柳想鐵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
柳 想鐵 Football pictogram.svg
名前
カタカナ ユ・サンチョル
ラテン文字 Yoo Sang-chul
ハングル 유상철
基本情報
国籍 大韓民国の旗 大韓民国
生年月日 (1971-10-18) 1971年10月18日
出身地 ソウル特別市
没年月日 (2021-06-07) 2021年6月7日(49歳没)
身長 184cm
体重 78kg
選手情報
ポジション MF / DF / FW
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1994-1998 大韓民国の旗 蔚山現代FC 105 (24)
1999-2000 日本の旗 横浜F・マリノス 44 (24)
2001-2002 日本の旗 柏レイソル 33 (14)
2002-2003 大韓民国の旗 蔚山現代FC 18 (12)
2003-2004 日本の旗 横浜F・マリノス 36 (6)
2005 大韓民国の旗 蔚山現代 18 (1)
代表歴
1994-2005 大韓民国の旗 韓国 122 (18)
監督歴
2011-2012 大韓民国の旗 大田シチズン
2017-2018 大韓民国の旗 全南ドラゴンズ
2019 大韓民国の旗 仁川ユナイテッドFC
1. 国内リーグ戦に限る。2006年1月1日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

柳 想鐵(ユ・サンチョル、Yoo Sang-chul유상철1971年10月18日 - 2021年6月7日)は、韓国出身の元サッカー選手、サッカー指導者。建国大学校卒業。

略歴[編集]

現役時代は主に守備的ミッドフィールダーとして活躍。フォワードディフェンダーとして出場することも多く[1]ゴールキーパー以外どのポジションでもこなせるユーティリティープレイヤーだった[2]

1999年、横浜F・マリノスに加入し、5月8日のジェフ市原戦でJリーグ初ゴールを決めた[3]。2000年のファーストステージでは、優勝を経験。2000年は22試合17ゴールと活躍したが[3]、シーズン終了後、チームを退団。

2001年洪明甫と監督の西野朗から誘われて[1]柏レイソルに加入。黄善洪も含め、韓国代表選手3名が揃う陣容となったが、翌年開催のワールドカップのために力を入れたことでコンディションを落とし[4]、また柳は主将の洪よりも大学の先輩である黄を慕ったため、洪がやや孤立し[4]これが、成績下降の一因となった[4]。ワールドカップ後のヨーロッパ進出を図って、2002年シーズン途中に柏を退団したが失敗に終わった[1]

2003年には横浜F・マリノスで監督を務めていた岡田武史に誘われ[2]、横浜Fマリノスへ3年ぶりに復帰。当初は中盤の選手として構想されていたが、右サイドバックとして加入が決定していたブラジル代表カフーがチーム合流直前に契約を解除、その穴埋めとして右サイドバックで起用されると[2]、そのユーティリティ能力を発揮し活躍。ファーストステージとセカンドステージを制覇しチームを完全優勝に貢献した[2]。横浜F・マリノスには、2004年末まで在籍し、Jリーグでは通算113試合44ゴールの成績を残した[3]。その後は蔚山現代FCに再び復帰した。

FIFAワールドカップに2度出場(19982002)。2002年大会では洪と共に16人のオールスターチームに選ばれた。2003年の東アジア選手権では大会MVPに輝いた。

2006年3月4日に、膝の故障を理由に現役引退を表明した。

2009年から春川機械工業高等学校サッカー部監督を務め、2011年7月よりKリーグ大田シチズンの監督に就任したが、2012年シーズン終了で退任[5]。その後、2014年より蔚山大学校サッカー部監督を務めた[5]

2017年12月4日、Kリーグ・全南ドラゴンズの監督に就任し[6]、2018年まで指揮[7]

2019年5月、低迷する仁川ユナイテッドFCの監督に就任したが[8]、10月に体調不良で入院[9]。11月に仁川ユナイテッドの公式サイトを通じて自身がステージ4の膵癌であることを公表した[10]。同年限りで仁川ユナイテッドの監督を退任。

2020年2月23日、病身を押して来日し日産スタジアムでのJ1リーグ開幕戦・横浜F・マリノスガンバ大阪戦の終了後、横浜F・マリノスのサポーターたちに挨拶。癌であることを告白した後にサポーターたちが自身を励ますコールを送り横断幕「'できるよ' 柳想鐵兄貴!!」を出してくれたことに対して感謝の念を述べた[11][2]

2021年6月7日19時頃、膵癌のためソウル市内の病院で死去[12][13]。49歳没。

エピソード[編集]

