エドゥアルド・ゴンザウヴェス・デ・オリヴェイラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の)はゴンサウヴェス第二姓(父方の)はデ・オリヴェイラです。
エドゥー Football pictogram.svg
Edu 2011-08-03-3.jpg
シャルケ04所属時 (2011年)
名前
本名 エドゥアルド・ゴンサウヴェス・デ・オリヴェイラ
愛称 エドゥー、北埃神[注 1]
ラテン文字 Edú
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1981-11-30) 1981年11月30日(36歳)
出身地 サンパウロ州サンパウロ
身長 184cm[3]
体重 80kg[3]
選手情報
ポジション FW
背番号 81
利き足 左足[4]
ユース
1996–1999 グアラニ
2000 サントス
2001 サンパウロ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2002 ナウチコ
2002–2003 CRAC
2003–2006 ボーフム 63 (16)
2006–2007 マインツ 14 (01)
2007–2009 水原三星 70 (25)
2010–2013 シャルケ 43 (05)
2011–2012 ベシクタシュ (loan) 21 (03)
2012 グロイター・フュルト (loan) 10 (01)
2013 遼寧宏運 23 (14)
2014 FC東京 30 (11)
2015 全北現代 20 (11)
2015 河北華夏幸福 15 (12)
2016-2017 全北現代 11 (01)
1. 国内リーグ戦に限る。2016年12月26日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

エドゥーことエドゥアルド・ゴンサウヴェス・デ・オリヴェイラ(Eduardo Gonçalves de Oliveira "Edú", 1981年11月30日 - )は、ブラジルサンパウロ州サンパウロ出身の元サッカー選手。ポジションはフォワード(FW)

来歴[編集]

クラブ[編集]

15歳の時にグアラニFCの下部組織に加入[5]。この頃から、選手層が薄く試合に出られそうという理由で左サイドバック(SB)でプレーするようになる。自身曰く「ACミランセルジーニョのような」攻撃的SBだった[5]。その後サンパウロFC在籍時にネルシーニョによってトップチームへと引き上げられたが出場機会を得られず、ナウチコへ移籍しムリシ・ラマーリョの下でプロデビューを果たした[5]

2003年に渡欧。ブンデスリーガ(ドイツ1部リーグ)VfLボーフムのテストを受けて高評価を掴み、5年契約を締結した[5]。クラブは2005年2部降格を喫したが、チームメートの不調の影響によって自身の好きなポジションでもあるFWに配されると[5]チーム得点王となる活躍で1部昇格に貢献した。しかしその後は出場機会を得られず、2006年夏に同国1部1.FSVマインツ05へ移籍。再びSBに戻されるなど[6]本領を発揮できずに終わった。当時のチームメートには車ドゥリがいた。

車の紹介もあって[7]2007年1月、車の父・車範根が監督を務めるKリーグ(韓国1部リーグ)水原三星ブルーウィングスに移籍。登録名は「에두 (Edu)」[7]。フィットするまでにはやや時間を要したが[6]、翌2008年は攻撃の要としてチームを牽引[8]。鋭い突破と競り合いの強さ[7]、正確な左足のシュートを武器に[9]16得点7アシストを記録[10][6]。リーグ優勝を達成し、ベストイレブンに選出された。同年8月にはKリーグ選抜として訪日し、JOMO CUPにおいてJリーグ選抜を相手に2得点を挙げている[11]

2010年、ブンデスリーガでの再挑戦を決め[7]シャルケ04に移籍。高い運動量と安定した足先の技術が評価され、クラース・ヤン・フンテラールの怪我の関係もあり、レギュラーに定着した。2011年4月のUEFAチャンピオンズリーグ準々決勝ファーストレグでは、前年度大会優勝のインテル・ミラノを相手にアウェー戦ながら2得点を挙げて[4]試合を決定付け[12]、チームのジャイアントキリングに大きく貢献した。

2011年9月よりスュペル・リグ(トルコ1部リーグ)ベシクタシュJKへ、2012年8月には豊富な経験を評価されてドイツ1部リーグに初参戦するSpVggグロイター・フュルトへ期限付き移籍[13]。2012-13シーズン末にシャルケへ復帰した。

2013年2月末にシャルケと契約解除し、中国超級(中国1部リーグ)遼寧足球倶楽部に移籍[14][15]。登録名は「埃杜」[15]。同年リーグ戦ではチーム総得点の4割となる14得点を挙げた[4]

2014年J1(Jリーグ1部)FC東京へ完全移籍[16]。推定年俸は7000万円[17]。コンディションが上がりきらないままでの加入だったこともあり[18]リーグ戦でのフル出場は8試合に留まったが、屈強な体躯を活かした鋭いプレーでリーグ二桁得点を含む公式戦通算17得点を挙げた[19]。しかしエドゥーを先発定着させないマッシモ・フィッカデンティ監督の起用法に耐えかね[20]移籍を決断[21]

2015年1月、Kリーグクラシック全北現代モータースへ完全移籍[22][3]。同年7月の第20節終了時点でチーム総得点の3分の1に迫る11得点を挙げ、リーグ得点王としてチームを牽引した。

