ディック・アドフォカート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ディック・アドフォカート Football pictogram.svg
Dick Advocaat (2007).jpg
名前
本名 ディルク・ニコラース・アドフォカート
Dirk Nicolaas Advocaat
愛称 リトル・ジェネラル
カタカナ ディック・アドフォカート
ラテン文字 Dick Advocaat
基本情報
国籍 オランダの旗 オランダ
生年月日 (1947-09-27) 1947年9月27日(69歳)
出身地 ハーグ
選手情報
ポジション MF
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1966-1973 オランダの旗 デン・ハーグ 147 (7)
1967 アメリカ合衆国の旗 サンフランシスコ・ゲイルズ (loan) 7 (1)
1973-1977 オランダの旗 ローダ 113 (2)
1977-1979 オランダの旗 VVV 74 (6)
1967-1979 アメリカ合衆国の旗 シカゴ・スティング 32 (3)
1979-1980 オランダの旗 デン・ハーグ 11 (1)
1980 アメリカ合衆国の旗 シカゴ・スティング 31 (1)
1980-1982 オランダの旗 スパルタ 61 (6)
1982-1983 ベルギーの旗 Kベルヘム・スポルト 10 (0)
1983-1984 オランダの旗 ユトレヒト 39 (8)
通算 543 (27)
監督歴
1980-1984 オランダの旗 DSVP
1984-1987 オランダの旗 オランダ (アシスタントコーチ)
1987-1989 オランダの旗 HFCハールレム
1989-1991 オランダの旗 SVV
1990-1992 オランダの旗 オランダ (アシスタントコーチ)
1991-1992 オランダの旗 ドルトレヒト
1992-1994 オランダの旗 オランダ
1994-1998 オランダの旗 PSV
1998-2002 スコットランドの旗 レンジャーズ
2002-2004 オランダの旗 オランダ
2004-2005 ドイツの旗 ボルシアMG
2005 アラブ首長国連邦の旗 アラブ首長国連邦
2005-2006 韓国の旗 韓国
2006-2009 ロシアの旗 ゼニト・サンクトペテルブルク
2009-2010 ベルギーの旗 ベルギー
2009-2010 オランダの旗 AZ
2010-2012 ロシアの旗 ロシア
2012-2013 オランダの旗 PSV
2013-2014 オランダの旗 AZ
2014 セルビアの旗 セルビア
2015 イングランドの旗 サンダーランド
2016- トルコの旗 フェネルバフチェSK
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ディック・アドフォカート(本名:ディルク・ニコラース・アドフォカート、Dirk Nicolaas "Dick" Advocaat, 1947年9月27日 - )は、オランダ出身の元サッカー選手、現サッカー指導者。愛称はリトル・ジェネラル(小さな将軍)。2016年8月からフェネルバフチェSK監督。

来歴[編集]

選手時代[編集]

選手時代はオランダのクラブチームを転々とし、キャリアの終盤はアメリカでプレー。

指導者時代[編集]

1979年に引退して以降は指導者としての道を歩み、ハーレムやSVVを経て、1992年にリヌス・ミケルス率いるオランダ代表のアシスタントコーチに就任。1993年のワールドカップ予選からは監督としてチームを率い、1994年ワールドカップ・アメリカ大会では準々決勝進出に貢献した。

その後、PSVアイントホーフェングラスゴー・レンジャーズFCを指揮。2002年1月からルイス・ファン・ハールの後を受けて、オランダ代表監督に再就任。EURO2004では準決勝進出を果たしたが、2004年7月に辞任した。ボルシアMGアラブ首長国連邦(UAE)代表監督を経て、2005年9月からドイツW杯まで韓国代表を率いていた。

EURO2004グループリーグの大一番チェコ戦では、大活躍したアリエン・ロッベンをベンチに下げて逃げ切りを図ったが、守勢に回り逆転負けを喫した。地元メディアから皮肉を込めて「防衛大臣」のあだ名を贈られ、国民の批判で大会後の監督辞任に至ることになった(事実上の解任)。

韓国代表監督を経て、2006-2007シーズンからはロシア・プレミアリーグFCゼニト・サンクトペテルブルクの監督に就任。その時に、ドイツW杯で指導した韓国代表選手3名をゼニトへ加入させている。

2007-2008シーズンのUEFAカップではオリンピック・マルセイユバイエル・レバークーゼンバイエルン・ミュンヘンといった強豪を破り、弱小とみられていたゼニトを見事優勝に導いた。

2009年7月、2010年1月にベルギー代表監督に就任することが発表されたが、ゼニト監督を解任されたため、2009年10月に就任した。同年12月にはAZアルクマールの監督に就任し、二足の草鞋を履いた。

2010年4月、ベルギー代表監督を退いた。同年6月末にロシア代表監督を退任するフース・ヒディンク監督の後任として、ロシアサッカー連合(RFU)と4年契約を結んだ。

2015年3月17日、サンダーランドAFCの監督に就任した[1]

2016年8月17日、フェネルバフチェSKの監督に就任した。

所属クラブ[編集]

アメリカ合衆国の旗 サンフランシスコ・ゴールデン・ゲート・ゲイルズ 1967

指導歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “Black Cats appoint Advocaat”. サンダーランドAFC公式サイト. (2015年3月17日). http://www.safc.com/news/club-news/2015/march/black-cats-appoint-advocaat 2015年3月17日閲覧。