李昇烈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
李 昇烈 Football pictogram.svg
名前
カタカナ イ・スンヨル
ラテン文字 Lee Seung-Yeoul
ハングル 이승렬
基本情報
国籍 大韓民国の旗 大韓民国
生年月日 (1989-03-06) 1989年3月6日(28歳)
出身地 京畿道富川市
身長 182cm
体重 72kg
選手情報
ポジション FW(WG) / MF
ユース
2005-2007 新葛高校
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2008-2011 大韓民国の旗 FCソウル 82 (16)
2012 日本の旗 ガンバ大阪 8 (0)
2012.7-12 大韓民国の旗 蔚山現代FC (loan) 14 (2)
2013 大韓民国の旗 城南一和天馬 23 (3)
2014-2015 大韓民国の旗 全北現代モータース 12 (0)
2016 大韓民国の旗 水原FC 4 (0)
代表歴2
2010- 大韓民国の旗 韓国 10 (03)
1. 国内リーグ戦に限る。2017年8月3日現在。
2. 2010年8月11日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

李 昇烈(イ・スンヨル、イ・スンニョル、이승렬1989年3月6日 - )は、大韓民国富川市出身、同国代表プロサッカー選手ポジションフォワード

経歴[編集]

新葛(シンガル)高等学校を卒業後、2008年にドラフトで2位指名[1]を受けFCソウルに入団。初年度からサイドアタッカーとしてレギュラーポジションを獲得し、31試合に出場し5ゴール1アシストを記録し[2]、クラブのリーグ準優勝に貢献。93票中67表を得て[2]この年のKリーグ新人選手賞を受賞した。また三育大学校韓国語版に進学し、プロサッカー選手と大学生の二足のわらじをはいていた[3]

2010年、自身キャリアハイとなるリーグ戦7ゴールを挙げる活躍をみせ、クラブのリーグリーグカップの2冠達成に貢献した。しかし翌2011年シーズンは、崔龍洙監督との確執やデヤンモリーナといった外国人選手の活躍もあり、出場時間が激減して不調に陥った[4]

2012年、Jリーグガンバ大阪へ完全移籍[5]。移籍金は1億5000万円(22億ウォン)と報じられた[6][7]。だがリーグ戦8試合に出場し無得点と結果を残せず、7月23日に蔚山現代FCへの期限付き移籍が発表された[8]。リーグ戦14試合に出場し、AFCチャンピオンズリーグ優勝を経験した[9]

2013年、城南一和天馬へ完全移籍。2014年から2015年は全北現代モータースに在籍したが、2年間で11試合出場、1アシストのみにとどまった[10]。2016年も全北との契約を残していたが、移籍に向けて双方合意の上で契約を破棄し[10]、2016年3月に同年よりKリーグクラシックに昇格した水原FCに加入した[11]。2016年10月、水原FCより李の任意脱退が公示された[12]

韓国代表[編集]

ユース年代から世代別の韓国代表に選出され、2009年にはU-20韓国代表として2009 FIFA U-20ワールドカップに出場、ベスト8に進んだ。2010年1月のザンビア代表との試合でA代表デビューを飾った。同年2月に行われた東アジアサッカー選手権決勝大会では香港代表戦で代表初ゴールを決め、日本代表相手には逆転ゴールを決めた。玉田圭司らと並んで大会得点王に輝いた。この大会の活躍によって南アフリカワールドカップの最終メンバーにも選ばれ、本大会ではギリシャ代表との試合に87分から朴主永に代わり、ワールドカップ初出場を果たした。

人物[編集]

奇誠庸具滋哲らと並ぶ89年世代の一人であった[13][14]。サイドからの崩しを得意としている。ただ2011年以降調子が上がらず、韓国代表にも招集されなくなった。

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
韓国 リーグ戦 リーグ杯 FA杯 期間通算
2008 ソウル 37 Kリーグ 21 3 1 0 10 2 32 5
2009 28 22 5 2 0 4 2 28 7
2010 25 7 1 0 3 3 29 10
2011 17 1 1 0 1 0 19 1
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
2012 G大阪 37 J1 8 0 - - 8 0
韓国 リーグ戦 リーグ杯 FA杯 期間通算
2012 蔚山 21 Kリーグ 14 2 - 0 0 14 2
2013 城南 28
通算 韓国 Kリーグ 99 18 5 0 18 7 122 25
日本 J1 8 0 - - 8 0
総通算 107 18 5 0 18 7 130 25
国際大会個人成績 FIFA
年度 クラブ 背番号 出場 得点 出場 得点
AFC ACL クラブW杯
2009 ソウル 37 4 1 -
2011 28 4 0 -
2012 G大阪 37 3 0 -
通算 AFC 11 1 0 0

