パウロ・シーラス・ド・プラド・ペレイラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
シーラス Football pictogram.svg
Paulo Silas.jpg
名前
本名 パウロ・シーラス・ド・プラド・ペレイラ
Paulo Silas do Prado Pereira
カタカナ シーラス
ラテン文字 SILAS
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1965-08-27) 1965年8月27日(51歳)
出身地 サンパウロ州の旗 サンパウロ州カンピーナス
身長 178cm
体重 71kg
選手情報
ポジション MF
利き足 右足
代表歴
1986-1990 ブラジルの旗 ブラジル 38 (4)
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

パウロ・シーラス・ド・プラド・ペレイラ(Paulo Silas do Prado Pereira, 1965年8月27日 - )は、ブラジルサンパウロ州カンピーナス出身のサッカー選手。ポジションは攻撃的ミッドフィールダー。通称シーラス (Silas) 、またはパウロ・シーラス (Paulo Silas) 。

経歴[ソースを編集]

1985年、U-20ブラジル代表の一員として出場したFIFAワールドユース選手権で同大会の得点王に輝く。翌1986年からはブラジルA代表に選出され、38試合に出場して4得点を挙げている。

FIFAワールドカップには、1986年メキシコ大会1990年イタリア大会に出場。イタリア大会では背番号10を背負って出場したが、ブラジルは早々に敗退し、シーラス自身も活躍できなかったため、大会後には「セレソン史上最低の10番」と言われた。

1998年から2年間Jリーグ京都パープルサンガでプレーした。

2007年フォルタレーザECの監督に就任して指導者業を開始する。2008年からはアヴァイFCの監督を務め、わずか就任1年で全国選手権1部昇格を実現する。2009年シーズンも満足とは言えない戦力で全国選手権1部で善戦を続け、監督としての手腕を高く評価された。

所属クラブ[ソースを編集]

指導歴[ソースを編集]


代表歴[ソースを編集]

個人成績[ソースを編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
ブラジル リーグ戦 ブラジル杯 オープン杯 期間通算
1985 サンパウロ セリエA 11 3
1986 33 9
1987 13 5
1988 0 0
ポルトガル リーグ戦 リーグ杯 ポルトガル杯 期間通算
1988-89 スポルティングCP プリメイラ 35 8
1989-90 12 3
ウルグアイ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
1990 セントラル プリメーラ 2 3
イタリア リーグ戦 イタリア杯 オープン杯 期間通算
1990-91 チェゼーナ セリエA 26 3
1991-92 サンプドリア 31 3
ブラジル リーグ戦 ブラジル杯 オープン杯 期間通算
1992 インテルナシオナル セリエA
1993
1994 ヴァスコ・ダ・ガマ
1995
アルゼンチン リーグ戦 リーグ杯 アルヘンティーナ杯 期間通算
1995-96 サン・ロレンソ
1996-97
ブラジル リーグ戦 ブラジル杯 オープン杯 期間通算
1997 サンパウロ セリエA 5 0
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
1998 京都 10 J 30 5 2 0 2 1 34 6
1999 J1 26 6 4 3 2 0 32 9
ブラジル リーグ戦 ブラジル杯 オープン杯 期間通算
2000 アトレチコ-PR セリエA 20 0
2001 リオ・ブランコ-SP
2001 イトゥアーノ
2001 アメリカ-MG セリエA 6 0
2002 セリエB
2002 ポルトゥゲーザ セリエA
2003 インテル-SP
通算 ブラジル
ポルトガル 47 11
ウルグアイ
イタリア セリエA 57 6
日本 J1 56 11 6 3 4 1 66 15
アルゼンチン
総通算

関連項目[ソースを編集]