アジウソン・ディアス・バティスタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の)はディアス第二姓(父方の)はバティスタです。
アジウソン Football pictogram.svg
Adilson batista.jpg
名前
本名 アジウソン・ディアス・バティスタ
Adilson Dias Batista
ラテン文字 ADILSON
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1968-03-16) 1968年3月16日(49歳)
出身地 クリチバ
身長 183cm
体重 78kg
選手情報
ポジション DF
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1988 ブラジルの旗 アトレチコ-PR 20 (1)
1989-1993 ブラジルの旗 クルゼイロ 48 (4)
1993 ブラジルの旗 インテルナシオナル 11 (2)
1994 ブラジルの旗 アトレチコ-MG 19 (2)
1995-1996 ブラジルの旗 グレミオ 30 (2)
1997-1999 日本の旗 ジュビロ磐田 52 (10)
2000 ブラジルの旗 コリンチャンス 5 (0)
代表歴
1990-1991 ブラジルの旗 ブラジル 4 (0)
監督歴
2001 ブラジルの旗 モジミリン
2002 ブラジルの旗 アメリカ-RN
2002-2003 ブラジルの旗 アヴァイ
2003 ブラジルの旗 パラナ・クルーベ
2003-2004 ブラジルの旗 グレミオ
2004 ブラジルの旗 パイサンドゥ
2005 ブラジルの旗 スポルチ・レシフェ
2005-2006 ブラジルの旗 フィゲイレンセ
2006-2007 日本の旗 ジュビロ磐田
2008-2010 ブラジルの旗 クルゼイロ
2010 ブラジルの旗 コリンチャンス
2010-2011 ブラジルの旗 サントス
2011 ブラジルの旗 アトレチコ-PR
2011 ブラジルの旗 サンパウロ
2012 ブラジルの旗 アトレチコ-GO
2013 ブラジルの旗 フィゲイレンセ
2013-2014 ブラジルの旗 ヴァスコ・ダ・ガマ
2015 ブラジルの旗 ジョインヴィレ
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

アジウソン・ディアス・バティスタ(Adilson Dias Batista, 1968年3月16日 - )は、ブラジルパラナ州クリチバ出身のサッカー選手、指導者。現役時代のポジションはディフェンダーブラジル代表にも選出された経歴を持つ。

経歴[編集]

1990年代のグレミオなどで、守備の中心として活躍したDF。代表にはあまり縁がなかったものの(アジウソン本人によれば、サンパウロリオデジャネイロなどの都会のクラブに所属していない選手にはありがちなことだという)、1994年にはコパ・リベルタドーレスに優勝してトヨタカップにも訪日するなど活躍。代表に選ばれないことを惜しむファンからは「アメリカ代表のキャプテン」とも呼ばれた。

1997年にグレミオからJリーグ・ジュビロ磐田の監督に就任したルイス・フェリペ・スコラーリの誘いを受けて来日。ここでも守備の要として活躍した。同年のチャンピオンシップでは数的不利となった第2戦でゴールキーパーの大神友明と共に鹿島アントラーズの前に立ちはだかり、劣勢を跳ね返しての優勝に貢献した。しかし1998年秋に膝を痛め、翌1999年はその手術などの影響で試合出場が減り、同年退団した。帰国後はコリンチャンスでプレーし、第1回世界クラブ選手権に優勝。しかし磐田時代に痛めた膝は完治せず、程なくして現役を引退。フェリペの元で指導者の道に進んだ。

その後はモジミリンブラジル全国選手権3部から2部に昇格させるなど実績を積み、2003年9月から2004年6月まではグレミオの監督も務めた。規律を重視するスタイルで選手との対立を起こしてしまうことも度々あったが、経験を積むことで払拭。フィゲイレンセ監督時代には問題児エジムンドをうまくコントロールし、彼ら主力が抜けた後は若手と移籍選手でうまく穴埋めし、ブラジル全国選手権でもなかなかの健闘を見せていた。特に守備陣を構築する手腕は評価されている。そうした手腕に古巣の磐田が目をつけ、2006年6月22日に磐田監督に就任。当時Jリーグ最年少の監督であり、磐田で最年長の選手でかつてのチームメイトでもあった中山雅史よりも年下であった(学年は同じである)。

新旧交代を求められた彼は、犬塚友輔上田康太らの若手選手を積極的に起用し、11位に低迷していたチームを5位にまで躍進。一定の評価を得た。一方、戦術面での頑固さはベテラン選手との軋轢を生み、シーズン中に名波浩C大阪へとレンタル移籍。シーズン終了後には名波が東京Vへ再びレンタル移籍、服部年宏も同じく東京Vへ移籍、そして福西崇史FC東京へ移籍と、クラブを支えてきたベテラン選手たちが次々と磐田を去ることになった。

2007年も引き続き磐田を指揮。しかし守備が安定せずに大量失点での敗戦が目立ち、また勝利しても内容に乏しい試合が多く、徐々にサポーターや選手の信頼を失った。守備を安定させるために3人の外国籍選手をすべてボランチに置くなどの荒療治も行ったが、逆に意思疎通が上手くいかずさらにチームは迷走した。9月1日清水戦にロスタイムの失点で敗戦の翌日、まだ9位ではあったが辞任した。帰国後の2008年より、クルゼイロ監督としてブラジルサッカーに復帰。チームを全国選手権上位に導くなど、ブラジル1部リーグで監督としてのキャリアを積んでいたもののクルゼイロ退団後は、各クラブともに短期間での指揮で結果を残せていない。

エピソード[編集]

  • 真面目な一面、明るく陽気な性格で、インタビューでもウィットに飛んだ受け答えをしている。またブラジルではCDまで出していたこともある。
  • 鈴木秀人田中誠は、ずるがしこいプレーの使い方や空中戦でのポジショニングについては彼から学ぶ事が多かった、と語っている。
  • 自身では影響を受けた監督について、フェリペとヴェルディ川崎名古屋で指揮を執り、Jリーグでもその手腕が知られているネルシーニョを挙げている。

個人成績[編集]

クラブでの成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
ブラジル リーグ戦 ブラジル杯 オープン杯 期間通算
1988 アトレチコ-PR 20 1
1989 クルゼイロ 8 1
1990 15 1
1991 16 2
1992 9 0
1993
1993 インテルナシオナル 11 2
1994 アトレチコ-MG 19 2
1995 グレミオ 5 0
1996 25 2
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
1997 磐田 4 J 22 5 11 3 0 0 33 8
1998 23 5 4 1 0 0 27 6
1999 J1 7 0 2 0 0 0 9 0
ブラジル リーグ戦 ブラジル杯 オープン杯 期間通算
2000 コリンチャンス 5 0
通算 ブラジル
日本 J1 52 10 17 4 0 0 69 14
総通算

その他の公式戦

代表での成績[編集]

出典[1]


ブラジル代表 国際Aマッチ
出場 得点
1990 3 0
1991 1 0
合計 4 0

タイトル[編集]

選手[編集]

アトレチコ・パラナエンセ
クルゼイロ
グレミオ
ジュビロ磐田
コリンチャンス

指導者[編集]

アメリカ-RN
フィゲイレンセ
クルゼイロ
  • カンピオナート・ミネイロ: 2008, 2009

脚注[編集]

  1. ^ Batista, Adilson”. National-Football-Teams.com. 2017年7月2日閲覧。

関連項目[編集]