月にはオーストラリア代表のアシスタントコーチに就任。

2006年6月、古巣のバルセロナにアシスタントコーチとして復帰することが決まり、ドイツW杯終了後に就任した。契約期間は3年間。しかし、2008年6月、チームが2年連続でリーグタイトルを逃した事などにより、ライカールトとともに解任された。

2008年11月、オランダB代表監督に就任。 2009年7月、ガラタサライのアシスタントコーチに就任。

エピソード[編集]

結婚式でのニースケンス(右)と妻のマリアン(左)(1974年7月16日)

アヤックスはかつてアマチュアの野球チームも所有していて、休日にはクライフやニースケンスら当時の主力選手も野球へ参加する事があった。クライフは野球はさっぱりだったようだが、ニースケンスは優秀な野手でプロからオファーがくる実力だった。彼の特徴的なプレーの一つであるスライディングタックルは野球から学んだという。

獲得タイトル[編集]

クラブ[編集]

アヤックス[3]
バルセロナ[3]

代表[編集]

オランダ代表[3]

個人[編集]

出典[編集]

  1. ^ Johan Neeskens”. worldfootball.net. 2015年12月31日閲覧。
  2. ^ “Johan Neeskens - International Appearances” (英語). The Rec.Sport.Soccer Statistics Foundation. http://www.rsssf.com/miscellaneous/neeskens-intl.html 
  3. ^ a b c d The Clockwork Oranje's midfield master”. FIFA. 2015年12月31日閲覧。
  4. ^ Netherlands”. worldcupbrazil.net. 2015年12月31日閲覧。
  5. ^ FIFA World Cup All-Star Team – Football world Cup All Star Team”. Football.sporting99.com. 2015年12月31日閲覧。
  6. ^ Spain - Footballer of the Year”. RSSSF. 2015年12月31日閲覧。
  7. ^ “Fifa names greatest list”. BBC. (2004年3月4日). http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/3533833.stm 2015年12月31日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]