黄善洪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
黄 善洪 Football pictogram.svg
FC서울 황선홍 감독 취임 기자회견 2.23 minutes Scene.jpg
名前
愛称 ファンセ
カタカナ ファン・ソノン
ラテン文字 Hwang Sun-Hong
ハングル 황선홍
基本情報
国籍 大韓民国の旗 大韓民国
生年月日 (1968-07-14) 1968年7月14日(48歳)
出身地 忠清南道礼山郡
身長 183cm
体重 79kg
選手情報
ポジション FW
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1991 ドイツの旗 バイエル・レバークーゼン (アマチュア)
1992 ドイツの旗 ヴッパーターラーSVボルシア 9 (3)
1993-1998 韓国の旗 浦項スティーラース 52 (26)
1998-1999 日本の旗 セレッソ大阪 36 (30)
2000-2002 韓国の旗 水原三星ブルーウィングス 0 (0)
2000-2002 日本の旗 柏レイソル (loan) 34 (12)
2002 韓国の旗 全南ドラゴンズ 0 (0)
通算 131 (71)
代表歴2
1996 韓国の旗 韓国 U-23 3 (0)
1988-2002 韓国の旗 韓国 103 (50)
監督歴
2003-2006 韓国の旗 全南ドラゴンズ:コーチ
2007-2010 韓国の旗 釜山アイパーク
2011-2015 韓国の旗 浦項スティーラース
2016- 韓国の旗 FCソウル
1. 国内リーグ戦に限る。2016年9月23日現在。
2. 2016年9月23日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

黄 善洪(ファン・ソノン、황선홍1968年7月14日 - )は、大韓民国出身の同国代表の元サッカー選手。サッカー指導者。ニックネームはファンセ(황새コウノトリ)。

ボレーシュート、ヘディングなど浮き球に対するダイレクトシュートに優れ、多くのゴールを挙げた。ポストプレーの技術も高い。日本での登録名は「ファン・ソンホン」。

略歴[編集]

大学卒業後、ドイツ下部リーグでプロキャリアをスタートさせ、1993年ドラフト完山ピューマ(現・全北現代モータース)に指名されるが、1対5という異例のトレードで浦項スティーラースに入団。セレッソ大阪に在籍していた1999年には得点王のタイトルを獲得している。韓国人選手が得点王に輝いたのはJリーグ史上初であり、2015年終了時点でもJ1、J2、J3を含めてこの時の黄ただ一人である。2000年に韓国に復帰したが思うように活躍できず、シーズン途中にサーシャ・ドラクリッチとトレードでJリーグ・柏レイソルに移籍。その後全南ドラゴンズに移籍したが、怪我が直らず2003年2月に引退した。

韓国代表としては洪明甫と共に1990年から2002年まで4大会連続でFIFAワールドカップにメンバー入りし(1998年大会のみ試合出場せず)、2002年大会では初戦のポーランド戦で韓国の快進撃をスタートさせる先制ゴールを決めた。

引退後は指導者の道へ進み、2007年からは釜山アイパークの監督に就任。2011年からはかつて在籍した浦項スティーラースの監督を務めた。2012年の韓国FAカップ優勝が監督として初タイトルとなった。2013年は初のリーグ戦優勝を達成。2015年シーズン終了後退任。2016年FCソウルの監督に就任した。

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

タイトル[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
韓国 リーグ戦 リーグ杯 FA杯 期間通算
1991-92 レバークーゼン ブンデスリーガ 0 0 - - - - 0 0
1992-93 ヴッパーターラーSV 2. ブンデスリーガ 9 3 - - - - 9 3
韓国 リーグ戦 リーグ杯 FA杯 期間通算
1993 浦項 Kリーグ 0 0 1 0 0 0 1 0
1994 浦項 Kリーグ 14 5 0 0 0 0 14 5
1995 浦項 Kリーグ 24 11 2 0 0 0 26 11
1996 浦項 Kリーグ 13 10 0 0 5 3 18 13
1997 浦項 Kリーグ 0 0 1 0 1 0 2 0
1998 浦項 Kリーグ 1 0 2 2 0 0 3 2
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
1998 C大阪 35 J 11 6 - 0 0 11 6
1999 C大阪 18 J1 25 24 2 3 0 0 27 27
韓国 リーグ戦 リーグ杯 FA杯 期間通算
2000 水原三星 Kリーグ 0 0 1 0 0 0 1 0
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
2000 31 J1 6 1 1 0 0 0 7 1
2001 18 J1 21 10 4 0 0 0 25 10
2002 18 J1 7 1 0 0 - 7 1
韓国 リーグ戦 リーグ杯 FA杯 期間通算
2002 全南 Kリーグ 0 0 0 0 0 0 0 0
通算 ドイツ ブンデスリーガ 0 0 0 0 0 0 0 0
ドイツ 2. ブンデスリーガ 9 3 0 0 0 0 9 3
韓国 Kリーグ 52 26 12 5 1 0 65 31
日本 J1 70 42 7 3 0 0 77 45
総通算 131 71 19 8 1 0 151 79

代表歴[編集]

指導歴[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]