リュシュテュ・レチベル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
リュシュテュ・レチベル Football pictogram.svg
RUSTU RECBER WITH AHMET TURGUT.jpg
名前
ラテン文字 Rüştü Reçber
基本情報
国籍 トルコの旗 トルコ
生年月日 (1973-05-10) 1973年5月10日(44歳)
出身地 アンタルヤ
身長 186cm
体重 76kg
選手情報
在籍チーム 引退
ポジション GK
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1988-1991 トルコの旗 ブルドゥルギュジュ 1 (0)
1991-1994 トルコの旗 アンタルヤスポル 34 (0)
1994-2003 トルコの旗 フェネルバフチェ 241 (0)
2003-2004 スペインの旗 バルセロナ 4 (0)
2004-2007 トルコの旗 フェネルバフチェ 54 (0)
2007-2012 トルコの旗 ベシクタシュ 103 (0)
代表歴2
1994-2012 トルコの旗 トルコ[1] 120 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2013年8月24日現在。
2. 2013年8月24日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

リュシュテュ・レチベルRüştü Reçber 1973年5月10日 - )は、トルコアンタルヤ出身の元同国代表サッカー選手。現役時代のポジションはゴールキーパー

経歴[ソースを編集]

ユース時代は右ウイングとしてプレーしていたが、17歳の時の監督に「君は背が高いからゴール前に立ってみるといい」と言われ、ゴールキーパーに転向した[2]1990年ブルドゥルギュジュに入団。1シーズン在籍した後に地元のサッカークラブ・アンタルヤスポルへ移籍した。

GKコーチのIlie Datcuによって見い出され、ファティ・テリム監督の指導によって才能が開花した。テリムは、まだクラブの第3GKだったリュシュテュの潜在能力に感銘を受け、「君はいずれトルコでもっとも素晴らしいGKになるだろう」と伝えた。テリムはフェネルバフチェSKガラタサライSKベシクタシュJKのトルコ三大クラブにリュシュテュを推薦し、1993年にベシクタシュJKと契約した。しかし、契約締結の直後に自動車事故に巻き込まれて怪我を負い、メディカルチェックを通ることができず、ベシクタシュJKへの移籍は取りやめになった。

1993-94シーズンのはじめ、フェネルバフチェSKと契約した。そのシーズンはアンタルヤスポルでプレーすることが認められ、レンタル移籍という形でチームに残った。フェネルバフチェでの初年度となる1994-95シーズンは、クラブとトルコ代表の正GKのEngin İpekoğluが負傷し、幸運にも出場機会を得て、1994年10月12日のアイスランド戦で代表デビューを飾った。その後9年間はクラブでも代表でも地位を不動のものとし、フェネルバフチェ在籍期間中に4度のリーグ優勝を成し遂げた。UEFA EURO '96UEFA EURO 2000に出場。さらに2002年日韓W杯では、チームの守護神として48年ぶりに本大会出場を果たした代表を3位入賞に導く活躍を見せ、最優秀GK投票ではドイツオリバー・カーンに次ぐ2位に選ばれた。

2003年にフェネルバフチェとの契約が切れるとACミランインテル・ミラノFCバルセロナバレンシアCFマンチェスター・ユナイテッドFCアーセナルFCユヴェントスFCリヴァプールFCからオファーがあり、アーセナルFCと契約間近だったが、アーセン・ベンゲル監督と口論したことから移籍は破談となった。結局、FCバルセロナに移籍し、好調なプレシーズンを送ったが、シーズン開幕前に怪我に見舞われた。開幕にはなんとか間に合ったが、リュシュテュはまだスペイン語に不慣れだったため、フランク・ライカールト監督はビクトル・バルデスを開幕戦に送り出した。「私の実績と能力からすれば、スペイン語が話せないために試合に出られないのは解せない」と述べたが、ぱっとしないスペインでの挑戦は1シーズンで終わった。

2006-07シーズンにフェネルバフチェでリーグ優勝したが、自身の将来のことでクラブと揉めたことから、ヴォルカン・デミレルにポジションを奪われた。そのため、ライバルクラブのベシクタシュJKにフリーで移籍し、フェネルバフチェのファンの怒りを買った。ベシクタシュJKでも好パフォーマンスを披露したが、たびたび怪我に悩まされている。

UEFA EURO 2008では控えゴールキーパーとして選出されたが、出場停止となったヴォルカン・デミレルに代わり大会途中から出場。準々決勝のクロアチア戦ではスーパーセーブを連発し、PK戦でもクロアチアに1本しか成功を許さない活躍で、トルコ初のベスト4進出に貢献した。また同大会終了後、代表引退を表明した。

エピソード[ソースを編集]

少年の頃に好きだったゴールキーパーはピーター・シュマイケルである[3]。彼とはUEFA EURO '96で対戦している。フェネルバフチェ在籍時にもUEFA欧州選手権マンチェスター・ユナイテッドFCに所属していたシュマイケルと対戦した。

所属クラブ[ソースを編集]

トルコの旗 アンタルヤスポル 1993-1994 (loan)

代表歴[ソースを編集]

トルコ代表

タイトル[ソースを編集]

フェネルバフチェ
ベシクタシュJK
トルコ代表
個人
2002
  • IFFHS最優秀GK賞3位
2002

脚注[ソースを編集]

  1. ^ “Recber Rustu - Century of International Appearances” (英語). The Rec.Sport.Soccer Statistics Foundation. http://www.rsssf.com/miscellaneous/recber-intl.html 
  2. ^ uefa.com (2009年10月7日). “ベジクタシュの復活を信じるリュシュトゥ”. 2009年10月8日閲覧。
  3. ^ uefa.com (2009年10月7日). “ベジクタシュの復活を信じるリュシュトゥ”. 2009年10月8日閲覧。

外部リンク[ソースを編集]