2015年7月、中国甲級(中国2部リーグ)河北華夏幸福へ完全移籍した[23]。同月26日の甲級第19節青島海牛戦でハットトリックを達成[24]ミリヤシュと共に得点源となってリーグ準優勝を果たし[25]、クラブ創設以来となる超級(1部)昇格を掴んだ[19]。しかし外国籍選手を総入れ替えする方針が採られ[26]、2016年2月に退団が決まった[27]。同月中に古巣の水原や全北と接触し、全北と仮契約[注 2]を結んだと報じられたが[29][26]、クラブ・本人共にこれを否定[28][30]

無所属の間はポルトゥゲーザで調整[31]。同年7月、既報通りルイスを放出し枠を空けた[31]全北に復帰。自身の生年と2015年に着用した背番号9へのこだわりから背番号81(8+1=9)を選択した[32]。しかし、復調に時間を要したことと選手層の厚さから[33]1得点に終わった。

その後、2016-17シーズン限りで引退した。

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

クラブ成績 リーグ カップ リーグ杯 国際大会 通算
シーズン クラブ リーグ 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
ブラジル リーグ ブラジル杯 リーグ杯 南米 通算
2001 サンパウロ セリエA
2002 ナウチコ セリエB
2003 CRAC
ドイツ リーグ DFBポカール リーグ杯 ヨーロッパ 通算
2003–04 ボーフム ブンデスリーガ 13 0 - - - 13 0
2004–05 17 4 2 0 - 1 0 20 4
2005-06 2. ブンデスリーガ 33 12 2 1 - - 35 13
2006–07 マインツ ブンデスリーガ 14 1 1 0 - - 15 1
韓国 リーグ FA杯 リーグ杯 アジア 通算
2007 (en 水原 Kリーグ 22 6 2 1 11 1 - 35 8
2008 25 12 2 1 11 3 - 38 16
2009 23 7 3 1 0 0 4 4 30 12
ドイツ リーグ DFBポカール リーグ杯 ヨーロッパ 通算
2009–10 シャルケ ブンデスリーガ 13 2 - - - 13 2
2010–11 28 3 3 0 1 0 8 2 40 5
2011–12 1 0 - 1 0 - 2 0
トルコ リーグ トルコ杯 リーグ杯 ヨーロッパ 通算
2011-12 ベシクタシュ スュペル・リグ 21 3 - - 7 2 28 5
ドイツ リーグ DFBポカール リーグ杯 ヨーロッパ 通算
2012–13 フュルト ブンデスリーガ 10 1 0 0 - - 10 1
シャルケ 1 0 1 0 - - 2 0
中国 リーグ FA杯 リーグ杯 アジア 通算
2013 遼寧 中国超級 23 14 2 3 - - 25 17
日本 リーグ 天皇杯 リーグ杯 アジア 通算
2014 FC東京 J1 30 11 3 2 5 4 - 38 17
韓国 リーグ FA杯 リーグ杯 アジア 通算
2015 (en 全北 Kリーグクラシック 20 11 1 1 - 8 3 29 15
中国 リーグ FA杯 リーグ杯 アジア 通算
2015 (en 河北 中国甲級 15 12 - - - 15 12
韓国 リーグ FA杯 リーグ杯 アジア 通算
2016 (en 全北 Kリーグクラシック 11 1 - - 5 0 16 1
通算 ブラジル セリエA
ブラジル セリエB
ブラジル 州選手権
ドイツ ブンデスリーガ 97 11 7 0 2 0 9 2 115 13
ドイツ 2.ブンデスリーガ 33 12 2 1 - - 35 13
韓国 Kリーグクラシック 101 37 8 4 22 4 17 7 148 52
トルコ スュペル・リグ 21 3 - - 7 2 28 5
中国 超級 23 14 2 3 - - 25 17
中国 甲級 15 12 0 0 - - 15 12
日本 J1 30 11 3 2 5 4 - 38 17
総通算 320 100 22 10 29 8 33 11 404 129
その他の公式戦出場
  • 2007年 Kリーグプレーオフ - 1試合0得点
  • 2008年 Kリーグプレーオフ - 2試合1得点
出場歴

タイトル[編集]

水原三星所属時。

クラブ[編集]

水原三星ブルーウィングス
シャルケ04
全北現代モータース

個人[編集]

脚注[編集]

