李正秀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
李 正秀 Football pictogram.svg
Lee Jung-Soo.jpg
名前
カタカナ イ・ジョンス
ラテン文字 Lee Jung-Soo
ハングル 이정수
基本情報
国籍 大韓民国の旗 大韓民国
生年月日 (1980-01-08) 1980年1月8日(38歳)
出身地 慶尚南道金海市
身長 188cm
体重 76kg
選手情報
ポジション DF
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2002-2004 大韓民国の旗 安養LG / FCソウル 29 (2)
2004-2005 大韓民国の旗 仁川ユナイテッドFC 20 (1)
2006-2008 大韓民国の旗 水原三星ブルーウィングス 46 (3)
2009 日本の旗 京都サンガF.C. 32 (5)
2010 日本の旗 鹿島アントラーズ 10 (3)
2010-2015 カタールの旗 アル・サッド 113 (13)
2016-2017 大韓民国の旗 水原三星ブルーウィングス 30 (3)
代表歴
2009-2013 大韓民国の旗 韓国 54 (5)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

李 正秀(イ・ジョンス、Lee Jung-Soo이정수1980年1月8日 - )は、韓国出身の元同国代表サッカー選手。現役時代のポジションはDF(センターバック)。妻は日本でも活動したタレントのハン・テユン

なお、日本での登録名は、京都サンガF.C.在籍時は「李正秀」と漢字表記であったが[1]鹿島アントラーズ在籍時は「イ・ジョンス」とカタカナ表記であった[2]

来歴[編集]

クラブ[編集]

慶熙大学校を卒業後、2002年にKリーグ安養LGチーターズでプロデビューを果たす。2004年、仁川ユナイテッドFC移籍。2005年には仁川ユナイテッドを取り上げたドキュメンタリー映画「飛翔」にも出演した。

2006年1月、水原三星ブルーウィングスへ移籍。2008年8月2日に行われたJOMO CUPにKリーグ選抜として先発フル出場した。

2009年シーズンからはJリーグ京都サンガF.C.に「アジア枠」の選手として加入。第3節には移籍後初得点をヘディングで決めた。8月8日に行われたJOMO CUP 2009ではJリーグ選抜として2年連続出場し、フル出場でチーム2点目を決めるなどの活躍からMVPに選出された。

2010年シーズンから鹿島アントラーズに加入した。加入後初得点は3月27日のリーグ第4節モンテディオ山形戦で、ヘディングを決めた。

2010年7月、カタールリーグアル・サッドへ移籍した。

ACL2011の水原三星との準決勝第1戦(アウェー)で、負傷選手の治療のために水原の選手がボールをタッチラインに蹴りだしたのだが、アルサッドは即座にスローインしてプレイを再開。水原の選手があっけにとられる間にゴールを決めた。しかも、このアウェーゴールが決勝点となり、アルサッドはファイナリストの座を得た。ゴール直後、イ・ジョンスはチームメイトに「フェアじゃない。1ゴール譲るべきだ」と訴えたが、受け入れられなかった。すると彼は、解雇覚悟で自ら選手交代を名乗り出た。11月中旬の韓国紙のインタビューでは「選手とは問題がないが、スタッフが話しかけてこなくなった」と告白もしている。また、アウェーでの1発勝負だった全北現代との決勝戦後にも喜びの輪にほとんど加わらなかった。カタール帰国後の優勝パーティーにも「すぐに代表の試合があるから」と参加しなかった。ちなみに決勝のPK戦では、2-2から迎えた自らのキックで、シュートを失敗する一幕もあった[3]

2016年、水原三星ブルーウィングスに移籍。2017年4月に現役引退した[4]

代表[編集]

2008年3月26日、FIFAワールドカップ・南アフリカ大会・アジア3次予選北朝鮮戦で代表デビューを果たす。

2010 FIFAワールドカップ韓国代表にも選ばれ、6月12日のグループリーグ初戦のギリシャ戦では先制ゴールを記録。決勝トーナメント進出がかかった6月22日のナイジェリア戦では同点ゴールを挙げた。

エピソード[編集]

  • 安養LGチーターズでは元日本代表前園真聖とチームメイトだった。
  • もともとFWの選手だったが、安養LGの趙広来監督からDFへの転向を進められ、現在にいたる[5]
  • 2010年W杯の活躍もあり、韓国国内での知名度もアップ。大会後には新聞紙上でコメディアンの「李鐘洙」スピードスケートの「李政洙」と3人で「イ・ジョンス3人による鼎談」も企画された[6]
  • ロンドンオリンピック代表メンバーにオーバーエイジとしての加入を打診されたが、アル・サッドがこれを拒否したため実現しなかった[7]。韓国メディアには李が加わっていれば、DF黄錫鎬が外れ、MF金民友が代表メンバー入りしていただろうと報じられた[8]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
韓国 リーグ戦 リーグ杯 FA杯 期間通算
2002 安養 7 Kリーグ 9 1 2 0 ? ? ? ?
2003 18 1 - 1 0 19 1
2004 ソウル 20 2 0 0 0 0 0 2 0
仁川 11 0 9 0 1 0 21 0
2005 9 1 8 0 0 0 17 1
2006 水原三星 4 23 2 13 0 2 0 38 2
2007 4 6 0 4 0 0 0 10 0
2008 14 17 1 7 0 1 0 25 1
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
2009 京都 14 J1 32 5 1 0 0 0 33 5
2010 鹿島 10 3 - - 10 3
カタール リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
2010-11 アル・サッド QSL
通算 韓国 Kリーグ 95 6 43 0
日本 J1 42 8 1 0 0 0 43 8
カタール QSL
総通算 137 14 44 0

その他の公式戦

国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFC ACL
2010 鹿島 14 5 1
通算 AFC 5 1

代表歴[編集]

タイトル[編集]

クラブ
大韓民国の旗 水原三星ブルーウィングス
日本の旗 鹿島アントラーズ
カタールの旗 アル・サッド
個人

関連項目[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]