金鋳城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
金 鑄城 Football pictogram.svg
名前
カタカナ キム・ジュソン
ラテン文字 KIM Joo-Sung
ハングル 김주성
基本情報
国籍 大韓民国の旗 大韓民国
生年月日 (1966-01-17) 1966年1月17日(52歳)
出身地 江原道襄陽郡
身長 177cm
体重 72kg
選手情報
ポジション FW/MF/DF
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1987-1999 大韓民国の旗 釜山大宇ロイヤルズ 203 (34)
1992-1994 ドイツの旗 VfLボーフム (loan) 34 (4)
代表歴
1984 大韓民国の旗 韓国 U-20
1985-1997 大韓民国の旗 韓国 76 (14)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

金 鑄城(キム・ジュソン、김주성1966年1月17日 - )は韓国江原道襄陽郡降峴面出身の元サッカー選手。IFFHS選定(現AFC選定)のアジア年間最優秀選手賞の3年連続受賞。

来歴[編集]

1987年にプロ選手としてのキャリアをスタートさせたが、1986年W杯メキシコ大会で弱冠20歳にして世界の舞台にデビューした。IFFHS選定(現AFC選定)最優秀選手に3度輝き、1990年代の韓国を代表するプレイヤーであった。W杯には1986年メキシコ大会から3大会連続出場。1999年引退。

高い身体能力を誇り、本職は快速のウィングながら、DFまでこなすオールラウンドプレイヤーであった。1992年にはドイツVfLボーフムに移籍し活躍した。

大韓サッカー協会国際局長を経った後、現在は、事務総長を務めている[1]

エピソード[編集]

背番号16番は釜山アイパーク永久欠番。Kリーグで最初の永久欠番となる。

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
韓国 リーグ戦 リーグ杯FA杯 期間通算
1987 大宇 Kリーグ 28 10 - - 28 10
1988 10 3 - - 10 3
1989 8 2 - - 8 2
1990 9 2 - - 9 2
1991 37 14 - - 37 14
1992 8 0 1 0 - 9 0
ドイツ リーグ戦 リーグ杯DFBポカール 期間通算
1992-93 ボーフム ブンデス1部 13 0 - 0 0 13 0
1993-94 ブンデス2部 21 4 - 1 0 22 4
韓国 リーグ戦 リーグ杯FA杯 期間通算
1994 釜山 Kリーグ 3 0 0 0 - 3 0
1995 25 1 5 1 - 30 2
1996 20 2 6 0
1997 16 0 18 0
1998 13 0 15 0
1999 26 0 7 0
通算 韓国 Kリーグ 203 34 52 1
ドイツ ブンデス1部 13 0 - 0 0 13 0
ドイツ ブンデス2部 21 4 - 1 0 22 4
総通算 237 38 52 1

代表歴[編集]

個人タイトル[編集]

脚註[編集]

  1. ^ ACLサッカー:水原、AFCの処分に異議申し立て 朝鮮日報日本語版 2011年11月3日閲覧参照

外部リンク[編集]