全北現代モータース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
全北現代モータース
原語表記 전북현대모터스축구단
愛称 全北FC
クラブカラー
創設年 1994年
所属リーグ Kリーグクラシック
所属ディビジョン 1部
ホームタウン 全州
ホームスタジアム 全州ワールドカップ競技場
収容人数 42,477
代表者 韓国の旗 鄭夢九
監督 韓国の旗 崔康熙
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

全北現代モータース蹴球団(チョンブク・ヒョンデ・モータース・チュックダン、朝鮮語: 전북현대모터스축구단英語: Jeonbuk Hyundai Motors Football Club)は、韓国の南西部、全羅北道全州をホームタウンとする、韓国プロサッカーリーグ(Kリーグクラシック)に加盟するプロサッカークラブ。

歴史[編集]

1993年

完山ピューマ(ワンサン―、Wansan Puma)創立。韓国初の市民クラブ。

1994年

全北バッファロー(チョンブク―、Chonbuk Buffalo)に改称。

1994年

12月、財政悪化のためクラブ解体の危機に陥るが、現地に商用車生産拠点を置く現代自動車の出資により全北ダイノスChonbuk Dinos)として生まれ変わる。

1997年

全北現代ダイノスに改称。

2000年

5月、全北現代モータースに改称。

クラブ自体はリーグ戦だと上位進出が少なく、韓国FAカップアジアカップウィナーズカップ、さらにはAFCチャンピオンズリーグといったカップ戦に強いことで知られるチームであった。

2006年

2006年のACLでは、グループステージでガンバ大阪、準決勝で蔚山現代FCを下し、初の決勝進出を果たす。そして決勝戦では、シリアのアル・カラマを第1戦・第2戦通じて3-2で下し、初のアジアの王者に輝いた。同年12月、アジア代表としてFIFAクラブワールドカップ2006に出場するも、出場6チーム中5位に終わった。

2007年

2007年のACLにも、前回優勝チームとして決勝トーナメントから出場したものの準々決勝で浦和レッズに敗れた。この試合でナショナリズム剥き出しのラフプレーを行った挙句、全北の韓国人主将が試合後にレッドカードを提示されて中指を突き立てるという、前代未聞の悪態を晒した。

2009年

クラブ創設15年目にしてリーグ戦1位でチャンピオン決定戦に進出し、城南一和天馬に勝利しリーグ戦初優勝を達成した。

2011年

AFCチャンピオンズリーグ2011のグループリーグでC大阪山東アレマのグループGを5勝1敗の首位通過で決勝トーナメントに進出した。

ACL2011のラウンド16で天津泰達と対戦した。ホームでの一発勝負を3-0で勝利して準々決勝に進出した。準々決勝でセレッソ大阪と対戦した。アウェイの第1戦を3-4で敗れたが、ホームの第2戦で6-1と勝利し合計スコア9-5で準決勝に進出した。

「大地震お祝い」横断幕事件

2011年9月27日、AFCチャンピオンズリーグ2011準々決勝第2戦ホームゲーム(セレッソ大阪戦)で、一部の全北サポーターが「日本の大地震をお祝います(原文ママ)」と2011年3月に日本で発生した東日本大震災を用いて日本を誹謗中傷する横断幕を掲げ、C大阪のスタッフが運営側に指摘し、前半途中に幕は撤去された[1]。C大阪の藤田信良社長は「国のことを言われれば、われわれとしては抗議しなくてはいけない」として試合後、AFCに抗議文を提出した。これに対し、全北側は謝罪を行い、「今回の一件で失意にくれる日本の国民とサッカーファンに深々とお詫びの言葉を述べさせていただくとともに、今後はこのようなことが再発しないように努力していきます」といった謝罪文を公式サイトに掲載し[2]、横断幕を掲げたサポーターには10年間のホームスタジアム入場禁止の処分が下された[3]

これに対して韓国メディアは、「気分の良い勝利だったが、グラウンドの外で問題が発生した」と報じ、韓国のインターネット上の一部に「日本のサポーターも旭日旗を持ち込んだりする」と本件を擁護する意見があることも報じた[4](ただしAFCアジアカップ2011における猿真似パフォーマンス騒動の発端とされた旭日旗は当日の試合会場には存在しなかったことが確認済み[5][6])。また一部の韓国メディアは、日本のメディアが横断幕を掲げたと見られる人物にモザイクをかけずに横断幕の写真を掲載したことに対して、「物議を醸す出来事を報じる際には観衆の顔をそのまま露出させてはいけない」、「特定人物の人格を毀損することになる」と非難した[7][4]。一方中央日報は、「全州で見られた言葉は国籍に関係なく、人間として考えられないほど低劣だった」と横断幕を掲げた人物を厳しく非難した[8]

