光州ワールドカップ競技場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
光州ワールドカップ競技場
광주월드컵경기장
Gwangju World Cup Stadium
Gwangju World Cup Stadium.jpg
光州ワールドカップ競技場の位置(韓国内)
光州ワールドカップ競技場
施設情報
所在地 大韓民国の旗 韓国 光州広域市西区
位置 北緯35度08分01.2秒 東経126度52分29.5秒 / 北緯35.133667度 東経126.874861度 / 35.133667; 126.874861座標: 北緯35度08分01.2秒 東経126度52分29.5秒 / 北緯35.133667度 東経126.874861度 / 35.133667; 126.874861
開場 2001年9月
グラウンド
ピッチサイズ 105 x 68 m
使用チーム、大会
光州尚武フェニックス (2004-2010)
光州FC(2011-現在)
2002 FIFAワールドカップ
2015年夏季ユニバーシアード
収容能力
44,118

光州ワールドカップ競技場: 광주월드컵경기장, Gwangju World Cup Stadium)は、韓国光州広域市西区にあるサッカー兼陸上競技場。全国の「ワールドカップ競技場」と名付けられたスタジアムで唯一、陸上トラックが設けられている。[1]

概要[編集]

2002年のFIFAワールドカップ会場。韓国が準々決勝でスペインをやぶり、アジア勢初のベスト4進出を決めた競技場としてよく知られている。その時の韓国代表監督だったヒディンクに敬意を表しフース・ヒディンク・スタジアムと名称変更が検討されたこともある。2007年には全国体育大会のメイン会場としても使用された。

ワールドカップ後、2003年から光州尚武フェニックスの本拠地として利用されたが、市民クラブ設立を望む声が高まり、2010年限りで光州尚武との本拠地契約を打ち切り、2011年からは光州FCの本拠地として利用されている。

2015年7月、夏季ユニバーシアードの会場として利用された。

メインスタンド及びバックスタンドは屋根で覆われているが、サイドスタンドは屋根がない。

交通[編集]

備考[編集]

  1. ^ ワールドカップ競技場と付かないスタジアムでは、仁川文鶴競技場、大邱スタジアム、釜山アシアド主競技場には陸上トラックがある
  2. ^ 光州FCホームページ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]