注釈
  1. ^ 2013年の中国リーグでは、頭文字の同じエドゥー(埃土)とエウケソン(埃尔克森)が共に高いチーム内得点率を記録したため、前者は「北埃神」、後者は「南埃神」と呼ばれ、「南北埃神」「絶代双驕」と賛辞された[1][2]
  2. ^ 2月時点では全北の外国籍枠に空きが無かったため、夏の移籍期間中に選手を放出して枠を空け、エドゥーを獲得するというもの[26][28]
出典
[ヘルプ]
  1. ^ 北埃神亚冠3球连斩京鲁 辽足弃将成全北最强点 新浪網 (2015年5月26日) (中国語)
  2. ^ 埃杜正式加盟河北华夏幸福 下半赛季新款球衣正式发布! 微头条 (2015年7月9日)(中国語)
  3. ^ a b c 전북, 에두 영입으로 공격진 보강 全北現代モータース (2015年1月15日)(朝鮮語)
  4. ^ a b c 【F東京】元内田の同僚、ブラジル人FWエドゥ獲得! - ウェイバックマシン(2013年12月30日アーカイブ分) スポーツ報知 (2013年12月31日)
  5. ^ a b c d e F.C.TOKYO MAGAZINE BR TOKYO 2014年6月号』 ユーメイド、2014年、6-13頁。
  6. ^ a b c 뉴스 본문 V주역 수원 에두, 3번 빛났다 스포츠Daum (2008年12月7日)(朝鮮語)
  7. ^ a b c d '수원의 짐캐리' 에두와 아쉽게 이별하니 bluesoccer (2009年11月14日)(朝鮮語)
  8. ^ JOMOカップ2008 選手紹介 Jリーグ
  9. ^ 수원 출신 공격수 에두, J리그 도쿄 입단 sportalkorea (2013年12月31日)(朝鮮語)
  10. ^ JOMOカップ2009 選手紹介 Jリーグ
  11. ^ J-ALLSTARSの反撃も及ばず。K-ALLSTARSが3-1でJOMO CUP 2008を制す Jリーグ
  12. ^ シャルケ5得点、敵地で昨季王者に先勝 欧州サッカー連盟 (2011年4月5日)
  13. ^ Fürth leiht Stürmer Edu von Schalke 04 bis Jahresende aus SpVggグロイター・フュルト (2012年8月31日)(ドイツ語)
  14. ^ FC Schalke 04 löst Vertrag mit Edu auf シャルケ04 (2013年2月28日)(ドイツ語)
  15. ^ a b 辽宁宏运足球俱乐部2013赛季引援公告 (五) 遼寧足球倶楽部 (2013年2月28日)(中国語)
  16. ^ エドゥー選手 完全移籍加入のお知らせ FC東京 (2013年12月31日)
  17. ^ 週刊サッカーダイジェスト No.1282』 日本スポーツ企画出版社2014年、8頁。
  18. ^ 【J1:第14節 F東京 vs G大阪】マッシモフィッカデンティ監督(F東京)記者会見コメント Jリーグ:J's GOALアーカイブ (2014年5月17日)
  19. ^ a b 元FC東京のエドゥーが1年で移籍した真相を激白 「フィッカデンティは私のことが好きではなかった」 (1/4) サッカーマガジンZONE Web (2015年11月24日)
  20. ^ 元FC東京のエドゥーが1年で移籍した真相を激白 「フィッカデンティは私のことが好きではなかった」(3/4) サッカーマガジンZONE Web (2015年11月24日)
  21. ^ 元FC東京のエドゥーが1年で移籍した真相を激白 「フィッカデンティは私のことが好きではなかった」(2/4) サッカーマガジンZONE Web (2015年11月24日)
  22. ^ エドゥー選手 全北現代モータース(韓国)へ完全移籍のお知らせ FC東京 (2015年1月15日)
  23. ^ 에두, 中 허베이 종지로 이적 全北現代モータース (2015年7月9日)(朝鮮語)
  24. ^ Hebei China Fortune - Qingdao Hainiu, Jul 26, 2015 - China League One transfermarkt (英語)
  25. ^ 2015赛季中甲联赛射手榜 新浪網 (2015年11月1日)(中国語)
  26. ^ a b c 에두 '레알 전북'과 가계약, 7월 합류한다 朝鮮日報 (2016年2月16日)(朝鮮語)
  27. ^ 埃杜、米利亚什、拉贾卜、拉多维奇离队 河北華夏幸福足球倶楽部 (2016年2月15日)(中国語)
  28. ^ a b '에두 논란'에 최강희, "메시가 온다해도 지금은 아니다" DioDeo (2016年2月17日)(朝鮮語)
  29. ^ 元FC東京のエドゥー、全北現代と仮契約。今年7月にチームに合流予定か フットボールチャンネル (2016年2月17日)
  30. ^ 에두 “전북과 가계약 맺지 않았다” FOOTBALLIST (2016年2月18日)
  31. ^ a b 드디어 출격하는 에두, K리그 외인 유턴사 새로 쓸까 朝鮮日報 2016年8月8日(朝鮮語)
  32. ^ 전북, 에두 1년 만에 재영입...ACL 우승 노린다 全北現代モータース (2016年7月21日)(朝鮮語)
  33. ^ <프로축구> '복귀 첫 골' 에두 "그동안 힘들었는데 기쁘다" 聯合ニュース (2016年11月3日)(朝鮮語)
  34. ^ Bundesliga 2003/2004 » 13. Round » Werder Bremen - VfL Bochum 3:1 worldfootball.net(英語)
  35. ^ Bundesliga 2004/2005 » 16. Round » VfB Stuttgart - VfL Bochum 5:2 worldfootball.net(英語)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]