ACL2011の準決勝でアル・イテハドと対戦した。アウェイの第1戦を2-3で勝利するとホームの第2戦でも2-1で勝利し合計スコア5-3で決勝に進出した。決勝でアル・サッドと対戦した。ホームでの一発勝負を2-2(PK2-4)で敗れ準優勝に終えた。2006年以来の優勝はならなかった。

リーグ戦ではチャンピオン決定戦で蔚山現代ホランイに勝利し、2年ぶり2度目のリーグ戦優勝を飾った。

2014年

8回目の出場となったAFCチャンピオンズリーグ2014のグループリーグでは、広州恒大メルボルン横浜FM のグループGを2勝2分2敗で2位通過して決勝トーナメントに進出した。ACL2014のラウンド16で同国の浦項スティーラースと対戦した。ホームの第1戦を1-2で敗れるとアウェイの第2戦でも0-1で敗れ合計スコア1-3で敗退した。

Kリーグクラシックでは3回目のリーグ制覇を果たした。

2015年

9回目の出場となったAFCチャンピオンズリーグ2015のグループリーグで山東魯能ビンズオンのグループEを3勝2分1敗で2位通過して決勝トーナメントに進出した。

ACL2015のラウンド16で北京国安と対戦する。

タイトル[編集]

国内タイトル[編集]

国際タイトル[編集]

過去の成績[編集]

年度 Kリーグ チャンピオンシップ FA杯
1995 前期7位/後期4位 資格なし
1996 前期5位/後期7位 資格なし
1997 6位 大会なし
1998 6位 資格なし
1999 7位 資格なし
2000 4位 4位 優勝
2001 9位 大会なし
2002 7位 大会なし
2003 5位 大会なし 優勝
2004 前期2位/後期12位 資格なし
2005 前期11位/後期12位 資格なし 優勝
2006 前期7位/後期13位 資格なし
2007 8位 資格なし
2008 6位 二回戦敗退
2009 1位 優勝 ベスト4
2010 3位 3位 ベスト8
2011 1位 優勝 ベスト16
2012 2位 大会なし ベスト8
2013 3位 大会なし 準優勝
2014 優勝 大会なし ベスト4

現所属メンバー[編集]

2015年7月26日現在
No. Pos. 選手名
1 韓国の旗 GK 權純泰
3 韓国の旗 DF 金亨鎰
4 韓国の旗 MF 金基熙
6 韓国の旗 DF 崔普慶
7 韓国の旗 MF 韓教元
8 ブラジルの旗 MF ルイス・エンリケ
9 スペインの旗 FW ウルコ・ベラ
10 ブラジルの旗 MF レオナルド
11 韓国の旗 MF 李承琪
13 韓国の旗 MF 鄭赫
14 韓国の旗 FW 李昇烈
15 韓国の旗 FW 趙錫在
16 韓国の旗 DF 趙晟桓
17 韓国の旗 MF 李在成
18 オーストラリアの旗 DF アレックス・ウィルキンソン
19 韓国の旗 DF 朴原載
20 韓国の旗 FW 李同国 (Captain sports.svg)
21 韓国の旗 GK 洪正男
22 韓国の旗 FW 李相俠
No. Pos. 選手名
23 韓国の旗 FW 金東燦
24 韓国の旗 FW 柳昌鉉
25 韓国の旗 DF 崔喆淳
26 韓国の旗 DF 李在明
28 韓国の旗 MF 崔致元
29 韓国の旗 DF 李奎魯
30 韓国の旗 DF 金英灿
31 韓国の旗 GK 金俊浩
32 韓国の旗 DF 李周勇
33 韓国の旗 FW 李根鎬
34 韓国の旗 MF 張允浩
35 韓国の旗 DF 翁東均
36 韓国の旗 DF 高民国
37 韓国の旗 DF 李元友
41 韓国の旗 GK 黄丙根
44 韓国の旗 DF 金載桓
47 韓国の旗 MF 文相潤

※星印は外国人選手を示す。

監督

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]

公式