パウロ・シーラス・ド・プラド・ペレイラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の)はド・プラド第二姓(父方の)はペレイラです。
シーラス Football pictogram.svg
Paulo Silas.jpg
アル・アラビ監督時代(2011年)
名前
本名 パウロ・シーラス・ド・プラド・ペレイラ
Paulo Silas do Prado Pereira
ラテン文字 SILAS
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1965-08-27) 1965年8月27日(55歳)
出身地 カンピーナス
身長 178cm
体重 71kg
選手情報
ポジション MF (AMF, CMF)
利き足 右足
ユース
1980-1984 ブラジルの旗 サンパウロ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1984-1988 ブラジルの旗 サンパウロ 55 (16)
1988-1990 ポルトガルの旗 スポルティングCP 52 (14)
1990 ウルグアイの旗 セントラル・エスパニョール 2 (3)
1990-1991 イタリアの旗 チェゼーナ 26 (3)
1991-1992 イタリアの旗 サンプドリア 31 (3)
1992-1993 ブラジルの旗 インテルナシオナウ 51 (18)
1994-1995 ブラジルの旗 ヴァスコ・ダ・ガマ 23 (2)
1995-1997 アルゼンチンの旗 サン・ロレンソ 95 (24)
1997 ブラジルの旗 サンパウロ 16 (2)
1998-1999 日本の旗 京都パープルサンガ 56 (11)
2000 ブラジルの旗 アトレチコ・パラナエンセ 20 (1)
2001 ブラジルの旗 リオ・ブランコ 8 (0)
2001 ブラジルの旗 イトゥアーノ 5 (0)
2001-2002 ブラジルの旗 アメリカ-MG 6 (0)
2002 ブラジルの旗 ポルトゥゲーザ 0 (0)
2003-2006 ブラジルの旗 インテル・ジ・リメイラ 0 (0)
1984-2006 通算 453 (94)
代表歴2
1985 ブラジルの旗 ブラジル U-20
1986-1990 ブラジルの旗 ブラジル 38 (4)
監督歴
2007-2008 ブラジルの旗 フォルタレーザ
2008-2009 ブラジルの旗 アヴァイ
2010 ブラジルの旗 グレミオ
2010 ブラジルの旗 フラメンゴ
2011 ブラジルの旗 アヴァイ
2011-2012 カタールの旗 アル・アラビ
2012 カタールの旗 アル・ガラファ
2013 ブラジルの旗 ナウチコ
2013-2014 ブラジルの旗 アメリカ-MG
2014 ブラジルの旗 ポルトゥゲーザ
2015 ブラジルの旗 セアラー
2016 ブラジルの旗 アヴァイ
2017 ブラジルの旗 ノヴォリゾンチーノ
2017 ブラジルの旗 レッドブル・ブラジウ
2019 ブラジルの旗 トゥバロン
2019 ブラジルの旗 サンベント
1. 国内リーグ戦に限る。2020年7月30日現在。
2. 2020年7月30日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

パウロ・シーラス・ド・プラド・ペレイラPaulo Silas do Prado Pereira, 1965年8月27日 - )は、ブラジルカンピーナス出身の元同国代表サッカー選手、サッカー指導者。現役時代のポジションは主に攻撃的ミッドフィールダー[1]。通称シーラス (Silas) 、またはパウロ・シーラス (Paulo Silas) 。

クラブ歴[編集]

1991-92シーズンにはUCサンプドリアに移籍、UEFAチャンピオンズカップ決勝のFCバルセロナ戦ではベンチ入りするも出場機会は無く、チームは延長戦で0-1と敗れた[2]

1998年シーズンから2年間、Jリーグ京都パープルサンガでプレー、1998年4月11日のヴィッセル神戸戦でJリーグ初ゴール[3]。当初は自身が供給するパスの受け手を模索していたが、三浦知良が加入すると高度な連携プレーを見せる。翌シーズンは26試合で6ゴール10アシスト(アシスト数はリーグ5位タイ)を決めるなど[4]、攻撃の軸として活躍した。Jリーグでは通算56試合11ゴールの成績を残した[3]

代表歴[編集]

1985年、U-20ブラジル代表の一員として出場したFIFAワールドユース選手権で同大会の得点王となった[5]。翌1986年からはブラジルA代表に選出され、38試合に出場して1得点を挙げた[6]

FIFAワールドカップには、1986年メキシコ大会で2試合に出場、準々決勝のフランス戦では途中出場した[7]1990年イタリア大会では背番号10を背負って出場したが、ブラジルは早々に敗退。自身は途中出場で3試合に出場したが、全て10分未満のプレーに止まった。

指導歴[編集]

2007年フォルタレーザECの監督に就任して指導者としてのキャリアを開始する。2008年からはアヴァイFCの監督を務め、就任1年目でカンピオナート・ブラジレイロ・セリエA昇格を実現。2009年シーズンはセリエA6位の結果を残した。同年限りでアヴァイの監督を退任した[8]

2011年2月16日、再びアヴァイの監督に就任[9]

