ハミト・アルトゥントップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ハミト・アルトゥントップ Football pictogram.svg
Hamit Altıntop Akhisar.JPG
ガラタサライSKでのアルトゥントップ (2012年)
名前
ラテン文字 Hamit Altıntop
基本情報
国籍 トルコの旗 トルコ
ドイツの旗 ドイツ
生年月日 (1982-12-08) 1982年12月8日(35歳)
出身地 ゲルゼンキルヒェン
身長 183cm
体重 82kg
選手情報
在籍チーム ドイツの旗 SVダルムシュタット98
ポジション MF
背番号 34
利き足 右足
ユース
1991-1992 ドイツの旗 シュヴァルツ=ヴァイス・ゲルゼンキルヒェン=ズュート
1992-1997 ドイツの旗 TuSロットハウゼン
1997-2000 ドイツの旗 SGヴァッテンシャイト
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2000-2003 ドイツの旗 SGヴァッテンシャイト 75 (12)
2003-2007 ドイツの旗 シャルケ04 113 (8)
2007-2011 ドイツの旗 バイエルン・ミュンヘン 63 (7)
2011-2012 スペインの旗 レアル・マドリード 5 (1)
2012-2017 トルコの旗 ガラタサライ 61 (1)
2017- ドイツの旗 SVダルムシュタット98
代表歴2
2000 トルコの旗 トルコ U-18 5 (3)
2001 トルコの旗 トルコ U-20 6 (1)
2003 トルコの旗 トルコ U-21 9 (2)
2004-2014 トルコの旗 トルコ 82 (7)
1. 国内リーグ戦に限る。2017年2月1日現在。
2. 2014年11月18日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ハミト・アルトゥントップ[1]Hamit Altıntop, 1982年12月8日 - )は、ドイツゲルゼンキルヒェン出身のトルコ人サッカー選手SVダルムシュタット98所属。ポジションはミッドフィールダー

経歴[編集]

クラブ[編集]

1997年に地元のSGヴァッテンシャイトの下部組織に入団し、2000年に弟ハリルと共にトップチームに昇格した。

シャルケ04[編集]

2003年夏にはブンデスリーガ(1部)のシャルケ04に引き抜かれ、2003-04シーズン開幕戦のボルシア・ドルトムント戦で移籍後初得点を決めるなど即座に頭角を現した。移籍当初は守備的ミッドフィールダーとしてプレーした。2006年夏にはハリルがカイザースラウテルンからシャルケ04に加入し、3年ぶりに同じクラブに所属することになった。2006-07シーズンはシュトゥットガルトと勝ち点2差の2位でシーズンを終えた。

バイエルン・ミュンヘン[編集]

2007年夏にシャルケ04との契約が満了したため、移籍金なしでバイエルン・ミュンヘンに移籍した。ブラジル王者のサンパウロFCとのプレシーズンマッチ (2-1) でデビューし、素晴らしいフリーキックで移籍後初得点も決めた。DFLリーガポカールヴェルダー・ブレーメン戦 (4-1) でも先発出場し、30mの距離から左足でミドルシュートを決めた。2008年2月14日にはUEFAカップアバディーン戦ファーストレグ (2-2) に出場し、ペナルティキックをGKジェイミー・ラングフィールドにセーブされたものの、跳ね返りをゴールに押し込んだ[2]。2009-10シーズンはチャンピオンズリーグで決勝まで勝ち上がり、2010年5月22日の決勝ではマドリードのエスタディオ・サンティアゴ・ベルナベウインテルと対戦した。ハミトはこの試合に左サイドハーフとして先発出場したが、63分にミロスラフ・クローゼと交代し、試合には0-2で敗れた。2010年6月2日、バイエルン・ミュンヘンとの1年間の契約延長で合意した[3]

レアル・マドリード[編集]

2011年夏にバイエルン・ミュンヘンとの契約が満了し、2011年5月19日にスペイン・リーガ・エスパニョーラレアル・マドリードと4年契約を結んだ[4]

ガラタサライ[編集]

レアル・マドリードでは出場機会があまり訪れず、2012年7月13日、母国トルコ・スュペルリグガラタサライSKに4年契約で移籍[5]

代表[編集]

