ダイナスティカップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ダイナスティカップ
開始年 1990年
終了年 1998年
参加チーム数 4
最多優勝  日本(3回)
テンプレートを表示

ダイナスティカップ: Dynasty Cup)は、東アジアサッカーのレベル向上を目指して1990年から1998年にかけて開催されていたナショナルチームによる国際大会である。

概要[編集]

本大会は2、3年に1回の間隔で開催され、第1回・第2回大会は中国北京で、第3回大会は香港(当時はイギリス領)で、第4回大会は日本横浜横浜国際競技場)と東京国立競技場)で開かれた。第2回大会では韓国PK戦の末破り、日本代表が戦後初めての国際公式大会タイトルを獲得した[1]

その後、マルボロなどのスポンサーの撤退もあり、大会は休止に追い込まれた。東アジアサッカー連盟(EAFF)の設立に伴ってこの大会は発展的解消し、2003年から約2年に1回開催されている東アジアサッカー選手権(後にEAFF東アジアカップ、EAFF E-1サッカー選手権と改称)に継承された。

結果[編集]

開催年 開催国 最終順位 出場
国数
優勝 準優勝 3位 4位
1 1990年 中華人民共和国の旗 中国  韓国  中国  北朝鮮  日本 4
2 1992年 中華人民共和国の旗 中国  日本  韓国  北朝鮮  中国 4
3 1995年 香港の旗 イギリス領香港  日本  韓国 香港の旗 香港リーグ選抜  中国 4
4 1998年 日本の旗 日本  日本  中国  韓国 香港の旗 香港リーグ選抜 4

代表別通算成績[編集]

国・地域名
1  韓国 4 1 2 1 0 15 7 7 1 28 20 12 +8
2  日本 4 3 0 0 1 14 6 4 4 22 23 15 +8
3  中国 4 0 2 0 2 14 4 5 5 17 12 13 -1
4  北朝鮮 2 0 0 2 0 6 1 2 3 5 5 10 -5
5 香港の旗 香港リーグ選抜 2 0 0 1 1 7 0 2 5 2 4 14 -10
  • 太字は優勝経験のある国・地域で、太数字は最多記録
  • 国・地域名は現在の名称で統一した
  • 順位は通算勝点の多い順で、通算勝点が同数の場合は得失点差の優れた方を、得失点差も同数の場合は総得点の多い方を上にした
  • 1992年大会までの勝点は<勝=2、分=1、敗=0>であったが、通算成績では現行と同じ<勝=3、分=1、敗=0>で統一した
  • PK戦で決着がついた試合は記録上引分となる

表彰[編集]

大会MVP[編集]

大会 受賞者 国籍
1990 金鋳城  韓国
1992 三浦知良  日本
1995 井原正巳  日本
1998 中田英寿  日本

得点王[編集]

大会 受賞者 国籍 得点数
1990 呉群立  中国 2
1992 高木琢也  日本 4
1995 黒崎比差支  日本 4
1998 黎兵  中国 3

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]