高宗秀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
高宗秀 Football pictogram.svg
名前
愛称 韓国のファンタジスタ
カタカナ コ・ジョンス
ラテン文字 KO Jong-soo
ハングル 고종수
基本情報
国籍 韓国の旗 韓国
生年月日 1978年10月30日(36歳)
出身地 韓国の旗全羅南道麗水市
身長 176cm
体重 72kg
選手情報
ポジション MF
利き足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1996-2004
2003
2005
2007-2008
水原三星ブルーウィングス
京都パープルサンガ (loan)
全南ドラゴンズ
大田シチズン
96(21)
13(1)
11(1)
24(1)
代表歴
1997-2001 韓国の旗 韓国 38 (6)
監督歴
2011
2011-
水原三星BWU-18(コーチ)
水原三星BW(トレーナー)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

高宗秀(コ・ジョンス、고종수1978年10月30日 - )は大韓民国出身の元サッカー選手。ポジションはミッドフィールダー。

略歴[編集]

ユース時代はアンファンテリブル(悪童)と呼ばれ、その後も韓国には少ないファンタジスタ型の選手として期待され続けてきた存在である。

日韓ワールドカップ韓国代表から漏れたあたりからか、故障も重なって急速に力を落とす。

その後、Jリーグ京都へ移籍。京都では欧州へと移籍した朴智星の穴を埋める選手と期待されたが[1]、故障明けで体は重く往年のキレも失っている状態が続き、エンゲルス監督からの信頼を得られなかった。シーズン途中9月で契約解除される。

翌年、韓国・水原三星ブルーウィングスに復帰する。​​リハビリのための練習態度の粗雑さなどで監督やチームとは揉めに揉める。当時のマスコミにつけられたあだ名は"ピッチの風雲児"である。挙句、任意脱退選手として公示される。事実上の休職扱いである。

引退を考えるまで追い込まれたが結局残留し、その後に全南へと放出された。トレード相手は全南の看板選手、金南一だった。

2005-2006年は全南ドラゴンズで再起を期すものの、思うような結果は得られず、2007年には再び大田シチズンに移籍。

2009年2月6日現役引退を宣言。

2011年に古巣水原の18才以下チームのコーチを経てトップチームのトレーナーに就任した。アジアチャンピオンズリーグ準決勝対アルサッド戦において乱闘騒ぎに加わり、AFCから6試合分のベンチ入り禁止処分を受けた。

エピソード[編集]

  • 先輩や目上の人間を絶対視する韓国では目立つ(浮いた)存在だった。
  • FK中村俊輔より少し曲がりが小さい程度の、質の高いボールを蹴ることができた。その後完成度を高めていく中村とは対照的に、高のゴールシーンはほとんど見ることはなくなってしまった。
  • 1998年のフランスW杯当時は、日本の中田英寿に対抗する韓国サッカーの将来を担う選手と称されていた。
  • かつて65kg前後だった体重は日本に来たときには72kgまで増え人相まで変わっていた。

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
韓国 リーグ戦 リーグ杯 FA杯 期間通算
1996 水原三星 Kリーグ 11 1 3 0
1997 7 1 8 2
1998 19 3 1 0
1999 22 14 2 7 2
2000 8 4 5 3
2001 12 5 8 5
2002 20 4 0 0
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
2003 京都 30 J1 13 1 3 1 - 16 2
韓国 リーグ戦 リーグ杯 FA杯 期間通算
2004 水原三星 Kリーグ 5 1 0 0 0 0 5 1
2005 全南 11 1 5 1 0 0 16 2
2007 大田 11 1 0 0 1 0 12 1
2008 13 0 3 1 0 0 16 1
通算 韓国 Kリーグ 131 23 40 14
日本 J1 13 1 3 1 - 16 2
総通算 144 24 43 15

受賞歴[編集]

  • 1997年 アディダスカップ 最多アシスト王
  • 1998年 Kリーグ 最優秀選手賞
  • 1998年 スポーツソウル 最高の人気賞
  • 1998年 98シーズン ベストイレブン選定
  • 1999年 99シーズン ベストイレブン選定
  • 2000年 アディダスカップ 得点王
  • 2001年 スポーツトゥディ 今年の人気賞
  • 2001年 AFC選定 今月の選手賞(3月度)
  • 2001年 ナイキKリーグオールスター戦 最多得票

代表歴[編集]

  • 1994年 U-16韓国代表
  • 1995年 U-17韓国代表
  • 1996年 U-19韓国代表
  • 1996年 アトランタオリンピック 代表候補
  • 1997年 オーストラリア4ヶ国 代表
  • 1997年 フランスW杯アジア地区予選 代表
  • 1998年 キングスカップ 代表
  • 1998年 ダイナスティカップ 代表(全試合出場)
  • 1998年 フランスW杯 代表(全試合出場)
  • 1998年 U-20韓国代表
  • 2001年 アクセンチュアドリームサッカー 韓日選抜
  • 2001年 カールスバーグカップ 代表

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ コ・ジョンスという名のギャンブル”. ジェレミー・ウォーカーのA View From A Brit (2003年2月27日). 2012年6月2日閲覧。

外部リンク[編集]