2017年3月、セリエDグレミオ・ノヴォリゾンチーノの指揮官となる[10]カンピオナート・パウリスタでは準々決勝まで導いた[11]

翌月、セリエDのレッドブル・ブラジウの監督に就任したが[12]、成績不振により約3か月で解任された[13]

2019シーズンより、セリエDのCAトゥバロンの監督に就任することが発表された[14]。開幕6試合で2勝4敗2分けという成績の中、翌年2月に契約解除となった[15]

約1週間後、セリエBECサンベントに招聘された[16]しかし5試合で4敗1分けの成績に終わり約1か月で解任された[17]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
ブラジル リーグ戦 ブラジル杯オープン杯 期間通算
1985 サンパウロ セリエA 11 3
1986 33 9
1987 13 5
1988 0 0
ポルトガル リーグ戦 リーグ杯ポルトガル杯 期間通算
1988-89 スポルティングCP プリメイラ 35 8
1989-90 12 3
ウルグアイ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
1990 セントラル プリメーラ 2 3
イタリア リーグ戦 イタリア杯オープン杯 期間通算
1990-91 チェゼーナ セリエA 26 3
1991-92 サンプドリア 31 3
ブラジル リーグ戦 ブラジル杯オープン杯 期間通算
1992 インテルナシオナウ セリエA
1993
1994 ヴァスコ・ダ・ガマ
1995
アルゼンチン リーグ戦 リーグ杯アルヘンティーナ杯 期間通算
1995-96 サン・ロレンソ
1996-97
ブラジル リーグ戦 ブラジル杯オープン杯 期間通算
1997 サンパウロ セリエA 5 0
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
1998 京都 10 J 30 5 2 0 2 1 34 6
1999 J1 26 6 4 3 2 0 32 9
ブラジル リーグ戦 ブラジル杯オープン杯 期間通算
2000 アトレチコ-PR セリエA 20 0
2001 リオ・ブランコ-SP
2001 イトゥアーノ
2001 アメリカ-MG セリエA 6 0
2002 セリエB
2002 ポルトゥゲーザ セリエA
2003 インテル-SP
通算 ブラジル
ポルトガル 47 11
ウルグアイ
イタリア セリエA 57 6
日本 J1 56 11 6 3 4 1 66 15
アルゼンチン
総通算

タイトル[編集]

クラブ
サンパウロ
インテルナシオナウ
ヴァスコ・ダ・ガマ
サン・ロレンソ
アトレチコ・パラナエンセ
代表
ブラジル U-20
ブラジル
監督時代
アヴァイ
グレミオ
アル・アラビ
アル・ガラファ
セアラー
個人

脚注[編集]

  1. ^ Silas”. worldfootball.net. 2020年4月16日閲覧。
  2. ^ Sampdoria vs Barcelona 1992 European Cup Final – A Snapshot Of Football History”. worldfootballindex.com. 2020年4月16日閲覧。
  3. ^ a b シーラス”. data.j-league. 2020年4月16日閲覧。
  4. ^ 週刊サッカーマガジン 1999年12月29日 no.743号 p.22-25 ベースボールマガジン社
  5. ^ Silas”. sambafoot.coml-teams.com. 2020年4月16日閲覧。
  6. ^ Silas”. national-football-teams.com. 2020年4月16日閲覧。
  7. ^ Brazil-France Jun 21 1986”. data.j-league. 2020年4月16日閲覧。
  8. ^ [ブラジルL37週元京都のシーラス、アバイ監督ホーム最終戦はドロー]”. ゲキサカ (2009年12月4日). 2020年7月30日閲覧。
  9. ^ 元京都のシーラス、ふたたびアバイ監督に就任”. ゲキサカ (2011年2月19日). 2020年7月30日閲覧。
  10. ^ Novorizontino confirma Silas como novo técnico para reta final do Paulista”. GloboEsporte.com (2017年3月6日). 2020年7月30日閲覧。
  11. ^ Silas e Roberto valorizam objetivos alcançados pelo Novorizontino”. GloboEsporte.com (2017年4月9日). 2020年7月30日閲覧。
  12. ^ RB Brasil anuncia Silas como novo técnico visando disputa da Série D”. GloboEsporte.com (2017年4月24日). 2020年7月30日閲覧。
  13. ^ Sem calendário, RB Brasil amplia reformulação com saída do técnico Silas”. GloboEsporte.com (2017年7月3日). 2020年7月30日閲覧。
  14. ^ Tubarão anuncia Silas como novo treinador”. GloboEsporte.com (2018年11月27日). 2020年7月30日閲覧。
  15. ^ Sem vencer no estadual, Tubarão demite o técnico Silas”. GloboEsporte.com (2019年2月4日). 2020年7月30日閲覧。
  16. ^ São Bento anuncia Silas como novo técnico”. GloboEsporte.com (2019年2月11日). 2020年7月30日閲覧。
  17. ^ Silas não é mais técnico do São Bento”. GloboEsporte.com (2019年3月18日). 2020年7月30日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]