許丁茂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
許 丁茂 Football pictogram.svg
名前
本名 許 丁茂
愛称 珍島犬
カタカナ ホ・ジョンム
ラテン文字 Huh Jung-Moo
ハングル 허정무
基本情報
国籍 大韓民国の旗 大韓民国
生年月日 (1955-01-13) 1955年1月13日(63歳)
出身地 全羅南道珍島郡
選手情報
ポジション MF
代表歴
1974-1986 大韓民国の旗 韓国 84(25)
監督歴
1998-2000
2007-2010
 韓国代表
 韓国代表
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

許 丁茂(ホ・ジョンム、허정무1955年1月13日 - )は、韓国サッカー選手・指導者。元韓国代表監督。大韓サッカー協会副会長も歴任している。

経歴[編集]

延世大学校を卒業後の1979年、実業団の韓国電力に入団。徴兵期間終了後の1980年オランダPSVアイントホーフェンに移籍し、1983年まで4年間プレー。同時期に西ドイツでプレーしていた車範根とはよく比較されていた。その後家庭の事情で帰国することとなり、現代ホランイに移籍、1986年に引退。その前年の1985年FIFAワールドカップアジア東地区最終予選の対日本戦で挙げた決勝ゴールは有名。翌年の本大会でもグループリーグ・対イタリア戦で得点を挙げている。

愛称の「珍島犬(チンドケ)」は許の出身地・珍島が由来となっている韓国原産の犬で、許のプレーぶりがまるで犬のようにしつこいことから命名された。ワールドカップの対アルゼンチン戦ではディエゴ・マラドーナとのマッチアップに臨み、激しく当たっていった。この事についてマラドーナは後に「彼はテコンドーで挑んできた。」とコメントした[1]

引退後は1993年から2年間は浦項アトムス1995年から3年間は全南ドラゴンズの監督を歴任した後1998年に車範根の後任として韓国代表監督に就任。自国と日本との共催となる2002 FIFAワールドカップに向けてチームの強化を求められたが、思ったような結果を残せず、2000年に辞任。その後は韓国協会所属テクニカルアドバイザーなどを務め、2005年から3年間再び全南監督を歴任した後、2007年に2度目の韓国代表監督となった。

2009年に行なわれた2010 FIFAワールドカップアジア最終予選ではA組1位通過を果たし、アジアサッカー連盟から最優秀監督賞として表彰を受けた。翌年、ワールドカップグループリーグの初戦でギリシャを下し、史上初の「韓国人監督によるワールドカップ勝利監督」となった[2]。この大会で韓国代表は2002年以来の決勝トーナメントに進出したが、1回戦でウルグアイに敗れてベスト16で終えた。

大会終了後に許は代表監督を辞任し、8月から仁川ユナイテッドFCの監督となったが2012年4月に成績不振を理由に辞任した。

2013年3月に韓国協会副会長に就任したが、2014 FIFAワールドカップの成績不振を理由に2014年7月に辞任している。2017年6月16日、ウリ・シュティーリケを解任し、後任として許の候補が上がっている。

脚注[編集]

[ヘルプ]