タイトル[編集]

クラブ[編集]

FCソウル
蔚山現代

個人[編集]

代表歴[編集]

出場大会[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 10試合 3得点 (2010年 - )

ゴール[編集]

# 開催年月日 開催地 対戦国 勝敗 試合概要
1. 2010年2月7日 日本東京 香港の旗 香港 ○ 5-0 東アジアサッカー選手権2010
2. 2010年2月14日 日本、東京 日本の旗 日本 ○ 3-1
3. 2010年5月16日 韓国ソウル エクアドルの旗 エクアドル ○ 2-0 親善試合

脚注[編集]

  1. ^ “[K리그 드래프트] 윤원일' 드래프트 전체 1순위로 선발”. 大韓サッカー協会. (2007年11月15日). http://www.kfa.or.kr/news/news_view.asp?BoardNo=810&Page=17&Query= 2017年8月4日閲覧。 
  2. ^ a b “이운재' 2008 K-리그 최고선수 등극..이승렬 신인상”. 大韓サッカー協会. (2008年12月9日). http://kfa.or.kr/news/news_view.asp?BoardNo=1952&Page=1&Query= 2017年8月4日閲覧。 
  3. ^ “캠퍼스 찾은 ‘월드컵 태극전사’ 이승렬 선수”. 재림마. (2010年9月7日). http://www.adventist.or.kr/app/view.php?id=News&category=1&no=4909 2017年8月4日閲覧。 
  4. ^ 李昇烈がガンバ大阪移籍、サインを残すのみ” (韓国語). スポーツ朝鮮 - Yahoo! Korea (2012年1月29日). 2012年1月31日閲覧。
  5. ^ FW イ スンヨル選手 ガンバ大阪へ完全移籍加入のお知らせ”. ガンバ大阪オフィシャルサイト (2012年2月1日). 2012年2月1日閲覧。
  6. ^ “서울-감바 오사카, 이승렬 이적 기본 합의”. スポタルコリア. (2012年2月1日). http://v.sports.media.daum.net/v/20120201171709152 2017年8月4日閲覧。 
  7. ^ “韓国代表FW、G大阪移籍に近づく”. Goal.com. (2012年1月31日). http://www.goal.com/jp/news/3476/%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%82%A2/2012/01/31/2876315/%E9%9F%93%E5%9B%BD%E4%BB%A3%E8%A1%A8%EF%BD%86%EF%BD%97%EF%BD%87%E5%A4%A7%E9%98%AA%E7%A7%BB%E7%B1%8D%E3%81%AB%E8%BF%91%E3%81%A5%E3%81%8F 2017年8月4日閲覧。 
  8. ^ FWイ スンヨル選手 蔚山現代(韓国)期限付き移籍へ クラブ間契約基本合意のお知らせ”. ガンバ大阪オフィシャルサイト (2012年7月23日). 2012年7月23日閲覧。
  9. ^ “'피터팬' 이승렬 "성남에서 부활을 꿈꾸는 이유"”. アジア経済. (2013年5月20日). http://www.asiae.co.kr/news/view.htm?idxno=2013052009462520845 2017年8月4日閲覧。 
  10. ^ a b “한 때 '축구 천재'로 불렸던 이승렬, 무적 위기”. chosun.com. (2016年3月1日). http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2016/03/02/2016030200497.html 2017年8月4日閲覧。 
  11. ^ “수원FC, 대표 출신 FW 이승렬 영입 출처”. chosun.com. (2016年3月4日). http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2016/03/04/2016030402706.html 2017年8月4日閲覧。 
  12. ^ “수원FC, 이승렬 임의탈퇴 공시”. SPORTIAN. (2016年10月11日). http://www.sportian.co.kr/sub_read.html?uid=9082 2017年8月4日閲覧。 
  13. ^ ワールドカップ初出場の李昇烈「僕には狂ったように幸せな5分間」” (韓国語). スポーツ東亜 (2010年7月6日). 2012年1月31日閲覧。
  14. ^ G大阪 08年Kリーグ新人王、韓国代表FW獲得へ!”. スポニチ (2012年1月31日). 2012年1月31日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]