マノ・メネーゼス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の)はヴェンケル第二姓(父方の)はデ・メネーゼスです。
マノ・メネーゼス Football pictogram.svg
Sorteio das Eliminatórias - Copa 2014 (5990481103) (cropped).jpg
2011年のメネーゼス
名前
本名 ルイス・アントニオ・ヴェンケル・メネーゼス
Luiz Antônio Venker Menezes
愛称 マノ[1][2]
ラテン文字 MANO MENEZES
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1962-06-11) 1962年6月11日(55歳)
出身地 パッソ・ド・ソブラードポルトガル語版
監督歴
チーム
1997-2002 ブラジルの旗 グアラニ-VA
2002 ブラジルの旗 ブラジウ・ジ・ペロタス
2003 ブラジルの旗 グアラニ-VA
2003 ブラジルの旗 イラチ
2003-2004 ブラジルの旗 キンゼ・デ・ノヴェンブロ
2004-2005 ブラジルの旗 カシアス
2005-2007 ブラジルの旗 グレミオ
2008-2010 ブラジルの旗 コリンチャンス
2010-2012 ブラジルの旗 ブラジル
2012  ブラジル U-23
2013 ブラジルの旗 フラメンゴ
2014 ブラジルの旗 コリンチャンス
2015 ブラジルの旗 クルゼイロ
2016 中華人民共和国の旗 山東魯能
2016- ブラジルの旗 クルゼイロ
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

マノ・メネーゼス (Mano Menezes) こと、ルイス・アントニオ・ヴェンケル・メネーゼス(Luiz Antonio Venker Menezes, 1962年6月11日 - )は、ブラジルリオグランデ・ド・スル州出身のサッカー指導者。

経歴[編集]

アマチュア選手としてプレーしたことはあるが、プロ選手としての経験はない[3]。サッカー選手としてプレーする傍らで、大学で体育学を学んだ[4]。1990年代後半から2000年代前半はブラジルの小クラブで指揮を執った。

グレミオ時代[編集]

2005年4月、カンピオナート・ブラジレイロ・セリエB(2部)に所属していたグレミオの監督に就任した。セリエBで優勝してセリエA(1部)昇格を果たすとともに、レシフェで行われたナウチコ戦は死闘として広く知られるようになった。

2006年のリオグランデ・ド・スル州選手権ではライバルのSCインテルナシオナルを下し、2001年以来初となる州制覇を成し遂げた。全国選手権では3位に位置し、コパ・リベルタドーレスの出場権を獲得した。2007年には州選手権で2連覇を果たすとともに、コパ・リベルタドーレスで決勝に進出したが、ボカ・ジュニアーズに敗れた。11月28日、後に指揮することとなるコリンチャンス戦がグレミオでの最終戦となり、コリンチャンスをセリエBに降格させる結果となった。グレミオでは169試合を指揮し、89勝35分45敗で勝率59.56%、最大勝ち点507のうち302ポイントを得るといった記録を残した。

コリンチャンス時代[編集]

2007年末にコリンチャンスの監督に就任し、降格の危機から救った。2008年には25勝10分3敗の好成績でセリエB優勝を果たし、全国選手権への昇格を決めた。2009年5月にはサンパウロ州選手権で無敗優勝を果たした。7月1日、SCインテルナシオナルを降してコパ・ド・ブラジルのタイトルを獲得し、コパ・リベルタドーレスの出場権を獲得した[5]。ブラジル代表監督要請を承諾した翌日のグアラニFC戦で勝利し、クラブを首位に引き上げて後任に引き渡した。短期間で監督が交代するブラジルでは珍しく、2年7カ月の長期政権を築き、最終戦後にはサポーターに拍手で送り出された。

ブラジル代表時代[編集]

2010年7月24日、ドゥンガの後任としてブラジル代表監督に就任することが発表された[3]。ただし、彼がブラジルサッカー連盟の本命候補だったわけではなく、ルイス・フェリペ・スコラーリ(フリー)やムリシ・ラマーリョフルミネンセFC監督)などが就任要請を断ったためにメネーゼスに役割が回ってきたとされる[6] [7] [8]。A代表未経験の若手を10人も招集し[9]、6歳以上も若返ったメンバー[10]で臨んだ8月10日のアメリカとの親善試合に2-0で勝利して代表監督デビュー戦を飾った[11]。 3連覇のかかったコパ・アメリカ2011ではパラグアイにPK戦の末敗れてベスト8に終わり、3連覇はならなかった。

U-23ブラジル代表監督も兼任。ロンドンオリンピックでは決勝でメキシコに敗れ、ブラジルサッカー初の金メダル獲得はならなかった。

2012年11月23日、ブラジル代表監督を解任された[12]

フラメンゴ時代[編集]

2013年6月14日、CRフラメンゴの監督に就任[13]

タイトル[編集]

グレミオ
コリンチャンス

脚注[編集]

  1. ^ 「マノ」とはポルトガル語で兄弟を意味する言葉であり、幼少時代に彼の姉妹がこう呼んでいたことに因む
  2. ^ Mano Menezes já fala em ganhar a Copa do Mundo de 2014clicrn.com.br、2010年7月25日
  3. ^ a b ブラジル代表、ドゥンガ前監督の後任にメネゼス氏ロイター、2010年7月25日
  4. ^ マノ・メネーゼス監督の新生セレソン4World Soccer Plus、2010年8月1日
  5. ^ Corinthians vence a Copa do Brasil e 'termina' 2009 em seis meses Archived 2009年7月5日, at the Wayback Machine.esporte.uol.com、2010年7月2日
  6. ^ footballista、ソルメディア、2010年8月18日号、35頁
  7. ^ ブラジル代表次期監督にメネゼス氏決定msn産経ニュース、2010年7月25日
  8. ^ ブラジル次期代表監督はメネゼス氏にAFP BB News、2010年7月25日
  9. ^ メネゼス新監督 10人をブラジル代表に初招集AFP BB News、2010年8月8日
  10. ^ メネゼス新監督、ブラジル代表「刷新」サンスポ、2010年7月28日
  11. ^ 若手主体のブラジル、アメリカに快勝Football Weekly、2010年8月11日
  12. ^ 2014年W杯開催国ブラジル、メネゼス監督を解任Goal.com、2012年11月24日
  13. ^ 前ブラジル代表監督がフラメンゴ指揮官にGoal、2013年6月15日

外部リンク[編集]