ブライアン・ラウドルップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ブライアン・ラウドルップ Football pictogram.svg
Brian-laudrup-2002.jpg
名前
ラテン文字 Brian LAUDRUP
基本情報
国籍 デンマークの旗 デンマーク
生年月日 (1969-02-22) 1969年2月22日(48歳)
出身地 オーストリアの旗 ウィーン
身長 186cm
体重 72kg
選手情報
ポジション FW (WG, ST) / MF (SH, OH)
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1986-1989 デンマークの旗 ブレンビーIF 68 (18)
1989-1990 ドイツの旗 バイエル・ユルディンゲン 34 (6)
1990-1992 ドイツの旗 バイエルン・ミュンヘン 44 (11)
1992-1994 イタリアの旗 フィオレンティーナ 31 (5)
1993-1994 イタリアの旗 ACミラン (loan) 9 (1)
1994-1998 スコットランドの旗 レンジャーズ 133 (44)
1998 イングランドの旗 チェルシー 11 (1)
1998-1999 デンマークの旗 FCコペンハーゲン 12 (2)
1999-2000 オランダの旗 アヤックス 38 (15)
代表歴
1987-1998 デンマークの旗 デンマーク 82 (21)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ブライアン・ラウドルップ(Brian Laudrup, 1969年2月22日 - )は、デンマークの元サッカー選手オーストリア共和国ウィーン生まれでデンマーク・コペンハーゲン育ち。ポジションはFW

同じくサッカー選手であった兄のミカエル・ラウドルップと共に「ラウドルップ兄弟」として知られる。父のフィン・ラウドルップ英語版も元サッカー選手で代表キャプテンを務めた。彼の超絶なドリブル突破力はその後類を見ぬほど超一流であった。息子にニコライがいる。

経歴[編集]

1986年に地元のブレンビーIFでキャリアをスタートすると、1989年にドイツ・ブンデスリーガバイエル・ユルティンゲンへ移籍。

バイエルン[編集]

翌1990年には200万ポンド当時のブンデスリーガ市場最高額の契約金で強豪のバイエルン・ミュンヘンへ移籍し、[1] 一年目はリーグ戦9ゴールを決めるなど、ドイツ国内のファンから多大な人気を得た。[2][3]

フィオレンティーナ、ミラン[編集]

デンマーク代表での活躍(後述)もあって1992年夏にイタリア・セリエAフィオレンティーナへ移籍した、当初は彼のドリブルから多くのチャンスが生まれるなど、チームも好調であったが、次第に勢いを失い、チームもセリエBへ降格。

翌1993-94シーズンにACミランへレンタル移籍、当初は出場も多く、アウェイのサンプドリア戦ではミランでの初ゴールを挙げるなどしたが、次第にデサイーの加入や、サビチェビッチの好調もあり、外国人枠の問題で出場機会を失った。[4]セリエA優勝、チャンピオンズリーグの優勝を経験したが(チャンピオンズリーグでは7試合でプレー)、セリエA優勝を決めたウディネーゼとの試合や、チャンピオンズリーグ決勝のバルセロナとの試合では、バルセロナに所属する兄ミカエル共にベンチ外になった。フィオレンティーナとの契約は1996年迄であったが、同シーズン限りでイタリアを離れる事になった。[5]

レンジャース[編集]

その後、1994年にスコットランドのレンジャーズFCへ移籍。移籍からしばらくして、FCバルセロナよりオファーを受けたが、レンジャースでのプレーを選択。[6] 3度のリーグ優勝に貢献し、1994/95、1996・97シーズンはスコットランドリーグの最優秀選手賞を受賞した。

チェルシー[編集]

フランスワールドカップ前にチェルシーと契約、しかしチェルシーが選手のローテーション制を採用すると知り、[7]すぐに解除を求めたが認められず、[8]チェルシーでプレー、短期間であったが、リーグ戦のブラックバーン戦、ミドルスブラ戦ではアシストでチームの勝利に貢献した。[9] [10] またカップウィナーズカップでは、ロイヤル・コペンハーゲンへの移籍がほぼ決まりかけている中、チェルシーの監督ヴィアリの判断で、[11] そのロイヤル・コペンハーゲン戦に出場、チームをベスト8に進出させるゴールを決めた。その試合を最後にチェルシーからロイヤル・コペンハーゲンへ移籍した。

チェルシーでチームメートであったルソーはルソーが、選ぶベスト11にブライアンを選んでいる。[12]

アヤックス[編集]

その後コペンハーゲンでのプレーを経て2000年にアヤックスへ移籍。バイエルン時代チームメートであったウォータースコーチの下アヤックスでは、リーグ戦13ゴールを挙げる活躍を見せたが、怪我の為31歳にして現役を引退した。なお1988年1992年1995年1997年と4度もデンマーク最優秀選手に選出されている。