EURO2008の出場メンバーに選出され、5試合全てに出場した。ファティ・テリム監督にグループリーグ最初から2試合で右サイドバックとして起用されたが、グループリーグ3戦目からはミッドフィールダーの位置に戻った。グループリーグのチェコ戦では3得点全てをアシストし、準々決勝のクロアチア戦ではPK戦の3番手としてペナルティキックを決めた。このクロアチア戦ではマン・オブ・ザ・マッチに選ばれ、準決勝進出の原動力となった。大会後には欧州サッカー連盟 (UEFA) 選出のチーム・オブ・ザ・トーナメント (23人) に選ばれた[6]。2011年1月、EURO2012予選カザフスタン戦のボレーシュートでFIFAプスカシュ賞を受賞した[7]。同年3月30日のオーストリア戦では、初めてトルコ代表のキャプテンを務めた。

人物[編集]

同じくサッカー選手のハリル・アルトゥントップ双子の弟である[8]

個人成績[編集]

クラブでの出場記録[編集]

クラブ成績 リーグ カップ リーグ杯 国際大会 通算
シーズン クラブ リーグ 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
ドイツ リーグ DFBポカール リーグ杯 ヨーロッパ 通算
2000-01 SGヴァッテンシャイト レギオナルリーガ 11 1 11 1
2001-02 31 4 31 4
2002-03 33 7 33 7
2003-04 シャルケ04 ブンデスリーガ 30 5 0 0 3 1 33 5
2003-04 シャルケ04II レギオナルリーガ 1 0 0 0 1 0
2004-05 シャルケ04 ブンデスリーガ 30 0 6 1 8 0 44 1
2005-06 22 1 2 0 2 0 9 1 35 2
2006-07 31 2 2 0 2 0 2 0 37 2
2007-08 バイエルン・ミュンヘン 23 3 5 1 3 1 9 3 40 8
2008-09 11 2 3 0 4 0 18 2
2008-09 バイエルン・ミュンヘンII ドリッテリーガ 1 0 1 0
2009-10 バイエルン・ミュンヘン ブンデスリーガ 15 0 5 1 6 0 26 1
2010-11 14 2 3 0 7 0 24 2
スペイン リーグ 国王杯 リーグ杯 ヨーロッパ 通算
2011-12 レアル・マドリード リーガ・エスパニョーラ 5 1 3 0 4 0 12 1
通算 ドイツ 253 27 26 2 7 1 48 5 334 35
スペイン 5 1 3 0 4 0 12 1
総通算 258 28 29 2 7 1 52 5 346 36

代表での得点[編集]

タイトル[編集]

クラブ[編集]

シャルケ04
バイエルン・ミュンヘン
レアル・マドリード
ガラタサライ

個人[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 姓の「アルトゥントップ」はトルコ語グレープフルーツの意
  2. ^ “Aberdeen 2–2 Bayern Munich”. BBC Sport. (2008年2月14日). http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/europe/7236397.stm 2009年5月12日閲覧。 
  3. ^ Altintop signs new Bayern Munich deal”. Ontheminute.com (2010年6月2日). 2010年6月2日閲覧。
  4. ^ “Madrid swoop for free agent Hamit Altıntop”. UEFA.com. (2011年5月19日). http://www.uefa.com/memberassociations/association=ger/news/newsid=1633071.html 2011年5月19日閲覧。 
  5. ^ “ハミト・アルティントップがガラタサライへ”. Goal.com. (2012年7月13日). http://www.goal.com/jp/news/3639/%E3%83%88%E3%83%AB%E3%82%B3/2012/07/13/3239389/%E3%83%8F%E3%83%9F%E3%83%88%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%83%E3%83%97%E3%81%8C%E3%82%AC%E3%83%A9%E3%82%BF%E3%82%B5%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%81%B8 2012年7月20日閲覧。 
  6. ^ Spain dominate Team of the Tournament”. euro2008.uefa.com (2008年6月30日). 2008年9月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年6月30日閲覧。
  7. ^ Argentina's Lionel Messi wins Fifa Ballon d'Or award”. BBC Sport (2011年1月10日). 2011年1月10日閲覧。
  8. ^ Futbolcu biraderler: Hamit ve Halil Altıntop – Futbolu Sevenlerin”. fourfourtwo.com (2013年4月28日). 2016年10月3日閲覧。

外部リンク[編集]