光州FC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
光州FC
原語表記 광주 FC
創設年 2010年
所属リーグ Kリーグクラシック
所属ディビジョン 1部
ホームタウン 光州広域市
ホームスタジアム 光州ワールドカップ競技場
収容人数 40,245
監督 大韓民国の旗 南基一
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

光州FC(クヮンジュFC、광주 FC)は、韓国光州広域市を本拠地とするサッカーのクラブチーム。2011年よりKリーグに参加。

概要・歴史[編集]

光州には兵役中の軍人によるプロチーム「光州尚武FC」が存在したが、光州広域市は「市民チーム」の設立を目指して尚武FCとの2010年までのフランチャイズ契約を更新せず、これに伴い尚武FCは尚州市に移転することが決定した。

2010年4月に新チーム設立委員会が設置され、準備が進められた。同年10月、Kリーグ理事会で創立・加盟が正式に決定。

なおチーム名は公募により「光州レイヤーズ(광주 레이어스)」に決定したが不評を呼び、発表からわずか3日後には「光州FC」に変更した。

初年度の2011年は16チーム中11位となった。

2012年はリーグ戦1試合を残して16チーム中15位が確定し、2013年より2部制となるKリーグ1部に残留できず、2部のKリーグチャレンジに属している。

2014年のKリーグチャレンジではレギュラーシーズンで4位となり、入れ替え戦出場プレーオフに出場しこれで優勝、慶南FCとの入れ替え戦に出場し勝利。Kリーグクラシックへの復帰を決めた。

2015年は10位でKリーグクラシックに残留。2016年は鄭助國の得点王やリーグMVPを受賞するほどの活躍もあり、クラブ史上最高のKリーグクラシック8位だった。しかし鄭助國は2017年より江原FCへ移籍した。2017年はKリーグクラシック最下位となり、2018年はKリーグチャレンジへ降格となった。

タイトル[編集]

なし

国内タイトル[編集]

なし

過去の成績[編集]

年度 リーグ 順位 FA杯 その他
2011 Kリーグ 11位 30 9 8 13 32 43 −11 35 ベスト32
2012 Kリーグ 15位 44 10 15 19 57 67 −10 45 ベスト16
2013 Kチャレンジ 3位 35 16 5 14 55 54 +1 53 ベスト16
2014 Kチャレンジ 4位 36 13 12 11 40 35 +5 51 ベスト16 昇降格プレーオフ勝利
2015 Kクラシック 10位 38 10 12 16 35 44 −9 42 ベスト32
2016 Kクラシック 8位 38 11 14 13 41 45 −4 47 ベスト16
2017 Kクラシック 12位 38 6 12 20 33 61 -29 30 ベスト8

歴代監督[編集]

歴代所属選手[編集]

GK[編集]

DF[編集]

MF[編集]

FW[編集]

外部リンク[編集]