デンマーク代表経歴[編集]

1987年には18歳でデンマーク代表に招集され、同年11月17日の西ドイツ戦で代表デビューを果たす(試合は0-1で敗退)。1988年に西ドイツで行われたUEFA欧州選手権1988の代表メンバーからは落選したが、大会後は19歳ながら、主力選手の一人として代表メンバーに定着していった。一方で兄のミカエルはこの時期から代表招集に難色を示すようになり、兄弟が揃い踏みする機会は少なくなった。

ユーゴスラビアの代替で急遽出場した1992年UEFA EURO '92では、堅守速攻が特徴のチームの中で、得点こそは成らなかったものの切れ味のあるドリブルで攻撃陣をリードし、キーパーのピーター・シュマイケルらとともに優勝の原動力となった。また同年のFIFA最優秀選手賞では第5位に選ばれた。

ヨーロッパ王者として挑んだ1994 FIFAワールドカップ欧州予選ではスペインアイルランドに競り負け予選敗退となったが、1995年キング・ファハド・カップ1995では、決勝でアルゼンチンを破って優勝した。1996年UEFA EURO '96では兄弟揃って出場を果たしたが、グループリーグ敗退に終わり大会2連覇は逃した。

1998年1998 FIFAワールドカップでは決勝トーナメント1回戦、ナイジェリア戦では決勝点。準々決勝のブラジル戦では50分に2-2の同点に追いつくゴールを決めた。ブラジルには2-3で敗れベスト8という結果に終わったが、国際サッカー連盟が選ぶ大会オールスターチームの16人に兄弟揃って選ばれた。そして大会終了後に29歳でデンマーク代表から引退を表明した。代表通算成績は82試合出場21得点。

引退後[編集]

引退後はデンマークの放送局TV3+でUEFAチャンピオンズリーグなどのコメンテーターを務めている。また元デンマーク代表のラース・ヘグ(en)と共に「ラウドルップ&ヘグ・プロキャンプ」(Laudrup & Høgh ProCamp)を設立しユース年代の指導を行っている[13]2010年9月7日、自身がコメンテーターを務める番組内で、悪性リンパ腫を患っていることを公表した[14][15]が、後に全快したことが発表された[16]

個人タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Dithmer, Claus (1990年5月30日). “Brian Laudrup dyreste dansker nogen sinde” (Danish). Berlingske Tidende: Section 3, p. 7 
  2. ^ http://bulibold.dk/brian-laudrup-geniale-driblekunstner-begejstrede-bundesligaen-fjerde-afsnit/
  3. ^ http://bulibold.dk/brian-laudrup-den-geniale-driblekunstner-der-begejstrede-bundesligaen-femte-afsnit/
  4. ^ Football: Laudrup in swipe at Vialli ploy”. thefreelibrary.com. The Racing Post (1998年9月17日). 2013年7月31日閲覧。
  5. ^ Nielsen, Bjarne (1993年12月21日). “Brian giver op” (Danish). Ekstra Bladet: p. 37 
  6. ^ NO CAMP; Laudo KOd move from Gers to Barca ... so he could play FALKIRK”. thefreelibrary.com (2011年5月28日). 2013年9月15日閲覧。
  7. ^ I wouldn't have joined Chelsea if I had known Vialli's methods SAYS BRIAN LAUDRUP”. Thefreelibrary.com (1998年10月20日). 2014年7月18日閲覧。
  8. ^ Steenbach, Kasper (2002年10月). “They come over here ...”. wsc.co.uk. 2013年9月2日閲覧。
  9. ^ Blackburn 3-4 Chelsea 1998–99 (Roy Hodgson loses it)”. chesneyincognito (2013年4月5日). 2013年9月2日閲覧。
  10. ^ Brian Laudrup at Chelsea”. billyblackburn87 (2013年6月23日). 2013年9月2日閲覧。
  11. ^ Tongue, Steve (1998年11月5日). “Laudrup's Chelsea goal is achieved”. The Independent. http://www.independent.co.uk/sport/football-laudrups-chelsea-goal-is-achieved-1183143.html 2009年11月6日閲覧。 
  12. ^ graham Le saux picks his best 11 http://www.givemesport.com/521089-graham-le-saux-picks-his-best-xi
  13. ^ Velkommen til Laudrup & Høgh - Procamp” (デンマーク語). 2010年9月8日閲覧。
  14. ^ Laudrup aiming to beat cancer” (英語). skysports.com (2010年9月7日). 2010年9月8日閲覧。
  15. ^ Brian Laudrup har fået konstateret kræft” (デンマーク語). skyspopolitiken.dk (2010年9月7日). 2010年9月8日閲覧。
  16. ^ Legend Brian Laudrup given cancer all clear” (英語). 2011年6月18日閲覧。

外部リンク[編集]