  • 高校2年生のとき、相手のシュートしたボールが左目に当たって以降、左目の視力をほぼ失っていた。視力検査では右目で視力検査表のマークを覚えて、左目の時には記憶を頼りに答えていた[14]
  • 毎日食べても飽きないほど日本の豚カツが大好きだった。そのせいで体重が増え続けてもやめることができなかったが、「その分、走ろう」という結論に至った[14]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
韓国 リーグ戦 リーグ杯FA杯 期間通算
1994 蔚山現代 Kリーグ 26 5
1995 33 2
1996 6 1
1997 17 1
1998 6 23 15
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
1999 横浜FM 8 J1 22 7 3 0 3 1 28 8
2000 22 17 6 4 3 0 31 21
2001 24 9 1 0 0 0 25 9
2002 6 9 5 0 0 0 0 9 5
韓国 リーグ戦 リーグ杯FA杯 期間通算
2002 蔚山現代 66 Kリーグ 8 9
2003 6 10 3
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2003 横浜FM 2 J1 17 6 3 0 2 0 22 6
2004 8 19 0 2 0 1 0 22 0
韓国 リーグ戦 リーグ杯FA杯 期間通算
2005 蔚山現代 6 Kリーグ 18 1
通算 韓国 Kリーグ 135 37
日本 J1 113 44 15 4 9 1 137 49
総通算 248 81

その他の公式戦

国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFCACL
2004 横浜FM 8 4 1
通算 AFC 4 1

個人タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『DECADE 柏レイソル10年史』文化工房星雲社、2004年、157頁。
  2. ^ a b c d e 横浜F・マリノス、歴代最強外国籍選手5人。Jリーグ初代得点王ディアスから現役最強CBまで”. フットボールチャンネル (2020年4月23日). 2020年4月23日閲覧。
  3. ^ a b c 柳 想鐵”. j-league. 2020年4月17日閲覧。
  4. ^ a b c 『DECADE 柏レイソル10年史』文化工房星雲社、2004年、101頁。
  5. ^ a b “今だからこそ知りたい!! 韓国人Jリーガー、あの人たちは“いま””. スポーツソウル. (2019年1月24日). https://sportsseoulweb.jp/sports_topic/id=2046?pageID=2 2019年11月21日閲覧。 
  6. ^ “現役時代Jリーグでも活躍のユ・サンチョル氏、Kリーグ・全南監督に就任”. wowKorea. (2017年12月5日). http://www.wowkorea.jp/news/korea/2017/1205/10202617.html 2019年11月21日閲覧。 
  7. ^ “日本でも活躍の元韓国代表MF、過去のうつ病を告白 「治療して、より強くなった」”. Football ZONE WEB. (2019年5月16日). https://www.football-zone.net/archives/189227/2 2019年11月21日閲覧。 
  8. ^ “Kリーグ・仁川ユナイテッド、新監督に過去Jリーグでも活躍のユ・サンチョル氏”. wowKorea. (2019年5月14日). http://www.wowkorea.jp/news/korea/2019/0514/10234642.html 2019年11月20日閲覧。 
  9. ^ “横浜や柏でプレーしたユ・サンチョル仁川監督が闘病中と明らかに…選手団が流した涙”. スポーツソウル. (2019年10月21日). https://sportsseoulweb.jp/sports_topic/id=7097 2019年11月20日閲覧。 
  10. ^ ““奇跡のW杯4強入り”した元韓国代表。ユ・サンチョル氏、すい臓がんを告白”. フットボールチャンネル. (2019年11月20日). https://www.footballchannel.jp/2019/11/20/post349050/ 2019年11月20日閲覧。 
  11. ^ 【動画】闘病中のユ・サンチョル氏が来日…横浜FMサポへ感謝「たくさんの力をもらった。私は絶対に諦めない」”. Goal.com (2020年2月23日). 2020年2月24日閲覧。
  12. ^ 訃報:「2002年サッカーW杯の英雄」柳想鉄さん、すい臓がんで死去”. 朝鮮日報 (2021年6月7日). 2021年6月7日閲覧。
  13. ^ 闘病中だったユ・サンチョル氏が死去。Jリーグでも活躍した韓国のレジェンド”. Goal.com (2021年6月7日). 2021年6月7日閲覧。
  14. ^ a b 柳想鉄さん「やめたいけどやめられない」日本の生活で唯一心配だった食べ物 - サッカー : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2021年6月11日閲覧。

外部リンク[編集]